グーグルマップの便利な活用術!海外でも安心して外出できる技や渋滞情報把握も

グーグルマップがスマホに入っていれば、大抵の場所で迷子になる事はなくなりました。
行きたい場所が決まっていれば、行き方を教えてくれますし、行けない場所でも地図上に写真を出してくれて、とても便利な活用術として重宝しています。

グーグルマップは海外でも安心して外出できる技も確立されているくらい便利ですし、車の渋滞情報把握も簡単に把握することが出来たりと、今や一番手放せないスマホアプリとなりました。

そこで今回は、グーグルマップの便利な活用術!海外でも安心して外出できる技や渋滞情報把握もと題して、グーグルマップの本当に使える便利な使い方をご紹介致します。

グーグルマップの便利な活用術

グーグルマップが一番便利に感じる時は、知らない町、知らない場所へ外出する時ではないでしょうか。
目的地は決まっていても、以前は住所から紙媒体の地図のコピーを撮って、コピーを撮った地図に予めマーカーで目的地までの道のりをなぞる。

それが、今では目的地の住所、または大まかな地名とお店などの名前を入力して検索ボタンを押せば目的地までの地図が出てくる時代になりました。

海外でも安心して外出できる技とは

これは国内に限らず、海外でも同じです。

例えばアルファベット表記や漢字表記も無い国や地域に行ったとします。
そんな時でも、グーグルマップは電波さえつながっていれば、自分自身がわかる言語で検索窓にキーワードを入力するだけで、目的地までの行き方が表示されます。

しかも、バスや電車の行先や降りる駅も表示してくれるので、グーグルマップがあれば迷子になりにくい事は間違いないと言えるでしょう。

グーグルマップと翻訳アプリでさらに海外でも安心

海外に行かれた際は、グーグルマップと併用してグーグル翻訳のアプリを使われると、更に行動範囲が広がります。
グーグル翻訳のアプリは、読めない文字もスマホで写真を撮れば翻訳してくれる機能も付いています。

文字や言葉が通じない場所に行けば行くほど、グーグルマップと翻訳のアプリの組み合わせは、正に神アプリと化してくれます。

電波がない場所でのグーグルマップの便利な活用術

グーグルマップが優れている点の一つとして、オフラインでマップアプリ使うことが出来る点も挙げられます。

スマホが出た当初は、海外で通信をしながらアプリを使うと高額な請求が来ることに、アプリを使う事をためらっていた方も多いはずです。
ひょっとしたら、今でも多いかもしれません。

また、海外でスマホの電波が通じない地域に行かれたら、否応なしにオフラインで使えないアプリが多発することでしょう。
しかし、グーグルマップはオフラインでも使えるように、あらかじめ地図データをダウンロードできる仕組みが採用されています。

正に、外出時のかゆいところに手が届くアプリです。

安心して外出できる技

旅行に行きたくても行けない時、更に言うなら、散歩に外へ出かけたくでも出かけられない時、グーグルマップのストリート機能にお世話になった方は多いのではないでしょうか。

グーグルマップとグーグルアース、行きたい場所のYoutubeの動画があれば組み合わせると、いつでも気軽に旅行気分が楽しめてハッピーな時間を過ごせます。

渋滞情報も把握

他にも、車で出かけるときはカーナビがなくてもグーグルマップが的確に行先まで案内をしてくれますし、渋滞情報まで教えてくれます。

グーグルマップのカーナビ機能は本当に便利です。
まず、カーナビ要らずという点で、載っている車にお金をかけたくない方にとっては、ありがたい存在になっています。
行きたいところの住所を入力するだけで、ピンポイントで交通情報も加味して道路案内してくれます。

グーグルマップ以上に役立つアプリはない

 

View this post on Instagram

 

“🎶 I want to ride my bicycle I want to ride my bike 🎶 📸 @photo_joost #OnGoogleMaps”

Google Mapsさん(@googlemaps)がシェアした投稿 –

目的が場所に関することであれば、グーグルマップ以上に役立つアプリはないでしょう。
グーグルマップの便利な活用術を駆使すれば、例え海外に出た時でも安心して外出が出来ますし、渋滞情報も把握できます。
またの機会に、今回お伝えできなかったグーグルマップ活用術をお伝えできればと考えています。

最新情報をチェックしよう!