ふるさと納税で還元率高い商品券は?商品券と地域振興券ではどっちが人気?

自分で好きな地域に納税をし、その返礼品を受け取るという「ふるさと納税」はとても人気があり、還元率の高い商品券などはその中でも特に人気の返礼品です。

しかし、政府によって間もなくふるさと納税に関する改正法が実施されることによって、商品券が消えてしまうことも予想されます。

今現在可能であるふるさと納税によって得られる商品券はどのようなものがおススメなのでしょうか。

また、商品券とかつて実施された地域振興券ではどちらの方が人気なのでしょうか。

今回は、ふるさと納税で得られる還元率の高い商品券や、商品券と地域振興券ではどちらの方が人気なのか等について調査しました。

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、納税の方法の一つです。

自分が選んだ自治体に寄付をしてその金額を現住所を管轄する地方自治体に深刻することにより、寄付した額が控除されます。

故に、納税というより寄付であるとも言われています。

元々は、地域格差による税収の減収に悩む自治体を保護するために、その格差を是正するために行われたのが最初です。

寄付されるような魅力ある都市であって欲しい、というのがこの納税の目的とも言えます。

ふるさと納税の返礼品

そしてこの制度をさらに広めていった理由として、各地方自治体が用意した「返礼品」があります。

寄付した金額に対し、その地方の特産物やサービスを寄付者に対してお返しするというものであり、それには思ってもいなかった高価なものが現れ始め、このふるさと納税はますます盛り上がっていきました。

ふるさと納税の返礼品の規制

ところが、そういった中でその過熱に「待った」をかけたのが政府です。

それは主に2点の理由からなるものであり、

◯返礼品があまりにも高価なものである。

◯返礼品が、その地方と関係のないものが増えてきている。

というものです。

その地方ならではの特色に対し、好感を持ち応援したいから寄付する、という本来の目的から外れ、上記2点のような返礼品が現れ始め、それによって疑問を持つ人が増えてきたことによるものです。

実際、大阪府泉佐野市はアマゾンギフト券を返礼品として始め、多大な額の寄付金を集めており、それに対して政府から名指しで注意を受けています。

ふるさと納税の返礼品の改正法

こうしたことを受け、政府は規制に対する改正法を締結し、6月1日からスタートします。

その内容は上記の問題点に関するものであり、

◯還元率が30%以下

◯地場産品(地元で作られたもの)

でなければ税金の控除を受けられない、となりました。

今後はそれに沿った形での納税に注意する必要があります。

ふるさと納税の返礼品で還元率が高い商品券

逆に言えば、6月1日までは現制度は有効であり、残り1週間に満たない今こそ改めてふるさと納税の返礼品について見直すチャンスであるとも言えます。

ここでは、その中でも特に還元率の高い商品券について紹介します。

ふるさと納税の返礼品で還元率が高い商品券:食品券

まず取り扱いが多い商品券は、食品に関するものです。

全国に展開しているチェーン店で使える食品店で使える商品券が人気であり、還元率も30%を超えるものも多いです。

そのチェーン店での食事が好きな方にはお勧めです。

ただ、こういった商品券は6月1日からの改正法の施行によって消えるものも多いので、注意が必要です。

ふるさと納税の返礼品で還元率が高い商品券:旅行券

旅行好きの方にはその地方で使えるクーポン券のような商品券もおススメです。

宿泊やお土産・ガソリンスタンド等で使えます。

また温泉が好きという方にもピンポイントで使える券もあり、こちらも人気商品となっています。

また、飛行機での旅行をする際に、その券が使えることもあります。

こちらも還元率は高く、30%辺りでキープしているものが多いのでお勧めです。

ふるさと納税の返礼品の商品券と地域振興券の人気

1999年に日本政府の全額補助によって、日本全国の市区町村がある一定の条件を満たした国民に対し額面1000円の金券を20枚ずつ2万円分発行する、という「地域振興券」という制度がありました。

地域振興券はその地方での消費を促すために作られた金券であり、その地方の為に行われた、と言う点では今回のふるさと納税と同じ目的から来ている、とも言えます。

その為に使われた金額は6194億円であり、その使用率は99.6%と、かなり大々的に行われました。

ただ、その成否に関しては、どちらかといえばあまり良くない、という結論が一般的です。

結局、貯蓄に回った分が大きく、大々的な消費の喚起に至らなかった、というのがその理由です。

そういったことを踏まえれば、人気と言う点では商品券の方が上である、と考えることができますね。

自分なりに使い道を踏まえ、それを自分で手続きをすることによって入手し利用するということになります。

それは自ら能動的に動き、それを楽しもうとする気持ちから出ているものと言えますので、人気と言う点では商品券の方に軍配が上がると言えるでしょう。

まだまだ続くふるさと納税の返礼品

改正法によって一時ふるさと納税の過熱ぶりは一時収まりを見せるかもしれませんが、今後はまた新しいタイプのお得なふるさと納税の返礼品が現れるかもしれません。

まだまだ、流れは続くふるさと納税。

今後も要注目です。

ふるさと納税関連記事

関連記事

タレントのデヴィ夫人が代表を務める「オフィス・デヴィ・スカルノ」の運営費の横領事件の判決が下されました。 東京地検は業務上横領罪に問われた辻村秀一郎被告に対し、懲役4年の実刑判決、執行猶予なしの判決を言い渡しています。 華やかな[…]

関連記事

菊地亜美さんと言えば体当たりでバラエティ番組の仕事をこなす姿が魅力のタレントさんですが、実はライザップでこっそりダイエットに励んでいた努力家さんでもあります。 この事は読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」でも取り上げられ、その驚くほどに[…]

IMG
関連記事

「昆活しようぜ!」。 おもしろいキャッチフレーズとももに、オフィシャルサポーターであり、昆虫愛に溢れるテレビ番組「昆虫すごいぜ」で昆虫につてい熱く語る香川照之さんがマイスターを務める特別展「昆虫」が、今年も開催されます。 昆虫に[…]

最新情報をチェックしよう!