京浜急行脱線事故現場現在の様子は?現場写真のfacebook現在の運行状況は?

東京―神奈川間を走る私鉄電車である京浜急行電鉄で、5日に大規模な脱線事故が発生しました。

踏切内で停車したトラックと接触したことにより、先頭車両が脱線し倒れてしまうという大事故であり、多数の死傷者が確認されています。

またそれに伴い、運転区間の一部に遅れや運休が生じています。

その時の脱線事故の現場写真はどのようなものなのでしょうか。

また現在での運行などの復旧状況やfacebookなどはどんなものなのでしょうか。

今回は、京浜急行で起きた脱線事故のニュースについて現場の現在の様子やその現場写真、また現在の運行などの復旧状況やfacebookなどについてまとめました。

京浜急行の脱線事故のニュースと現場写真

9月5日の午前11時40分頃、京浜急行神奈川新町駅そばの踏切でトラックと電車の接触事故が発生しています。

それにより電車は先頭車両が大きく転倒し、その衝撃によってトラックの運転手は帰らぬ人となり、乗客は30人以上の重軽傷を負いました。

5日午前11時40分ごろ、横浜市神奈川区の京急線神奈川新町-仲木戸間の踏切で、青砥発三崎口行き下り快特電車(8両編成、乗客約500人)が、線路上で13トントラックと衝突。電車の1両目から3両目が脱線し、トラックは大破、炎上した。神奈川県警によると、トラック運転手の本橋道雄さん(67)=千葉県成田市=が死亡。乗客や電車の運転士を含む男女計33人が軽傷を負った。

引用元:産経ニュース(https://www.sankei.com/affairs/news/190905/afr1909050050-n1.html)

テレビでその現場について放送されており、ネット上でもその事故現場の画像を確認することができます。

トラックはレモンを積んでいた模様であり、現場付近にレモンが大量に散らばっている光景の画像も確認することができます。

京浜急行での脱線事故の詳細

事故の目撃者によれば、トラックは線路わきの細い道から右折して線路に入り、そのまま立ち往生したとされています。

運送会社が指定したルートではないとの証言や立ち往生してしまった状況などを踏まえ、トラック側に過失があるとして、神奈川県警は「自動車運転処罰法違反」の容疑で捜査する方針です。

また運輸安全員会の鉄道事故調査官により現地調査が当日に開始されています。

脱線事故があった京浜急行とは

京浜急行電鉄は、東京都港区から神奈川県の三浦半島までをメイン路線とした私鉄です。

また蒲田駅から羽田空港までの空港線もあり、総区間は87キロです。

外見は、一部の例外を除いて全て「赤」で統一されており、それが京急電鉄のイメージカラーにもなっています。

その最高時速は120キロと首都圏の電車の中でもトップクラスの速さであり、京急電鉄のファンからは「赤い彗星」と称されています。

京浜急行の脱線事故の現状

事故発生から、事故調査と共に復旧作業が行われています。

また事故により一部区間が運休状態となっています。

それらは具体的にはどのような状況なのでしょうか。

京浜急行の脱線事故の現状:事故現場

事故発生から夜をまたいで復旧作業は続けられています。

6日の午前6時の段階では、先頭車両から3両目までが現場に残っており、またトラックの一部が線路内に残っています。

6日には大型クレーンを現場に投入し、さらに作業員も増加した状態で復旧作業が進められています。

京浜急行の脱線事故の現状:運休と復旧

事故が起きたのは京浜急行の神奈川新町駅から仲木戸駅の間であり、神奈川新町駅のすぐそばです。

現在ではその区間を含めた一部路線が運休状態であり、JRを中心とする振替輸送が実施されています。

京浜急行の公式ツイッターでは現在の運休状態の発表が随時行われており、5日では「京急川崎ー上大岡」の間で運休されており、現在では「京急川崎ー横浜」の間で運休されています。

(https://twitter.com/keikyu_official/status/1169762641998303233)

現在のところでは今日中の復旧は難しい模様であり、明日7日の始発までに復旧・再開できることを目指して作業が行われています。

京浜急行の脱線事故の現状:facebook

事故に関するSNSとしてはツイッターでの投稿が多く、facebookやインスタグラムではあまり多くは確認できない状況です。

事故が発生してからまだ間もないこともあり、迅速に話が拡散しやすいツイッターで話題となっている模様です。

京浜急行の脱線事故の現状:「#がんばれ京急」

そのスピードや利便性から高い人気を博している京浜急行ですが、それらは京急の職員達の不断の努力によって支えられており、電車ファンのみならず通常利用者からも愛される私鉄となっています。

今回の事故に対してツイッター上では「#がんばれ京急」のハッシュタグの下、京急に対して激励を送る人が続出しています。

そのツイッターは5日23時の段階では2万5000件以上がツイートされ、今後も京急に対してエールが送られ続けるものと思われます。

京浜急行の今後の動向に注目

現状は調査中ですが、帰らぬ人が出ることにもなった大事故であることには間違いありません。

今後の早めの復旧とともに、新しいリスク管理を構築した上でこのような事故が二度と行らないよう期待したいところです。

今回は、京浜急行で起きた脱線事故のニュースやその現場写真、また現在の運行などの復旧状況やfacebookなどについてまとめました。

京浜急行関連記事

関連記事

2019年6月1日の午後8時すぎ、横浜市南部で運行している金沢シーサイドラインの起点である新杉田駅で、電車が逆走し車止めにぶつかると言う事故が発生しました。 それによって中にいた乗客も重軽傷を負っています。 この逆走事故は一体、[…]

関連記事

CDTVでは、3月の行事である卒業をテーマに歌った楽曲の特集として、「卒業ソングスペシャル2019」が放映されました。 CDTVなだけに、卒業にちなんだ楽曲がランキング形式で発表されます。 しかし、CDTVで提示されるランキング[…]

関連記事

デモや抗議活動が続く香港ですが、ついに大規模なストライキに発展しました。 公共交通機関はマヒ状態で地下鉄やバスなどは、若者らによる妨害工作で運行がままならなくなっています。 航空会社では職員がストライキに入ったため欠航が相次いで[…]

最新情報をチェックしよう!