バゲット尾崎アナの東京マラソン挑戦!当日使うシューズやウェアは?調整具合は?

明日はいよいよ東京マラソン開催日。
ランナーの方は心待ちにしていることでしょう。

今年は日本テレビが中継局で、各情報系テレビプログラムも東京マラソンを特集しています。
そのような中、「バゲット」の尾崎アナも東京マラソンに初挑戦します。
当日使うシューズやウェアにも気を使っているようで、調整具合も順調そうです。

そこで、今回は「バゲット」の尾崎アナが当日に使うシューズやウェア、直近の調整具合などを調べてみました。

尾崎アナのプロフィール

生年月日 1992年11月21日
出身地  福岡県宮若市
最終学歴 西南学院大学経済学部
現在   日本テレビ放送網 編成局アナウンスセンターアナウンス部
メモ
学生時代は帰宅部でマラソン初チャレンジ。
果たして、明日は完走できるか注目です。

水卜アナからのアドバイス

尾崎アナの素顔として、食べっぷりの良いぽっちゃり系と情報が流れています。
そのおかげで、ピークの時で日本テレビ入社前より10kg太ったそうです。
もちろん、東京マラソンが控えているので、ピーク時より3kg痩せられました。

そんな尾崎さんに、食べっぷりの良いぽっちゃり系アナの代名詞、水卜アナがマラソンのアドバイスを送られています。

水卜アナも2012年に東京マラソンに参加して5時間24分14秒で、見事完走されています

なお、水卜アナの練習方法の1つに「ゴール地点の料理屋さんを目標にして走った」そうで、ゴール後そのまま料理屋さんに行かれたそうです。

調整具合は順調な仕上がり

東京マラソンを明日に控え、ヒルナンデス!から参加する滝アナウンサーと一緒に意気込みを語られています。

2人ともしっかりとした目標を語られていて、表情からも充実した調整が送れていることが伺えます。

筋力が同年代平均以下から完走できる筋力に変化

尾崎アナは東京マラソンに向けて、しっかりと筋肉をつけてこられました。
東京マラソン出場企画の放送が行われた最初のころの筋力測定では、筋力が平均以下と言う診断が出ました。

帰宅部だったと言う事で運動不足だったためか、筋力をつけるところからスタートした企画ですが、現在は目標タイムが6時間以内と宣言できるくらいマラソンを走る筋力をつけたのは立派です。

日ごろの筋トレがとても重要

トレーニング開始3ヶ月を過ぎたあたりで、24時間テレビで芸能人のマラソントレーナーを務めていられる坂本 雄次さんが「一番大事なのはお腹と背中とお尻まわり」の筋肉と語られていました。

同じ姿勢を走っている間、ずっと保たなければいけないからです。
筋肉の重要性が話に出たという事は、ただ走ればいいと言う訳ではなく、日ごろの筋トレがとても重要だという事が伝わってきます。

東京マラソン開催10日前には、練習で20km走が行われました。
コースは隅田川テラスショートコースを4周。
目標は2時間30分で完走でした。

結果は2時間26分で見事完走。
上々の調整具合です。

本人も自信を持たれたようで、本番の東京マラソンで苦しい時、厳しい時は、きっと20km走で得た自信を思い出して、局面を乗り越えてくれる事を期待しています。

シューズとウェアはとても重要

本番を前にしてシューズ選びの特集も放送されました。
本番ではアシックスのシューズを履かれる模様です。
そのアシックスの原宿フラッグシップで靴を購入されています。

シューズのトレンドはクッション性と軽量であること

アシックス原宿フラッグシップは無料で足の情報(長さ、幅、高さ)を測定してくれるサービスを行っています。

そちらで測定後、実際にシューズ選びに移りました。
そしてシューズ選びですが、シューズは大きく3種類に分かれています。

・普段履き用
・ランニング初心者用
・マラソンを速いタイムで走る用

尾崎アナはランニング初心者用を選択されました。
フルマラソンでも初心者用を選択されていたのは驚きましたが、プロのアドバイザーもいるので問題ないのでしょう。

なお、近年人気を得ているランニングシューズの特徴は、クッション性を高めながら軽量性も備えている事。

クッション性がなかったら、走っていたら途中から足の裏を中心に、身体のいたるところが痛くなるでしょうから、とても重要な要素ですね。

タイツは下半身の筋力サポート、Tシャツは吸水性・速乾性に優れていることが求められます。
そして、デザインがよければ、ランナー自身のテンションも上がるでしょう。

尾崎アナはシューズ、タイツ、Tシャツをピンクに統一したピンクコーデを選択されていました。
当日、シューズとウェアも尾崎アナのマラソン挑戦を支えてくれる事でしょう。

日本テレビのお昼の情報プログラム、バゲットとヒルナンデス!から代表者が走者としてマラソンに挑戦する企画は、毎回心打たれるものがあります。

マラソンを完走するために、日々の過ごし方を見直し、トレーニングを重ねて明日を迎えるランナーの皆さんの代弁をしているかのようにも見えます。

当日はケガなく、ランナーのみなさんが無事に完走されますように。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!