ジャガー横田の息子が公立中に進学!その理由や辞退した学校と入学した公立中は?

タレントのジャガー横田さんの息子である木下大維志さんが、合格した私立中学への進学をやめて公立中学校に進学したことが判明し、話題となっています。

大維志さんの中学受験はバラエティ番組で企画として取り上げられ、大維志さんをはじめ家族や周囲の人の努力の末に私立中学に合格したことは、視聴者に感動を呼び、高い人気を得ていました。

それなのに、大維志さんがそれを取りやめてまで公立中学へ進学した理由は一体どのようなものでしょうか。

また、辞退した学校や入学した公立中は一体どこなのでしょうか。

今回は、ジャガー横田さんの息子である大維志さんが合格した私立中学への進学をやめて公立中に進学した理由や、その私立中学並びに入学した公立中学などを調査し、まとめました。

ジャガー横田の息子の中学受験

ジャガー横田さんの息子である大維志さんは、希望する私立中学である港区広尾にある「広尾学園」の受験合格に向けて勉強しており、そしてその様子を日本テレビ系のバラエティ番組「スッキリ」で企画として放送されていました。

大維志さん本人の努力もさることながら、両親である木下博勝さんとジャガー横田さんを初め、塾講師、テレビの共演者、そして視聴者からの応援が一丸となって大維志君を支え続けて、第一志望ではないものの、滑り止めには合格します。

かつて8月には偏差値40台であったことを考えれば驚異的な伸びと言えるものであり、その姿と結果には視聴者から多大な拍手が送られたのでした。

ジャガー横田の息子の中学受験の理由

大維志さんが私立中学校へ進学したいと考えていた理由は、将来父親である木下博勝さんのような医師になりたい、という願望から来ています。

広尾学園はそれに沿った教育を行っている中学校であり、また滑り止めの私立中学校も医者になるという目的に沿った形で選ばれています。

ジャガー横田の息子の進学予定だった私立中学

大維志さんは滑り止めとして2校に合格しています。

番組内では、滑り止めとして受かった私立中学校について、名前は伏せていましたが、受験科目・受験日また有名大学の付属中学校という内容から、

◯東海大学付属浦安中等部

◯帝京中学校

の2校に合格したと推測されています。

そして進学する予定だった中学校は「帝京中学校」だったのではないか、と目されています。

ジャガー横田の息子が進学予定と目されていた「帝京中学校」

帝京中学校は東京都板橋区にある中高一貫教育の私立中学・高校です。

特に問題がない限り、卒業できればまず希望者全員が内部進学できます。

また、他の有名大学への進学に関しても実績のある中学・高校です。

ジャガー横田の息子は公立中学へ進学

しかしながら、大維志さんはその合格した私立中学進学をやめて、公立中学へ進学した、と伝えられています。

将来は父親のような医者になりたい、と望みそしてその道を進むかと誰もが思っていたのに、それをやめてしまうなんて何故?と思った方はとても多いと考えられます。

横田さんはそれに関して「お答えできない」としていますが、日テレ関係者によれば、3つの理由がある、としています。

ジャガー横田の息子が公立中学へ進学した理由「クレーム」

まず一つ目は、進学する予定だった私立中学へクレームがあった、というものです。

そのクレームは「テレビでさんざん滑り止めと言われ、他の生徒がやる気をなくす」と言う内容です。

確かに、一生懸命努力してその私立中学へ合格し、そこで頑張っていこうと考えている人にとっては、テレビでの「滑り止め」の連呼はかなり気が滅入ることであり、また失礼な話と受け止められても仕方のないことです。

ジャガー横田の息子が公立中学へ進学した理由「高校受験」

二つ目の理由は、私立中学でエスカレーター式に高校進学するよりも、皆が高校受験をする環境の中で、高校受験を行う方がいいと判断した、というものです。

自由な空気の中で伸び伸びと勉強するよりも、競争が行われている中の方が大維志さんには向いている、と大維志さんや両親の二人は、あの中学受験を思い出して判断した、と考えることができます。

