韓国の航空会社で赤字が続出!赤字の原因や中国へ路線拡大失敗など今後の影響は?

韓国の航空会社で赤字が続出しているようです。

どうしてその様な事態に落ち込んでしまったのでしょうか。

日本路線が縮小していますが、中国への路線拡大も頓挫しています。

そこで今回は韓国の航空会社で赤字が続出になった原因や中国へ路線拡大失敗など今後の影響、ネット上ではどの様な声が上がっているのかについてまとめました。

航空会社の赤字続出を報じる韓国メディア

航空会社が赤字を続出していることについて韓国のメディアはどのように報じているのでしょうか。

見てみましょう。

8航空会社の第2四半期の両方の損失…日本の路線は、需要の減少、中国は新規路線就航中止

供給過剰状態での需要鈍化が昨年末から現れ始め、最近発生した「日本の旅ボイコット」は直撃弾になると思われる。8月初めだけ、日本の主要な路線の利用客が11%減少した。国内の航空会社は60カ所を超える日本の路線を減便したり、停止するとした状態だ。

ここで日本の需要代替材として選ばれ、中国路線詰まった。中国の航空当局は10月10日まで、国内の航空会社の新規就航を禁止した。

国内航空業界は、8月、9月に就航を準備していた中国の路線10以上運航をキャンセルしなければならない状況だ。

業界関係者は、「東南アジア路線は顧客層が異なり、中国と日本路線を交換するのが難しい」とし「このような状況では、新規LCCまで進入すると、航空業界の収益性はさらに悪化するだろう」と述べた。

引用元:https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=008&aid=0004263808

冷静に事実を伝えています。

韓国の航空会社は日本路線は次々と運行停止に

韓国では日本不買運動が広がっていますが、中でも有力視されているのが「日本には行かないキャンペーン」でしょう。

2018年、日本を訪れた韓国人観光客は754万人でした。

これは第1位の中国人に次ぐ数です。

ところが日本政府が韓国への輸出を厳格化すると発表した7月1日から流れが変わります。

団体旅行を中心に日本への旅行を次々とキャンセルし始めます。

その影響は韓国の各航空会社に広がり、日本行の航空便は次々と運行停止になりました。

運行停止となった路線は札幌、富山、静岡、佐賀、大分、熊本、鹿児島などの地方都市です。

地方自治体はインバウンドの減少に頭を痛めています。

韓国から中国路線の拡大は失敗

日本へ飛べなくなった航空機とパイロットなどの人員はどうすればいいのでしょうか。

どこかへ飛ばさなければ航空会社にお金は入りません。

ただ飛ばすにしても米国や欧州など遠距離は無理です。

日本と韓国の距離は近いのでそれに特化した機体だからです。

そうなると選択肢は絞られます。

そこで韓国の各航空会社は一斉に中国に飛びつきました。

ところがこの目論見はすぐに頓挫することになります。

中国は8月9日から10月10日まで、チャーター便や増便、新たな路線の開拓には応じないと通告してきたのです。

韓国の航空業界は大混乱に陥りました。

韓国の航空会社にとってドル箱だった日本路線

これまで韓国の航空会社、なかでもLCC各社は営業利益の30~60%を日本路線から売り上げていました。

日本路線というドル箱を「日本には行かないキャンペーン」のおかげで失ってしまったわけです。

頼みの中国路線拡大も断られてしまいました。

中国が駄目となると後は東南アジアしかありません。

しかし経済規模が大きな国は少なく、路線の開拓にはそれなりの時間が必要です。

すぐに飛ばせるわけではありません。

そして仮に飛ばせたとしても東南アジアの路線は搭乗率が80%程度と低く、日本路線のような売上は見込めないという現実があります。

赤字の原因と今後の影響は?

そもそも第2四半期は「日本には行かないキャンペーン」が始まる前の決算です。

ですから、赤字の原因は他にあります。

実は、元々韓国の航空会社は供給過剰状態だったんです。

それに需要の鈍化が追い打ちをかけました。

旅客機が駄目なら貨物機の方はどうでしょう。

こちらも米中の貿易摩擦で需要が落ちています。

今後はこの状況に加えて「日本には行かないキャンペーン」の影響が出てくる見込みです。

韓国の航空会社は八方塞がりの状態です。

業界再編を迫られるかもしれません。

赤字に対するネットの声

ネットでは韓国の航空会社の状況をどう見ているのでしょうか。

今回は「カイカイch」からネットの声を取り上げます。

大韓航空・アシアナ航空・済州航空・ジンエアーなど航空会社のすべて赤字

2名無し2019/08/15(Thu) 10:00:19ID:Y1MzcyNzA
結果、日本不買運動は自国民を苦しめるだけw
そのうち気付くんじゃないか?

3名無し2019/08/15(Thu) 10:02:22ID:QzOTMxNjA
第2四半期の話だろ。日韓関係云々が関係ない段階でこれだよwwww

6名無し2019/08/15(Thu) 10:04:08ID:I5ODEzMjU
だから「NO 日本」から「NO 安倍」に変えて「全ては安倍が悪いのであって、一般日本人は悪くありませんよ」・・・なんて急に言い出したんじゃないの??

15名無し2019/08/15(Thu) 10:52:26ID:E1MjE4MjA
第三四半期が楽しみだ。

22名無し2019/08/15(Thu) 11:25:58ID:YxODEwMDA
現行737でもシンガポールまでは飛べるでしょう。シンガポール、タイ、台湾、ベトナムなど色々目的地は選べると思うよ。

25名無し2019/08/15(Thu) 12:07:46ID:kzMDAyMDA
こんなことになるのは不買運動が始まった時点で航空会社は当然懸念していたろうけど、それでも何も言えず、事態の成り行きを見守るしかなかったんだろうなと思うとちょっと気の毒。国民的に盛り上がっている反日活動に水を差す様なことを言ったところで効果が出る訳もなく、むしろ猛烈な非難を浴びてそれこそ致命傷になりかねないからね。

32名無し2019/08/16(Fri) 17:22:57ID:I3Mzk4NDA
韓国の航空業界は再編を迫られるね。

引用元:https://kaikai.ch/board/79560/?res=32

冷静に事態を分析しています。

韓国はどこへ向かうのか

赤字が続出している韓国の航空会社について見てきました。

第2四半期でこの状況では「日本には行かないキャンペーン」の影響が出る頃には、LCCの何社かは経営が立ち行かなくなる恐れがあります。

人員の解雇や倒産などの事態になれば、ただでさえ良くない韓国の経済がさらに悪化することになります。

通貨安も継続している中で、一体韓国はどこへ向かうのか見通しがし難い状況です。

韓国関連記事

関連記事

経済産業省は韓国向けの輸出管理を強化するとし、「フッ化ポリイミド」「レジスト」「フッ化水素」の3品を対象として4日から厳格な輸出手続きを行うことを発表しました。 韓国政府はこの決定に対しWTOへの提訴などを表明し、冷え切っている日韓関[…]

関連記事

韓国でホワイト国排除の騒動は収まらない中、韓国の通過ウォンの相場の対ドルは下落の一方を辿り、昨日には1ドル1207.69ウォンの値を記録しました。 韓国政府は今回のウォン安に対し何らかの対応を取ったのでしょうか。 また、通貨危機[…]

関連記事

2018年の間に韓国への旅行者が増加したとの調査結果が発表されました。 韓国と言えば芸能系コンテンツが特に強い印象が持たれています。 特に若者にはBTSやTWICEを筆頭としたK-POPアイドルが人気で、中高年の方には主にBS放送で[…]

最新情報をチェックしよう!