除湿機の効果的な置き場所と使い方は?効果的なカビ対策や部屋干し時の注意点は?

今回のトピックスは、6月から始まる梅雨入りに向けて欠かせないインテリア、「除湿機」の使い方についてです。

洗濯物が部屋干しでは中々乾かない、そんなときに便利な除湿機ですが、実はもっと効果的な置き場所や使い方があるんです。

また、効果的なカビ対策や部屋干し時の注意点など、あなたはご存知でしょうか。

そこで今回は、これから雨が多くなる時期に備えて除湿機の効果的な置き場所や使い方、そして気になるカビ対策や部屋干し時の注意点についてお伝えします。

除湿機の効果的な使い方とは?

部屋干し時や湿度が高いときに役立つ除湿機ですが、ただ闇雲に洗濯物へ使っていては除湿機のパワーを最大限まで活用出来ていないのかもしれません。

ご家庭にある除湿機を今以上に効果的に使う、その方法についてまとめてみました。

除湿機とエアコンの同時活用で、除湿と室温調節を実現

除湿機のみを使っていては、効果的に湿気を除去したり、部屋干しの時間を早めることが出来ないのです。

除湿をしているのになぜか湿気が下がらない、部屋干しした洗濯物がいつまで経っても生乾きのまま、という経験も多いはず。

その原因は「室内空気の循環」が原因となっています。

部屋の中の空気に動きがなければ、除湿機は本体の周りのみの除湿しか行うことが出来ません。

そこで除湿機と合わせて、エアコンの同時活用が室内全体を循環させ、除湿に効果的となります。

また、除湿機から除湿に伴って発生する「乾いた空気」が部屋の温度を上昇させるため、エアコンによる室内温度の調節により、暑い時期であっても快適に過ごすことができます。

除湿機を使うときは、部屋のドアや窓を開けないこと

先ほどお伝えした除湿機とエアコンの同時使用ですが、「部屋中のドアを開けて、家全体の空気を循環させれば効率的ではないか」と考える方もいらっしゃると思います。

しかしながら、除湿機を使うときには、部屋は閉め切らなければいけないのです。

その理由は「湿気の習性」が関わってきます。

湿気は本来、空気中の水分であることから、湿度の高い場所から低い場所へと移動する特徴があります。

つまり、部屋を開け放したままに除湿機を使ってしまうと、外側から湿気の多い空気が流れ込み、いつまで経っても除湿が終わらない状態となるのです。

同じく窓を開けても、外の自然な湿気が流れ込んできてしまいますので注意が必要です。

除湿を効果的に行うためにも、部屋の空気の循環はエアコンや扇風機などを使って行いましょう。

除湿機は部屋干しも洗濯物の真下に

部屋干しの際に、除湿機を洗濯物の真下へ置くことが効果的です。

カーテンのレールなどにハンガーを掛けて干す方も多いと思われますが、洗濯物の水分は下へと溜まっていくので、付近のカーテンなどへ水分が移動し、乾くまで時間が掛かってしまうこととカビ発生の原因にもなってしまいます。

もっと効果的な部屋干しの方法として真下に除湿機を置き、下から乾燥した風を当てることで水分を蒸発させましょう。

また、洗面所や脱衣所においても乾燥機活用する際には、ドアを閉めて除湿機を使用することがポイントです。

注意点としては、長時間の使用や洗濯物に、直接除湿機の送風口が当たるよう置いてしまうと火災の原因となる場合があるため、40cm以上は距離を離し、注意して使用しましょう。

除湿機はどこに置くのが効果的?カビ対策や部屋干しの注意点とは?

ここまで除湿機の使い方について述べてきましたが、続いては効果的な置き場所についてのポイントをお伝えしたいと思います。

一見、部屋の端に置き中心に向かって設置するのがベストな気もしますが、実際は効果的なのでしょうか。

また、カビ対策はどうすればよいのか、部屋干しの注意点についても合わせてご紹介していきます。

除湿機は部屋の中心に、低い位置へ置くこと

除湿機の置き場所として、部屋の中心に置くことでその効果を最大限にまで発揮することが出来ます。

除湿機は吸気口と送風口の位置が異なり、基本的には「上部から吸気し、下部から送風する」仕組みとなっています。

部屋の中央に除湿機を置くことで、空気の循環と合わせて効果的な除湿となるのです。

また、除湿機は棚の上であったり、階段の上に置いてしまっては除湿の効果が薄れてしまいます。

湿気は下の方に溜まりやすく、除湿を行うときは低い位置から始めていくことがポイントです。

除湿機内部と部屋の「カビ対策」はどちらも乾燥がカギ

湿気に伴うカビの発生はなんとしても防ぎたいところ。

特に小さなお子さんなどがいらっしゃる場合には、カビの胞子が病気の原因となることが考えられます。

定期的な除湿機のメンテナンスや部屋のカビ対策は、ひと手間を掛ける分、自身の疾病予防にもつながるのです。

まずは除湿機のお手入れについて、久しぶりに押し入れから取り出したとはそのまま使用せずに、除湿機のタンクを洗い、ホコリフィルターは掃除機でキレイにするなどをしましょう。

除湿機使用中のお手入れについては、同じくフィルターの掃除と、カビの付着しやすいタンク部分を洗いましょう。

特に除湿機のタンク部分は、カビが取れない場合に重曹を大さじで5杯ほど、ぬるま湯に混ぜ合わせて洗うことで簡単にお手入れが出来ます。

除湿機を使った部屋干し時のポイント

先ほど、洗濯物の真下に除湿機を置くと効果的であるとお伝えしましたが、部屋干しのコツはその他にもあります。

洗濯物は壁や窓の側に置かないようにし、空気の循環しやすい中央付近へなるべく寄せて干しましょう。

また、洗濯物同士の間隔を10~15cmほど開けることで、空気の通り道が生まれます。こうすることでより早く洗濯物が乾きます。

その他にも、新聞紙を洗濯物の下に敷き、水分を吸収する、丈の長いものと短いものとを交互にハンガーへ掛けて干すなど工夫点は多々あります。

注意点としては、残り湯を使用した洗濯は部屋干しに適さず、雑菌が繁殖しやすいため外で干すこと、部屋干しの際に洗濯物の周りで物を置きすぎないようにすることが挙げられます。

除湿機の購入と活用法で梅雨を乗り切る

除湿機について「本当に除湿は効果があるのか」と疑う方もいらっしゃると思いますが、この機会にぜひ除湿機を使って梅雨対策をしてみてはいかがでしょうか。

昨年より快適に過ごしやすくなることに間違いありません。

また、既に持っているよ、という方も本記事をもとに効果的な除湿機の使い方や置き場所を試してみていただけると幸いです。

除湿機関連記事

関連記事

GWが終わると、次に訪れる月は6月、梅雨の月ですね。 この時期に毎年必ずやってくる面倒臭い梅雨に対し、準備して迎えたいものです。 さて、2019年の全国の梅雨入り、そして梅雨明けの予想はいつ頃であり、また例年と比較して暑さや湿気[…]

関連記事

歌手・モデル・女優などで活躍し、ファッションリーダーとも呼ばれる浜崎あゆみさん。 そんな浜崎あゆみさんが自身のインスタグラム(@a.you)で、ニーハイブーツを用いた全身コーディネート写真を公開し、話題になりました。 これまでた[…]

関連記事

富士山は昔から大変人気のある山です。 かつては富士山信仰から各地に富士塚が作られたほどです。 また最近では海外からの観光客も多く登るようになりました。 そんな富士山ですが日帰りで登山することは出来るのでしょうか。 も[…]

最新情報をチェックしよう!