ジャガー横田の息子が公立中学へ進学した理由「アイコン的存在」

そして3つ目の理由ですが、大維志さんは「タレント活動をして受験を頑張る人達のアイコン的な存在になりたい」と考えている、とのことです。

私立の中学校ではタレント活動はまず禁止されているものであり、表立って活動することができないことから、私立中学への進学をやめた、ということになります。

二つ目もそうですが、大維志さんは高校受験をして新しい道を切り拓くことを決意していると受け取れます。

ジャガー横田の息子の進学した公立中学校

こうして大維志さんは合格した私立中学への進学をやめて公立中学へ進学したのでした。

そして公立中学は千代田区にある公立「麹町(こうじまち)中学校」です。

実はこの麹町中学校は、独特な教育スタイルを産んだことで有名な中学校であり、大維志さんはこの中学校へ通うために、越境入学まで行っています。

2014年に校長になった工藤勇一さんによる、新しい教育方法がその中学校では実施されています。

ここではその麹町中学校の特色を紹介します。

ジャガー横田の息子の進学した公立中学校の教育スタイル

その非常にユニークな教育方法は以下の3点です。

◯宿題がない

◯定期試験がない

◯クラス担任制がない

工藤さんは、宿題と定期試験は学力を定着させるための手段であるはずなのに、それが目的と化しているとし、それらを廃止しています。

その代わり、一定期間ごとに小テストを実施し、合格するまで再試験を行うことによって、責任もって一人一人の学力を保障しているのです。

また固定担任制の廃止も同じ発想から来ており、生徒と担任のウマが合わなくても教員の中なら誰か気の合う人がいるはずであり、そこから教員は学年全員を全て生徒として向き合えるようにした、としています。

ジャガー横田の息子の進学した公立中学校の施設

また中学校の設備も素晴らしく、2012年に建てられた麹町中学校の校舎は地上6階の地下1階建てで、総工費はおよそ44億円掛かっています。

それ以外にも、

◯屋上庭園

◯大学講堂のような階段教室

◯スポーツジムのような温水プール

などなど、私たちが想像する一般的な公立中学のイメージを覆す立派な建物がいっぱいあります。

ジャガー横田の息子の進学した公立中学校の理念

麹町中学校は、その在り方の第一目的として、生徒の自主性を養うことを上げており、それらを叶える為に、上記のような施設や教育システムを構築した、としています。

その中で生徒達は、自らの考えで物事に当たっていく意識の高い人間へと成長していくのです。

個性的で行動力のある大維志君には、実はピッタリな中学校である、とも言えます。

ジャガー横田の息子の高校受験にも企画あり?

大維志さんの高校受験の際には、またその受験勉強の光景を放送する企画が既に上がっている、とも噂されています。

そうなれば2021年度の受験において、大維志さんや周囲の人間の感動的なシーンをまた見ることができるかもしれません。

今回は、ジャガー横田さんの息子である大維志さんが公立中学に進学した理由や、辞退した学校と入学した公立中学についてまとめました。

ジャガー横田関連記事

関連記事

日本テレビ系のバラエティ番組「スッキリ」で、タレントのジャガー横田さんの息子である木下大維志くんの中学受験の様子を放送し、応援するという企画がありました。 大維志くんの努力並びに、ジャガー横田さんと木下博勝さんの夫妻の尽力もあり、第一[…]

IMG
関連記事

歌手の華原朋美さんが妊娠中で出産することになり、ニュースとなっています。 かつて音楽プロデューサーである小室哲哉さんと組んで、様々な楽曲をミリオンヒットさせてきた歌姫であり、またその交際歴などで色々話題となった華原朋美さん。 そ[…]

関連記事

『ワンダフルガールズ』って憶えていますか。 TBSの深夜番組『ワンダフル』で番組アシスタントを務めていた女性たちです。 初代ワンダフルガールズメンバーとして、今でもご活躍されている代表格的な方は、釈由美子さんや国分佐智子さんを輩[…]

最新情報をチェックしよう!