ゲーム障害は病院で治療出来る?WHOも疾病認定した症状や原因に治療薬は?

世界保健機関(WHO)は5月25日(現地時間)、ゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム障害(gaming disorder)」を国際疾病として正式に認定しました。

パソコンやスマートフォンなどの普及で、ゲーム依存の問題が深刻化し、健康を害する懸念は従前から強まっていました。

そこで世界保健機関(WHO)はギャンブル依存症などと同じ精神疾患と位置付け、世界の患者数の把握や治療研究を後押しします。

具体的には第11改訂された「国際疾病統計と関連する健康問題の統計的分類(ICD-11)」を採択し、2022年1月から発効させます。

「ICD」は世界の保険会社や医療機関が、疾病のガイドラインとして参照する分類です。

そこで今回は「ゲーム障害」について病院で取り上げてみたいと思います。

ゲーム障害は病院に行けばいいのか、症状にはどんな物があるのかや、治療方法や治療薬はあるのか。

またどんな病院で治療を受ければよいのかなど、幅広く見ていきます。

ゲーム障害とは?

そもそもゲーム障害とはどんな障害なんでしょうか。

英語では「gaming disorder」とされていますが、そのまま訳すと「ゲームによる無秩序」となります。

「障害」とは少し違うような気もしますがどうしてこの表現になったのかも気になります。

そこでまずはゲーム障害の症状から見ることにしましょう。

ゲーム障害の症状

世界保健機関(WHO)が定めた「ゲーム障害」は以下の状態にあることを指します。

(1)ゲームをする時間や頻度を自ら制御できない
(2)何よりもゲームを最優先する
(3)問題が起きているのに続けてしまう

このような症状が12ヶ月以上続き社会生活に重大な影響を与えている場合は「ゲーム障害」と診断される可能性があります。

場合によっては12ヶ月よりも短い期間であっても診断される場合もあります。

ゲーム障害になると朝起きることができなくなり、人や物にあたるといった問題がでてきます。

ゲーム障害の原因

ゲーム障害の原因はゲームへの過度の依存にあります。

日本ではオンラインゲームを含むネットへの過度の依存が疑われる中高生の数が、推計93万人と過去5年間で2倍に増えています。

韓国では既に2002年にゲームのやりすぎによる死亡事故が起きています。

特に失業などで社会に居場所がなくなり、ゲームでのみ人とつながるような状態は危険と言えます。

世界保健機関(WHO)の加盟国の一部からは「ゲームと依存の因果関係を証明するのは困難」として、疾病認定は時期尚早ではないかという慎重論もありましたが、多くの国は予防に向けた対策が必要であると判断しました。

ゲーム障害の治療法は?

ゲーム障害が病気として認定されたことはわかりました。

病気ならば治療をする必要があります。

でもどんな治療法があるのでしょう。

そもそもどの医療機関にかかればいいのかもわかりません。

ここからは治療方法や治療薬があるのかどうかについて見ていきたいと思います。

病院で治療できるの?

ゲーム障害の治療は病院で行うことになります。

具体的に言えばアルコール依存症などの治療を行っている病院ということになります。

つまり精神科での入院治療ということです。

診療では心理テストが用いられ、ある点数以上だとゲーム障害と診断されます。

治療はカウンセリングが主体で、規則正しい生活をするよう指導されます。

ゲーム障害の治療薬ってあるの?

アルコール依存症には抗酒薬(ジスルフィラム・シアナミド)が処方され、効果も上がりますがゲーム障害の治療薬は今のところありません。

ですが、世界保健機関(WHO)が正式に疾病として認定したわけですから今後は研究が進むと考えられます。

数年後には有効な治療薬が開発されるかもしれません。

仮に治療薬が開発されれば、他の依存症、例えばネット依存など「プロセス依存」に効果が上がるでしょう。

プロセス依存:ある行為を行う過程で得られる刺激や興奮を求めてその行為自体に依存すること。

ネット・盗癖・買い物・パチンコ・ギャンブルなどがある。

ゲーム障害を定義したWHOとは

・世界保健機関(せかいほけんきかん、英: World Health Organization, WHO、仏: Organisation mondiale de la santé, OMS)

