愛川町で逃走した男逃走罪問われない?逃走中の行動や逃走手助けした人に罪はない?

今月の19日、神奈川県愛川町で発生した実刑が確定していた男が逃走していた事件は23日になってようやく幕を引きました。

実に5日間も逃走を許しており、愛川町の小中学校は休校を余儀なくされていたのですから、地検の責任は大きいと言わざるを得ません。

ただ気になる情報があります。

それは逃走していた小林誠容疑者(43)は、逃走罪に問われないという情報です。

これは本当のでしょうか。

愛川町から逃走した小林誠容疑者(43)は友人や知人を頼って逃げていたわけですが、手助けした人は罪に問われないのでしょうか。

そこで今回はこの逃走事件についてまとめました。

愛川町からの逃走事件の概要

それでは逃走事件の概要について見ることにしましょう。

逃走の男、横須賀市内で逮捕 公務執行妨害容疑

地検によると、23日午前6時40分ごろ、横須賀市森崎4丁目のアパート一室で知人ら複数人と一緒にいる男を県警が発見。

警察官数十人がアパートの周囲を囲んで説得し、部屋から出てきた男をその場で逮捕した。

事件は19日午後1時すぎに発生した。

地検や県警によると、地検職員らを振り切った男は近くの駐車場に止めてあった乗用車で逃走。

約7時間後には厚木市内のコンビニに立ち寄ったことが防犯カメラの映像で確認され、逃走に使った車も同日深夜に同市内で見つかった。

地検は20日に公務執行妨害容疑で逮捕状を取り、県警も全国に指名手配した。

同容疑者が大和市内へ移動したとの情報も得られ、県警と地検は同容疑者が知人を頼って逃走を続けている可能性も視野に行方を捜索していた。

地検によると、同容疑者は窃盗、傷害、覚せい剤取締法違反などの罪で昨年9月に横浜地裁小田原支部で懲役3年8月の実刑判決を受けた。

東京高裁に控訴したが棄却され、今年2月に判決が確定した。

引用元:神奈川新聞  2019年06月23日 12:28(https://www.kanaloco.jp/article/entry-176797.html)

逃走中の行動は?

小林誠容疑者(43)は逃走中に床屋に立ち寄り、短髪にするなど髪型を変えています。

また頻繁に服装を変えていたことも、コンビニエンスストアの防犯カメラから判明しています。

逃走経路は最初は自分で車を運転して愛川町から厚木市に入り、そこで車を乗り捨てると知人女性の車で大和市に移動しています。

そこから横浜市に入りさらに隣の鎌倉市に移動したものと見られています。

鎌倉市からは知人のスマートフォンで電話をかけていることが確認されています。

その後、逮捕現場となった横須賀市のアパートに移動しました。

横須賀市では公衆電話から数人の知人に電話をかけていたことが確認されています。

なお地検職員らを威嚇するために振り回していた刃物は、厚木市内の川に捨てたと供述しています。

地検や警察は小林誠容疑者(43)が、友人や知人を頼って逃走を続けていたものと見ています。

逃走罪に問われるのか?

逃走して世間に多大なる影響を及ぼした小林誠容疑者(43)ですが、今回の逮捕容疑は公務執行妨害罪です。

つまり地検職員の公務を妨害したというわけです。

それでは小林誠容疑者(43)は逃走罪に問われるのでしょうか。

逃走罪とはどのようなものなのか見てみましょう。

・単純逃走罪(刑法第97条)

裁判の執行により拘禁された既決又は未決の者が逃走したときは1年以下の懲役に処せられる。

・加重逃走罪(刑法第98条)

裁判の執行により拘禁された既決又は未決の者又は勾引状の執行を受けた者が拘禁場若しくは拘束のための器具を損壊し、暴行若しくは脅迫をし、又は二人以上通謀して、逃走したときは、3か月以上5年以下の懲役に処せられる。

注意していただきたいのは「単純逃走罪」も「加重逃走罪」も、既に拘禁された状態から逃亡すると成立する犯罪である点です。

今回の小林誠容疑者(43)は保釈中の身で収監される前だったので成立しません。

なんとも納得がいかない話ではありますが、小林誠容疑者(43)は逃走罪には抵触していないんです。

逃走を手助けした人は罪に問われる?

一方、逃走を手助けした人物は罪に問われないのでしょうか。

まず小林誠容疑者(43)が、公務執行妨害罪で指名手配されていることを知らなかった場合は、手助けをしたとしても罪には問われません。

逆に知っていた場合に金品などを提供して逃亡を手助けした場合は、犯人隠避罪に問われることになります。

また場所を提供してかくまった場合は、犯人隠匿罪に問われることになります。

逃走援助罪と混同しているニュースサイトも見受けられますが、そもそも単純逃走罪は成立していないので逃走援助罪も成立しないことになります。

かくまった男性も逮捕

小林誠容疑者(43)が横須賀のアパートで逮捕された際、部屋を借りていた自称建築業の幸地大輔容疑者(38)も、同時に逮捕されています。

逮捕容疑は犯人隠匿罪です。

幸地大輔容疑者(38)は小林誠容疑者(43)の周辺関係者でしたが初対面でした。

ただ「知人から頼まれた。助けてあげたいと思った」と供述していることから、警察は小林誠容疑者(43)が指名手配されていることを知りながらかくまったと見ています。

逃走を許してしまった地検の責任

今回の逃走劇は地検職員と私服の警察官が、身柄を収監する際に起きたミスから始まっています。

地検は出頭するように何度も小林誠容疑者(43)に書簡を出すなどしていましたが全く応じていませんでした。

職員が出頭するよう面会に行くと凄まれて逃げ出したという話も伝わっています。

その様な人物に対し逮捕術の経験もない職員と、拳銃などを装備していなかった私服の警察官だけで収監に向かうというのは明らかに誤りです。

横浜地検のトップが関係自治体などにお詫び行脚をしているようですが、地検の責任は大きいと言わざるを得ません。

逃走罪関連記事

関連記事

窃盗罪などの実刑が確定した「小林誠」受刑者を、横浜地検職員が収容しようとしたところ、包丁のようなものを振りかざし車で逃走したとのニュースが流れています。 警察もその行方を追っていますが、愛川町で乗った車が厚木市内で乗り捨てられているこ[…]

関連記事

神奈川県寒川町で起きた収監の際に逃走した事件で、本日23日に小林誠受刑者が横須賀市で見つかり、公務執行妨害の容疑で逮捕されました。 刃物を持った状態での逃走であり、地元の厚木市民を中心に不安な日々を送ってきましたが、今回の逮捕により安[…]

関連記事

中国でベンツを購入した女性を中心に起きた騒動と、その結末がニュースとなっています。 車の不備の対応を巡って起きた騒動は、動画サイトを媒介として瞬く間に中国全土に広がり、その対応についての批判的なコメントが寄せられました。 それに[…]

最新情報をチェックしよう!