べっぴんの湯の湧出量急減の原因は?源泉枯渇したらどうなる?成分や人気の訳は?

岩手県久慈市の「べっぴんの湯」は岩手県でも屈指の人気の温泉ですが、ここ数年では源泉の湧出量が減少していることが報道によって判明しています。

その減少の原因はどのようなものなのでしょうか。

そして、源泉が枯渇したら一体どのようなことが起きてしまうのでしょうか。

また、べっぴんの湯の成分や、人気の秘密はいかなるものなのでしょうか。

今回は、岩手県久慈市の「べっぴんの湯」の湧出量が急減しているニュースやその原因、源泉枯渇した時の影響、またべっぴんの湯の成分や人気の秘密についてまとめました。

べっぴんの湯とは

べっぴんの湯とは、岩手県久慈市にある温泉です。

山あいの集落の中にある観光地であり、1995年に開業しています。

その創業から今年で24年目であり、今までの総観光客数は230万人と言われており、現在でも年に7万人が訪れています。

べっぴんの湯の成分や人気の訳

べっぴんの湯公式ホームページによれば、その湯の成分の特徴として、

◯ph10.7の東北1を誇る強アルカリ

◯ラドンの含有量の高さ

をあげています。

これらの成分によってお肌の「つるつるすべすべ」感を実感できるとしています。

また静かな環境も魅力の一つであり、ゆったりとした解放感を味わえることも挙げています。

参考:べっぴんの湯公式ホームページ(http://beppinnoyu.com/)

これらの温泉の効能もさることながら、北三陸の海の幸や東北の特産品を使った料理なども堪能できることが人気の秘密と言えます。

べっぴんの湯の湧出量急減のニュース

お肌がつるつるになると評判の「べっぴんの湯」ですが、報道によってここ数年で源泉の湧出量が急減し、最近では営業に支障をきたすほどの湯量しか出ていないことが判明しています。

「久慈市山根町の新山根温泉「べっぴんの湯」で、源泉の湧出量が減少している。地下からくみ上げる揚湯(ようとう)量は7月に毎分12リットルとなり、1995年の開業当初のわずか5.9%に。市は急場をしのぐため、水道水を加える苦肉の策に乗り出した。ただ、湯量減少の原因は分かっておらず、山あいの里で人気の温泉宿はピンチを迎えている。
(一部略)

揚湯量は95年開業時に毎分205リットルだったが、2017年に50リットル、今年4月に20〜30リットルまで減少。さらに7月には12リットルとなり、男女それぞれにある大小の浴場を満たすのに最低限必要な水量を下回った。」

引用元:デーリー東北(https://this.kiji.is/537800008349205601?c=39546741839462401)

べっぴんの湯の湧出量が急減した原因

現在のところでは、源泉が急減した原因については判明しておらず、その推定がされるのみに留まっています。

「原因は不明だが、源泉の枯渇をはじめ、300メートルより深い露天掘り区間での砂の堆積、地下水の流れの変化などが考えられる。」

引用元:デーリー東北(https://this.kiji.is/537800008349205601?c=39546741839462401)

またネット上では「地震の前触れでは?」という話も多少見ることができます。

しかし科学的根拠に基づいた話ではなく、また信頼できる権威による広報があったということでもないので、現在のところではウワサ以上の話とは言えない状況です。

なんにせよ、冷静な姿勢で臨むことをお勧め致します。

べっぴんの湯の対策状況

べっぴんの湯では、6月に源泉の湧出量を上げる工事を行っていますが、残念なことに成果は出ておりません。

現状では、べっぴんの湯では一部の風呂施設に使う湯を水道水でまかなっており、また露天風呂を休業しています。

また同施設の利用を9月末まで行い、それ以降は休業して本格的な調査に乗り出す模様です。

「市はこれまで水風呂を水道水に切り替えた他、露天風呂を休業。6月には井戸内の揚湯管を20メートル延長する工事を行い地下300メートルまで下げたが、湯量は回復せず、岩手県に対し今月7日付で加水による温泉成分の掲示内容の変更を届け出た。湯量は日によってばらつきがあり、加水しなくてもいい日もあるという。」

引用元:デーリー東北(https://this.kiji.is/537800008349205601?c=39546741839462401)

「久慈市は30日に開いた市議会への事務事業説明会で、源泉湧出量が急減している新山根温泉「べっぴんの湯」の営業を9月末で休止し、原因を突き止めるための調査に入ることを明らかにした。既に受け付けた10月以降の予約は、事情を説明した上でキャンセルとする。再開時期は未定。」

引用元:ヤフーニュース(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-00010000-dtohoku-bus_all)

べっぴんの湯が源泉枯渇していたとすれば

10月からの調査では、源泉が湧く井戸に内部カメラを入れて状況の把握に努める模様です。

しかし、もしも源泉が枯渇していることが判明したら事態はかなり悪いものであるとされており、

◯べっぴんの湯の営業再開に時間が掛かる

◯新しいボーリング工事の経費が1億円

などの問題が生じるとして関係者を悩ませています。

「市によると、源泉が湧く井戸の深さは800メートルあるが、300メートル以下は鋼管がない露天掘り。その区間で土砂が崩れている可能性があるため、休止後は内部にカメラを入れて地下の状況を確認する。

 一方、源泉が枯渇していた場合は早期再開は難しく、新たにボーリング工事をするには1億円を超える経費がネックとなる。」

引用元:ヤフーニュース(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-00010000-dtohoku-bus_all)

べっぴんの湯の今後の流れに注目

久慈市役所ではべっぴんの湯を観光の要と捉えており、原因と源泉確保に向けて最大限の努力を行う旨を発表しています。

自然が相手となれば天命を待つ部分が大ですが、やはり人事を尽くすことも大事なことでしょう。

その中でべっぴんの湯の湧出量が回復し、また活気ある温泉として蘇ることを期待したいところです。

今回は、岩手県久慈市の「べっぴんの湯」の湧出量が急減しているニュースやその原因、源泉枯渇した時の影響、またべっぴんの湯の成分や人気の秘密についてまとめました。

べっぴんの湯関連記事

関連記事

4月13日の土曜日から、テレビ朝日系の土曜ナイトドラマ枠で、「東京独身男子」が放送開始しています。 高橋一生さんと斎藤工さんと滝藤賢一さんが演じる、結婚をしないアラフォーの3人組の話です。 公式サイトで3人の黒スーツ姿を拝見でき[…]

関連記事

自分で好きな地域に納税をし、その返礼品を受け取るという「ふるさと納税」はとても人気があり、還元率の高い商品券などはその中でも特に人気の返礼品です。 しかし、政府によって間もなくふるさと納税に関する改正法が実施されることによって、商品券[…]

関連記事

所属事務所との間でトラブルが生じていると報じられた釈由美子さん。 給与未払いが続いているとのことですが、一体どういうことなのでしょうか。 そこで今回は釈由美子さんへの給与未払いが発覚したトラブルを取り上げてまとめました。 […]

最新情報をチェックしよう!