2019年関東地方の梅雨入りと梅雨明けの日程予想と梅雨の間の注意点は?

2019年も早5月も半ばの今時期、「今年の梅雨入りはいつなのか」気になりますよね。

関東地方でも最も雨が降る梅雨入りの時期ですが、あまりジメジメした日が長く続いて欲しくない、という方も多いと思われます。

また、梅雨の間は食中毒など注意点もありますし、早く梅雨明けして欲しいところですよね。

そこで、2019年の梅雨も乗り切るために、今回は関東地方の梅雨入りと梅雨明けの日程予想などを絡めて梅雨の間の注意点などをまとめてみました。

今年の関東地方の梅雨入りはいつから?

お出掛けや旅行の予定を立てている方にとって、梅雨入りがいつからなのか把握しておかないと折角の予定が空振りに終わってしまうかもしれません。

そうならないために、まずは平年の梅雨入りの情報、そして2019年の梅雨入りと梅雨明けの情報を早速お伝えしていきたいと思います。

平年の梅雨期間は6月8日~7月21日ごろ

梅雨入りと梅雨明けの時期は毎年若干ながらも異なっており、明確な梅雨入り確定日といったものがないのです。

そこで確定できそうなものが、近頃までのデータを平均した「平年の梅雨入り・梅雨明けの日付」です。

気象庁のデータによりますと、平年の関東甲信の梅雨入りが6月8日ごろ、梅雨明けが7月21日ごろとなっています。(”平年”とは、気象庁で集計した平成22年まで30年分の梅雨入りと梅雨明けを平均したデータを言います)

これまでの梅雨入りの日付については、昨年は6月6日ごろ、一昨年は6月7日ごろとなっていました。

ちなみにではありますが、これまでに最も早かった梅雨入りは1963年の5月6日とのことです。

また梅雨明けの日付についてですが、昨年は6月29日ごろ、一昨年は7月6日ごろを観測しています。

これまでに最も梅雨明けが長かったのは1993年。

この年は記録的な「冷夏」に見舞われ、なんと梅雨明けが無かったのです。

梅雨が明けないことを想像するだけでも気が滅入ってしまいますね。

関東地方の梅雨入り予想は?

気になる今年の関東地方の梅雨入りは6月初めから6月中旬、15日ごろまでの間に始まると予想されます。

5月中ごろの現在から「関東・甲信地方」の天気予報を見てみますと20日から一時的に雨が降り出しますが、それ以降は5月末ごろまで、晴れ模様と予報されています。

梅雨前線が一時的に近づくとされる5月の20日ごろですが、この日を境に梅雨入りの兆候が出始めることも考えられますので、天気の移り変わりには注意しましょう。

関東地方の梅雨明け予想は?

続いて関東地方の梅雨明け予想ですが、まだ先となる7月20日から7月の終わりまでと予想されます。

梅雨期間も例年と比べると徐々に増加している様子が見られるため、2019年の梅雨は長く続くことが考えられますね。

梅雨の時期、注意点や必需品は?

長雨となる梅雨期間に向けて、備えあれば憂いなし。

予め準備しておくことで、憂鬱になりがちな梅雨期間が、より過ごしやすくなることも。

本格的な梅雨が始まる前に必要なものや注意点を把握していきましょう。

天気の悪い日に決まって調子が悪いのは「気象病」のせい

雨が降ると体調の変化として「身体のだるさ」を感じる方も多いと思います。

「憂鬱な気分になるから、身体がだるくなる」と考える方も多いと思われますが、その原因とは「低気圧」なのです。

気圧が低くなることで人の身体はストレスを感じてしまい、それに反発する形で体内の神経がより活発に働きます。

そうすることで知らず知らずのうちに余分エネルギーを消費し、身体に負荷が掛かってしまうのです。

こういったものを「気象病」といい、意外と知られていないことが多い疾患でもあります。

そんな気象病を予防するためには「耳マッサージ」が効果的です。

耳マッサージを行うことで自立神経を整えて、血流を良くすることができるのです。

方法は
1.両耳を軽くつまんで上下・横にそれぞれ5秒ずつ引っ張る
2.両耳を横に軽く引っ張り、後ろへ向かって5回ほどゆっくり回す
3.両耳を包むように折り曲げ、5秒間ほどキープする
4.両耳を手の平で覆い、後ろへと5回ほどゆっくり回す

簡単なマッサージでありあまり時間も取らないため、天気の悪い日にはぜひ試してみてください。

梅雨の湿気は、食中毒のきっかけとなる

雨が降り続く梅雨の時期に多い病気こそ、食中毒なのです。

痛みやすい生ものを食べるのはなるべく避けて、調理の際にはしっかり加熱して原因となる菌を殺菌しましょう。

また、注意すべきは食べ物だけではありません。

調理器具やスポンジなども意外と菌が付着しやすいため、そういった手に触れやすい物へのアルコール除菌も重要です。

また、お弁当についても水分の含みやすいおかず等は避けましょう。

一度作り置きしたものは、取り出す際には温めてからお弁当へいれるなどしましょう。

食中毒予防のための除菌用品や食品の密閉方法を考え、予め用意しておくと良いかもしれませんね。

また除湿に必須の製品といえば除湿機。

乾燥機もあれば尚良しではありますが、この機会にぜひ除湿も準備してみてはいかがでしょうか。

出掛ける際にレイングッズは必需品

梅雨時期に外へ行く際に、必ず持参しておくべきものがレイングッズ。

折りたたみ傘だけには留まらず、レインコートやカバン防水カバーなど多々あります。

防水スプレーは靴だけでなくレイングッズ自体の撥水性も高めるため、1本は備えておきたいところですね。

2019年は梅雨対策を万全に「過ごしやすい梅雨」を迎えよう

2019年の今年こそ、憂いなく梅雨を乗り切りたいですね。

梅雨時期はいろいろと憂鬱になりがちですが、そんな期間だからこそ快適に過ごせるよう準備し、長い関東地方の梅雨に備えていきましょう。

以上、今回は梅雨についてとその注意点に関するまとめでした。

梅雨入り関連記事

関連記事

今回のトピックスは、6月から始まる梅雨入りに向けて欠かせないインテリア、「除湿機」の使い方についてです。 洗濯物が部屋干しでは中々乾かない、そんなときに便利な除湿機ですが、実はもっと効果的な置き場所や使い方があるんです。 また、[…]

関連記事

モテクリエイターとして、日々化粧品や化粧方法を研究している「ゆうこす」さんは、プチプラを使った化粧方法に関しても造詣が深く、またプチプラも含めてコスメの研究をしています。 安くて手に入りやすいプチプラを、ゆうこすさんはどのように使って[…]

関連記事

先日のゴールデンウィーク中は、天気がいい日が多かったですが紫外線対策は上手くいきましたでしょうか? ちなみに、日傘で完全遮光できると言うことはご存知でしょうか。 日傘は失敗しない選び方の5つのポイントがあります。 そこで今[…]

最新情報をチェックしよう!