韓国が優遇対象国からWTOを度外視しして日本を外した理由は?対象品目と影響は?

韓国が日本を優遇対象国から外しました。

これにより韓国企業が日本へ輸出する場合、その手続が厳格化され時間がかかることになります。

安全保障上の問題がある場合は、輸出を厳格化することはWTOでも認められたルールです。

ところが韓国のこの措置には安全保障の問題は絡んでいません。

いわばWTOのルールを度外視した形ですが、なぜこの様な措置に踏み切ったのでしょうか。

そこで今回は、韓国が優遇対象国からWTOを度外視しして日本を外した理由や対象品目、そしてどんな影響が出るのかなど様々な角度からこの問題を取り上げまとめることにしました。

日本と韓国の報じ方

日本が韓国のことをホワイト国から除外して以降、韓国のメディアは感情的に日本のことを非難するものが目立ちます。

今回の韓国政府の発表を日本と韓国のメディアはどのように報じているのでしょうか。

比較して見てみることにしましょう。

優遇対象国除外となった日本の報道

まずは日本の報道から。

こちらです。

韓国、日本を輸出管理の優遇対象国から除外 9月ごろ

【ソウル=共同】韓国政府は12日、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る国のグループから日本を9月ごろに除外すると発表した。

戦略物資に関して包括許可の適用条件が狭まるほか、個別許可の審査期間が5日から15日に延び、手続きが厳格化される。

20日間の意見公募期間などを経て、除外措置を実施する予定。

日本政府が、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国(優遇対象国)」から韓国を除外することへの対抗措置とみられる。

成允模・産業通商資源相は12日の記者会見で、日本を念頭に「国際的な輸出管理体制の基本原則から逸脱して制度を用いたり、不適切な事例が続いたりしている国とは緊密な協力が難しい」と述べた。

引用元:日本経済新聞 2019/8/12 14:49(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48488250S9A810C1I00000/)

淡々と事実を伝えているという印象を受けます。

韓国の報道

一方、韓国メディアはどのように伝えているのでしょうか。

韓国政府、ホワイト国から日本を除外…対抗カードで態度の変化を促す

韓国政府も日本を戦略物資管理体制上の輸出管理優待措置国、つまりホワイト国(日本は8月2日より「グループA」に名称変更)から除外し、規制を強化することにした。

日本が明確な根拠の提示や協議なしにホワイト国から韓国を除外したことに対する後続措置の性格だ。

日本政府の一方的な輸出規制に対する韓国政府の対応意志を明確にすることで、日本政府の態度の変化を圧迫するためと見られる。

ソン・ユンモ産業通商資源部長官は12日、政府世宗(セジョン)庁舎で、日本を韓国のホワイト国関連規定の戦略物資輸出入告示上の「A地域」(カ地域)から除外し、新設される「Aの2」地域に分類する告示改正案を発表した。

ソン長官は「戦略物資国際輸出統制体制の基本原則に反して制度を運営したり、不適切な運営事例が持続的に発生する国とは、緊密な国際協力が難しいため、これを考慮した輸出統制制度の運営が必要だ」として、告示改正の理由を説明した。

ホワイト国からの除外で規制が強化される品目は1138の非敏感戦略物資である。

引用元:ハンギョレ新聞 2019-08-13 06:22(http://japan.hani.co.kr/arti/politics/34087.html)

日本が韓国をホワイト国から外したことへの後続措置だとしています。

韓国が日本を優遇対象国から外した理由

ハンギョレ新聞の報道を見ても明らかなように、日本が韓国をホワイト国から除外したことへの対抗措置と考えられます。

日本はWTOのルールに則り、安全保障上の問題から輸出を厳格化しました。

ところが韓国の主張は「不適切な運営事例が持続的に発生する国とは、緊密な国際協力が難しいため、これを考慮した輸出統制制度の運営が必要」という極めて曖昧な理由となっています。

WTOのルールからは逸脱しており、韓国が日本をWTOに提訴した場合は逆に問題になる可能性すらあります。

優遇措置除外の具体的な対象品目は?

報道によると1138品目で、代表的な品目は石油製品、鉄鋼、半導体を含む電子部品などになるものと考えられます。

これは韓国から輸入している品目では金額の大きいもので、去年の韓国からの輸入額は3兆5500億円余りですがその上位3位に入る品目です。

日本や韓国における影響はどうなる?

経済産業省は今回の措置を受けて内容を詳しく確認し、影響を分析することにしています。

また外務省の幹部は「直ちに大きな影響は出ないだろう。今のところは様子見だ」としており、実効性を疑問視しています。

一方、明確に影響が出るのは韓国の企業です。

韓国は内需が薄く、輸出に依存した経済構造になっています。

その輸出に手間がかかるわけですから、企業にとってはマイナスに作用します。

韓国の措置は韓国企業のマイナスになるだけ?

以上、韓国が日本を優遇対象国から外した件について要約してみました。

・韓国が日本を優遇対象国から外した理由は、日本が安全保障上の問題から韓国をホワイト国から外したことへの対抗策

・具体的な対象品目は1138品目とされている

・代表的な品目は石油製品、鉄鋼、半導体を含む電子部品の見込み

・日本側に生じる影響は今のところ小さい

・韓国側は企業の手続きが煩雑になり、マイナスに

韓国の現政権は来年の選挙まで日本を仮想敵に見立てて世論をコントロールすると予想されています。

日本は感情的にならず淡々と対応することが大事です。

韓国関連記事

関連記事

経済産業省は韓国向けの輸出管理を強化するとし、「フッ化ポリイミド」「レジスト」「フッ化水素」の3品を対象として4日から厳格な輸出手続きを行うことを発表しました。 韓国政府はこの決定に対しWTOへの提訴などを表明し、冷え切っている日韓関[…]

関連記事

韓国でホワイト国排除の騒動は収まらない中、韓国の通過ウォンの相場の対ドルは下落の一方を辿り、昨日には1ドル1207.69ウォンの値を記録しました。 韓国政府は今回のウォン安に対し何らかの対応を取ったのでしょうか。 また、通貨危機[…]

関連記事

韓国に対する輸出優遇措置である「ホワイト国」の除外に対するパブリックコメントの募集が締め切られました。 今後閣議によってホワイト国除外の決定が出されるものと見られています。 また実施された際に起こるであろう韓国の影響などについて[…]

最新情報をチェックしよう!