この投稿をInstagramで見る

We welcome you to the 72nd World Health Assembly #WHA72! Some selection of photos from Day 1 of the Health Assembly. 2: WHO Director-General, Dr Tedros Adhanom Ghebreyesus addressed the delegates 3: Dr Bounkong Syhavong, Minister of Health of Laos 🇱🇦 has been elected as the President of the Health Assembly 4: Dr Richard Horton, Editor-in-Chief of The Lancet, received WHO Director-General’s Health Leaders Recognition 5: Delegates observe a moment of silence honouring healthcare workers who have lost their lives in the line of duty 6: Dr Tedros presented a 'global health' medal to Margaret Danielle Lydie Ketna [second from right], eldest daughter of Dr Richard Mouzoko, a WHO colleague working on Ebola response in DRC who was killed on 19 April 2019 7: Fiery, 18-year old, Natasha Wang Mwansa from Zambia provided her young person's perspective on global health 8: @cynthiabtwf President of @btwfoundation which was co-founded with her daughter @ladygaga was appointed as WHO Goodwill Ambassador for #mentalhealth Cynthia was appointed along with @alissonbecker, goalkeeper of the Brazilian national and @liverpoolfc football teams, and Dr @natalialbecker, medical doctor and health advocate from #Brazil 🇧🇷, as WHO Goodwill Ambassadors for Health Promotion. Ellen Johnson Sirleaf, former President of #Liberia 🇱🇷, was also appointed as WHO Goodwill Ambassador for Health Workforce. 9: Dr Tedros witnessed the unveiling of statues of #RobertKoch and #LouisPasteur, two giants of #publichealth who laid the foundations for modern understanding of infection and how to fight it with vaccination and antimicrobial therapy. The unveiling was done by Agnès Buzyn [L], #France 🇫🇷 Minister of Solidarity and Health and @jensspahn [second from right], Federal Minister of Health of #Germany🇩🇪 10: "Global Action Plan for Healthy Lives and Well-being for All: a commitment to accelerating together" kicked off as the first technical briefing Photo credits: 1,2,3,8: WHO/L. Cipriani 4,5,6,7,9,10: WHO/A. Tardy

World Health Organizationさん(@who)がシェアした投稿 –

概 要:専門機関
略 称:英語/WHO フランス語/OMS
代 表:テドロス・アダノム
状 況:活動中
活動開始:1948年
本 部:スイス・ジュネーヴ

世界保健機関(せかいほけんきかん)は人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関です。

設立日である4月7日は世界保健デーとなっています。

適正な医療・医薬品の普及のみならず、健康的なライフスタイルの推進や基本的人間要請 (basic human needs, BHN) の達成などにも力を入れています。

世界保健機関には2016年5月現在、194の国と地域が加盟しています。

また世界保健機関の功績の中でももっとも輝かしいものは、天然痘の撲滅に成功したことでしょう。

現在は急性灰白髄炎(ポリオ)の撲滅に向けて活動中です。

ゲーム障害はゲーム依存による病

以上、ゲーム障害について色々見てきました。

・ゲーム障害の症状はゲームに依存してしまうこと

・ゲーム障害の原因はゲームへの過度の依存

・ゲーム障害の治療はアルコール依存症などを治療している精神科で行われる

・ゲーム障害の治療方法はカウンセリングが基本

・アルコール依存症には抗酒薬があるが、ゲーム障害には治療薬はまだ存在しない

・世界保健機関(WHO)は国際連合の専門機関である

要するに依存症の一形態と言えます。

ですから治療も精神科ということになるわけです。

日本では各都道府県に依存症を治療する精神科の病院があり、ゲーム障害が疑われる場合は精神科を受診してみましょう。

治療関連記事

関連記事

本日4月24日、陸上の女子長距離の指導者・監督として有名な小出義雄さんが死去されました。 先月3月を持って指導者を引退したばかりであり、その後をゆったりと幸せに送って欲しいと願っていただけに、誰もがその訃報を悲しんでいます。 高[…]

関連記事

競泳日本女子で華々しい成果を上げた池江璃花子さんが、闘病生活の現状報告を行うために公式ホームページを開設したことが話題となっています。 池江さんは2月に判明した病気で入院し、そして現在もまた闘病生活を送っています。 池江さんが発[…]

関連記事

2019年4月22日。シンガー・ソングライターの岡村孝子さんが急性白血病と診断されたことを公表しました。 そのため予定していたコンサートなどを取りやめ長期療養に入るそうです。 大変ショッキングなニュースですが、急性白血病とはそも[…]

最新情報をチェックしよう!