岩崎隆一容疑者犯行理由や動機は?顔写真載ってるSNSは?カリタス小学校殺傷事件

昨日の記事「カリタス小学校の偏差値や評判は良好!事件現場画像は?セキュリティどうだった?(https://fumufumu-tsushin.com/caritassyougakkou-2255.html)」の続報となります。

犯人の氏名は昨日の夜にようやく報道されました。

それによると容疑者の氏名は岩崎隆一(51)です。

犯行理由や動機は何だったのでしょうか。

そして、どのような人物だったのか、顔写真載ってるSNSはあるのでしょうか。

そこで今回は、岩崎隆一容疑者の犯行理由や動機に顔写真載ってるSNSがあるか等、カリタス小学校殺傷事件関連の内容も交えて調査しました。

どんな子供時代を送ったのかや、ご近所とはどんな関係だったのか。

容疑者の親族は何を語っているのか、そして犯行に至った理由や動機など多方面から岩崎隆一容疑者に迫ってみます。

岩崎隆一容疑者の生い立ち

岩崎隆一容疑者は幼い頃に両親が離婚し、父親の兄である伯父夫婦に引き取られました。

近隣の住人や元同級生によると子供時代の様子はこのようなものだったそうです。

・「他人の家に勝手に入り込み、金魚鉢をのぞくような変わった子だった」

・「よく先生に叱られていた。中学を卒業してからどうなったのか知らない」

・「昔はキレやすい性格でよく暴れていた」

・「頻繁に暴れる問題児」

・「同級生からはからかわれるような存在」

・「鉛筆で友達を刺したこともある」

・「事件を起こしたことに驚きはない」

・「おとなしいがキレると豹変した」

岩崎隆一容疑者とご近所トラブル

岩崎隆一容疑者は1年ほど前にご近所トラブルを起こしています。

「伸びた葉っぱが当たった」。

隣家の40代女性は、約1年前、岩崎容疑者からこう怒鳴られたという。

岩崎容疑者は午前6時ごろに女性宅のインターホンを何度も鳴らしたうえ、「庭の木の葉がフェンスから飛び出し、道を歩いていた自分に当たった」と言ってきた。

対応した女性の夫との口論は約30分間にも及び、女性は「いつか何かされるかも」と恐怖を感じていたという。

引用元:産経新聞(https://www.sankei.com/affairs/news/190528/afr1905280072-n1.html)

子供時代の証言「おとなしいがキレると豹変した」と一致しますね。

岩崎隆一容疑者の顔写真

ようやく今日になって岩崎隆一容疑者の顔写真が報道されました。こちらがその写真になります。

中学校の卒業アルバムからの写真のようです。

岩崎隆一容疑者は51歳です。

職に就いていたようですし、職場仲間との写真は一枚もないのでしょうか。

もしそうだとすると相当孤独な生活を送っていたことになります。

岩崎隆一容疑者の自宅と親族

岩崎隆一容疑者は川崎市麻生区の民家に伯父夫婦と一緒に住んでいました。

こちらがその民家になります。

週刊ポストの取材に対し岩崎隆一容疑者の伯父は次のように応えています。

「(自宅には)いるような、いないような」

「(警察がくる)いま、おまわりさん来てるよ」

「事件のことなんて何もわかりません」

「ほとんどいないよ。今はいない」

一緒に暮らしているとは思えない発言です。

岩崎隆一容疑者は引きこもりのような状態だったことが伺われます。

岩崎隆一容疑者の事件概要

5月28日午前7時45分頃、川崎市多摩区登戸新町のファミリーマートの駐車場で、40代の女性が岩崎隆一容疑者に刃物で刺されます。

この女性は児童の保護者でした。

相前後してファミリーマート前の路上で同じく保護者の小山智史さんが刃物で刺され不幸な結果となりました。

その後、岩崎隆一容疑者はカリタス小学校のスクールバスが止まるバス停前に移動し、バスを待っていた児童に次々と切りつけ、一度はスクールバスの中にまで侵入し犯行に及びます。

