チャゲアス解散をアスカが要求!全盛期画像facebookは?解散したい理由は?

90年代のJ-POPを代表するアーティストであり、今なお再活動が望まれている音楽デュオ「CHAGE and ASKA(通称チャゲアス)」。

しかし、メンバーであるASKA(アスカ)さんからChage(チャゲ)さんに対し、解散の意志を伝えていたことが報道により判明しました。

さらに報道では二人の長い不仲についても報じられており、チャゲアスとしての今後の活動は難しいとされています。

アスカさんが解散したい理由はどのようなものでしょうか。

また、全盛期のチャゲアスの画像やfacebookなどはどのようなものでしょうか。

今回は、アスカさんがチャゲアスの解散の要求を伝えたニュースや解散したい理由、チャゲアスの全盛期の画像やfacebookなどについてまとめてみました。

チャゲアスはヒット楽曲が多数のデュオ

「CHAGE and ASKA」とは日本の音楽デュオです。

通称チャゲアスと呼ばれており、チャゲさんとアスカさんの二人のアーティストからなっています。

高校の同級生同士での結成であり、1979年にデビューしています。

少しずつ人気を獲得していき、90年代にはオリコンの上位の常連となるほどの爆発的なヒットを飛ばしています。

また、日本のみならずアジアでの活躍も目覚ましく、2000年には韓国で日本人初の大規模ライブを行っています。

チャゲアスの全盛期

様々な名曲を作り上げたチャゲアスですが、代表作として名高いのは91年に発表した「SAY YES」と93年に発表した「YAH YAH YAH」がツートップです。

そしてそれらを発表した90年代がチャゲアスの全盛期である、と言えます。

「SAY YES」はミリオンセラー並びにオリコンチャート1位を13週連続という凄まじい記録を残しています。

また、この曲はフジテレビの月9ドラマ「101回目のプロポーズ」で主題歌として使われています。

そのドラマの出来と曲の良さが非常に上手くマッチングすることで、この曲は非常に印象深いものとなり、ドラマも最終回に視聴率36.7%という数字を叩きだしています。

また93年に発表された「YAH YAH YAH」もダブルミリオンセラーを達成しており、同一アーティストによる2作品のシングルダブルミリオンセラーはオリコン史上初の快挙と言われています。

チャゲアスの活動休止

圧倒的な人気を日本のみならずアジアで誇り、90年代が終わっても活動は続けられていました。

しかし、2009年にデビュー30周年の記念とともにソロ活動を充実したいとの理由で、チャゲアスとしての活動を無期限休止とする発表をしています。

そして2013年に復活を発表し、その特別ライブが開かれる予定でした。

ただ、そのライブはアスカさんが一過性脳虚血症による静養が必要との判断により、延期の後に見送られています。

そして2014年にアスカさんは覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕され、そしてそれ以降チャゲアスとしての活動は全くない状態です。

ファンとしては待ち望んでいるチャゲアスの復活ですが、今後もその見通しは全く立っていません。

アスカとチャゲアスのfacebook

アスカさんはfacebookに自身のオフィシャルアカウントを持っており、現在の活動などについて発表しています。

ただ今回の解散に対する発表はされてはいませんでした。

また、チャゲアスのオフィシャルfacebookは存在しますが、現状では公式からの発表は全くないといっていい状態であり、ファンによる交流の場となっている模様です。

アスカによるチャゲアスの解散要求のニュース

復活の兆しが見えないままソロ活動を行っている二人ですが、今回報道されたところによると、アスカさんがチャゲさんに対し解散の意志を伝えていたことが判明します。

音楽関係者によれば、二人は10年以上も不仲が続いており今では連絡を取らないどころか連絡先すら分からない関係である、としています。

また、2014年に起こした薬物事件が二人の溝をさらに深めたともしており、二人の不仲は深刻なものであると見られます。

アスカによるチャゲアスの解散要求の理由

アスカさんとチャゲさんは連絡先も解らない関係ですが、それでも1年に1度、毎年6月に二人がかつて所属していた事務所「ロックダムアーティスツ」の株主総会で顔を合わせます。

二人は同事務所の株式を50%ずつ所有しており、弁護士を挟んで総会が行われるのですが、今年の総会のさなかに、アスカさんがチャゲさんに対し、ロックダムアーティスツとチャゲアスの解散を要求したとのことです。

アスカさんは自身のファンクラブ限定ブログで、2008年からずっと解散要求を繰り返していた、と語っています。

会社を解散しないことには一定の理解を示していますが、その運営に対する提案を行ってもチャゲさんが反対することによってそうはならなかった、という事例を引き合いにし、その中で、建設的な話ができないから、答えを出してきた、としています。

アスカによるチャゲアスの解散要求の現状

この解散発言に対し、ロックダムの社長は「特にお答えすることはありません」としています。

またチャゲさんが現在所属している事務所も「ロックダムアーティスツ社のことを口外する気はない」とし、また現在何らかの結論が出ている訳でもない、としています。

結局のところ、二人の気持ちが解散のある無しを決めることになりますが、元より全く会っていない状態でもあるので、進展そのものが難しいのでは、とも言われています。

アスカとチャゲアスの今後に注目

現状、チャゲアスの今後についての見通しはたっていません。

とは言え、現在も根強いファンがおり復活を待ち望んでいる人が多いのも間違いありません。

できれば復活し、ライブなどの活動を行って欲しいところです。

今回は、アスカさんがチャゲアスの解散の意志を伝えたニュースや、チャゲアスの全盛期の画像、またfacebookなどについて、まとめました。

解散関連記事

関連記事

2019年5月1日、令和元年となったその日に日本のパンクロックの巨匠、遠藤ミチロウさんの死去が公式ツイッターで明かされました。 享年68歳でした。過激なパフォーマンスで知られた遠藤ミチロウさんですが、その素顔はとても物静かで優しい人物[…]

関連記事

大人気の音楽グループの「AAA」。 4月19日、AAAリーダーの浦田直哉が警察に捕まりました。 この衝撃の事件が起きた時刻は午前5時。 浦田直也容疑者は当時酒に酔っていました。 なぜ、浦田直也容疑者はどのような内容の[…]

関連記事

今も絶大な人気を誇るヴィジュアル系ロックバンド「X JAPAN」。 そして若くして亡くなった、そのバンドのギタリストであったhideさんの命日には、現在でも多くのファンがお墓参りに訪れます。 hideさんの命日はゴールデンウィー[…]

最新情報をチェックしよう!