常磐自動車道あおり運転の宮崎文夫の顔画像Facebookに職業や事件の経緯は?

茨城県の常盤自動車道で24歳の男性があおり運転と暴行を受けた事件に対し、警察は傷害容疑で逮捕状を取り、「宮崎文夫」容疑者を全国指名手配しました。

このあおり運転事件の一連の経緯はどのようなものなのでしょうか。

また宮崎容疑者の顔画像やFacebook、職業などはいかなるものなのでしょうか。

今回は、常盤自動車道であおり運転並びに暴行があった事件の経緯や、容疑者として全国指名手配された「宮崎文夫」容疑者の顔画像やFacebook、職業などについてまとめました。

常盤自動車道で起きたあおり運転と暴行の事件

今月10日の早朝、茨城県の常盤自動車道で24歳の男性があおり運転をされることにより停車に追い込まれ、暴行を受けるという事件が発生しました。

「被害男性が運転する車のドライブレコーダーには、白い車は5分間で車間距離を詰める、急ブレーキを踏むなど19回もあおり運転をくり返し、さらに高速道路上で車を無理やり止めさせ、顔面を殴打するなど被害男性に暴行を加える映像がはっきりと映し出されていた。」

引用元:スポニチ
(https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/13/kiji/20190813s00041000207000c.html)

被害にあった男性は、11日に警察に被害届並びにドライブレコーダーによって記録されている映像を提出し、警察によって捜査が行われていました。

あおり運転で使われてた車は代車

15日午後、あおり運転に使われたと思われる白のSUVが警察によって押収されています。

それによるとそのSUVは代車として貸し出されていた状態であり、その返却を巡ってディーラーとトラブルが起きていたことが判明します。

「8月15日午後3時半ごろ警察によって押収された外国製の白い高級SUV。車体の後部には衝突の跡がある。
あの信じがたい、あおり運転を行ったとみられる車だ。
(一部略)

男は代車として白いSUVを借りており、その返却をめぐりディーラーとトラブルになっていることが、新たに明らかになった。
(一部略)

ディーラーにようやくSUVが返却されたのは事件翌日の8月11日。当初の約束から19日が経過していた。
しかし、男自身は仕事で来られないとして代理の男性2人と女性1人がSUVを返却しにきたという。返却されたSUVは後部がへこんでいた。」

引用元:FNN.jpプライムオンライン
(https://www.fnn.jp/posts/00047739HDK/201908151957_livenewsit_HDK)

また報道の中で、愛知や静岡でも同一と思われるSUVによるあおり運転の事件があり、警察ではそちらとの関連性も捜査しているとのことです。

あおり運転事件で宮崎文夫容疑者を全国指名手配

16日、このあおり運転事件に関して警察は傷害容疑で逮捕状を取り、容疑者である「宮崎文夫」氏の顔写真を公表して全国指名手配を行っています。

「茨城県守谷市の常磐自動車道で「あおり運転」をして車を停車させ、運転手の男性を殴るなどしたとして、県警取手署などは16日、傷害容疑で住所、職業不詳の宮崎文夫容疑者(43)の逮捕状を取り、顔写真を公表して全国に指名手配した。」

引用元:ニフティニュース(https://news.nifty.com/article/domestic/society/12145-374053/)

宮崎文夫容疑者の現在の足取りは不明

16日に大阪市内にある宮崎容疑者のマンションに捜査員が向かっていますが、宮崎容疑者は既にそのマンションから遠ざかった後だった模様です。

警察は行方が分からないことなどから公開捜査へと移行したのでした。

宮崎文夫容疑者の人物像

あおり運転事件の主犯と目され、そして全国指名手配されている宮崎文夫容疑者ですが、一体どのような人物なのでしょうか。

FacebookやインスタグラムなどのSNS、また住居近くの住民の方々の反応などからそれを明らかにしていきましょう。

宮崎文夫容疑者のSNSより判明した職業

宮崎容疑者と思われるFacebook並びにインスタグラムが発見されています。

Facebookでは自己紹介として今までの経歴が記されています。

それによると、

◯大阪府天王寺高等学校

◯関西学院大学(2000年卒業)

◯株式会社キーエンス(2000年4月〜9月)

◯ウィルウェイ馬渕教育グループ 馬渕教室(2003年2月から)

◯宮崎プロパティマネジメント株式会社(2018年2月26日から現在)

◯株式会社オマス(2018年8月16日から現在)

引用元:宮崎文夫 | Facebook(https://www.facebook.com/omasucafe)

となっています。

ネットではかなりの高学歴の持ち主であるとされています。

また、下二つの株式会社は不動産やコンサルタントを取り扱う会社であり、宮崎容疑者はそれらの社長を務めていると言われています。

インスタグラムでは、所有している高級車や豪勢な食事の風景などの写真が並べられており、金銭的に豊かな生活を送っていることが窺えます。

宮崎文夫容疑者の住居近くの住民の証言

ただ、住居近くの住民にとってはあまり良い人物であったとは言えない模様です。

宮崎容疑者は自身が所有する大阪市内のマンションに住んでいましたが、そのマンションで住民に対し迷惑行為を行っていたとの事です。

「10年以上前までは、宮崎の親族の女性がオーナーでしたが、宮崎が相続したようです。
以降は管理会社がコロコロ変わり、トラブルが続いて大変です。
なぜか電気が停められてエレベーターが動かない日もあった。
本人も奇声を上げたり、警察沙汰を起こしたり、近寄りがたい人でした。
何より迷惑だったのは、駐輪場として住民が使用していた1階の共有スペースに何の通達もなく自分の自家用車を置いていたこと。
住民は自転車が置けなくなってしまった。
オーナーなので文句も言えず、泣き寝入りするしかなかった」

引用元:ライブドアニュース(https://news.livedoor.com/article/detail/16939841/)

またかつての旧友から体調や精神に関して心配されていた、との情報もあり、いささか精神状態に衰弱が見られる模様です。

逮捕状の後にマンションに捜査員が訪れた時には防刃チョッキを着用していたことからも、警察は宮崎容疑者が危険な行動に出るのでは、と考えていると言えます。

宮崎文夫容疑者への追跡と今後の流れに注目

安全に運転している人達にとってあおり運転は許しがたい行為であり、まして暴力を振るうというのは言語道断と言える行為です。

容疑者の逮捕とともに、事件の具体的な背景に対する追及やその対策の充実が進むことを期待したいところです。

今回は、常盤自動車道であおり運転並びに暴行があった事件の経緯や、容疑者として全国指名手配された「宮崎文夫」容疑者の顔画像やFacebook、職業などについてまとめました。

最新情報をチェックしよう!