この内、頸部を刺されたカリタス小学校6年生の栗林華子さんが不幸な結果となりました。

そして岩崎隆一容疑者は市バスのバス停前に移動し、自ら帰らぬ人となりました。

なお犯行時間は十数秒だったそうです。

岩崎隆一容疑者が事件に至った理由と動機

犯行に至った理由や動機などはこれからの警察の捜査待ちということになりますが、岩崎隆一容疑者は社会的に孤立した孤独な人物であったことは判明しています。

これが事件の背景となったことは間違いないでしょう。

問題はなぜカリタス小学校の児童を狙ったのかですが、ネット上では何らかの恨みがあったのではないかという意見があります。

また真偽不明ですが伯父夫婦には娘がいて、その娘、つまり岩崎隆一容疑者の従姉妹が、かつてカリタス小学校に通学していたという話もあります。

岩崎隆一容疑者が帰らぬ人となっているので事件の全容解明は困難かもしれません。

岩崎隆一容疑者のSNSは?

岩崎隆一容疑者は何かSNSを利用していたのでしょうか。

まずツイッターにはそれらしき人物は見つかりませんでした。

フェイスブックとインスタグラムには同姓同名の方々がいますが、本人のものと思われるアカウントはありませんでした。

岩崎隆一容疑者が現場に残した遺留品の中にはスマートフォンが見つかったという話はありません。

もしかしたらデジタル系の機器が苦手だったのかもしれません。

ネットにも繋がりがないとなると一層孤独だったことが際立ちます。

岩崎隆一容疑者事件で5ちゃんねるに愉快犯が出現

大きな事件が起きるとそれに便乗した愉快犯が現れるものです。今回の事件でもネット掲示板「5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)」に心無い書き込みがありました。

ネットに「10人以上めった刺し」 警察が周辺で警戒

ネットの掲示板に、カリタス学園の周辺で子どもらに危害を加えるという趣旨の書き込みが見つかり、警察が警戒している。

調べによると29日朝、ネットの掲示板に「本日多摩警察署とカリタス学園の周辺で、警察官と児童と周辺住民10人以上めったざしにします」と書き込まれているのが見つかった。

警察は警戒のため、学校周辺に警察官を配置するともに、書き込んだ人物の特定を進めている。

引用元:FNN PRIME(https://www.fnn.jp/posts/00418393CX)

書き込んだ人物は同じ内容の文章を複数回、掲示板に上げています。

岩崎隆一容疑者事件の全容解明は困難か

以上、これまでに判明している岩崎隆一容疑者の情報をまとめました。

社会から孤立し孤独な人物であったことがわかります。

ただ直接犯行に結び付くような事実はまだ明らかになっていません。

これからの警察の捜査待ちになりますが、容疑者が帰らぬ人となっているので、全容の解明は困難かもしれません。

岩崎隆一容疑者関連記事

関連記事

28日に川崎で起きた殺傷事件(通称:登戸殺傷事件)の被害者である小山智史さんに関するニュースがメディアなどで流れています。 あまりにも突然で不幸な事件に対し、小山さんの関係者は元より一般の方にも悲しみの声が上がってきています。 […]

関連記事

カリタス小学校の偏差値や評判は良好で、スクールバスで登下校時のセキュリティ体制も整った学校です。 それにも関わらず、5月28日朝、川崎市多摩区登戸新町の路上でスクールバスを待っていたカリタス小学校の小学生らに刃物を持った男が近づき次々[…]

関連記事

人気アイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバーである田口淳之介さんと、田口さんと内縁関係にある女優の小嶺麗奈さんが大麻取締法違反の疑いで逮捕されてから4日が経ちます。 今現在は東京湾岸署におり、取り調べを受けていると予測されますが[…]

最新情報をチェックしよう!