こどもの日の由来を簡単に説明!端午の節句や鯉のぼり飾ったり菖蒲湯に入る理由は?

本日5月5日は端午の節句で「こどもの日」でもあります。

庭先やベランダに鯉のぼりを飾ってある光景をよく目にします。

それ以外にも、こどもの日には菖蒲湯に浸かるという行事もありますね。

こうした様々な行事は何を意味するのか、またこどもの日はどういった由来なのか、ということを理解している人や簡単に説明出来る人は多くはないのではないでしょうか。

そこで今回は、こどもの日の由来や端午の節句に、鯉のぼりやを飾る事や菖蒲湯入る事について簡単に説明致します。

端午の節句とこどもの日は5月5日

何故、こどもの日が5月5日に設定されたかということですが、これは5月5日が「端午の節句」であることに由来しているのです。

遥か昔、中国の暦法が日本に伝わり、それが定着して日本の歴となりました。

そして「節句」とはその中で季節の節目の日とされ、様々な行事が行われたのです。

それらは「5節句」と呼ばれ、以下の通りです。

人日(じんじつ)……1月7日・七草の節句
上巳(じょうし)……3月3日・桃の節句
端午(たんご)………5月5日・菖蒲の節句
七夕(しちせき)……7月7日・七夕
重陽(ちょうよう)…9月9日・菊の節句

今でも知られている行事が多いですね。

かつて宮中行事であったこの5つの節句を、江戸幕府が式日(しきじつ)として取り入れたことで、庶民の間にも広まっていったのでした。

この制度は明治になって廃止されますが、それでも行事そのものは今でも行われているのです。

端午の節句には菖蒲を用いた行事を行う

端午の節句は、また菖蒲の節句とも呼ばれています。

それは菖蒲が、縁起の良いものとして扱われていたことに由来するのです。

昔、中国では5月の時期は気候の変化による病気な死亡などが多かったため、「5月は悪月」として扱われていました。

中でも5日は「5」が重なる為に、さらに縁起の悪い日だとされていたのです。

そこでその日には、その香りが邪気を払い、こどもの生命力を強くする、とされた菖蒲を使っての様々な縁起物が考案され、実施されていたのでした。

菖蒲を煎じてお茶にして飲む・菖蒲を漬けたお酒を飲む・家の屋根や玄関に菖蒲を飾る、などがあり、そして菖蒲湯もその一つなのです。

菖蒲湯は体にいい

単なる縁起物としてではなく、実際に菖蒲湯は健康に良いものです。

菖蒲にはアサロンやオイゲノールなどの精油成分が多量に含まれており、血行促進・疲労回復などに効果を発揮し、腰痛や神経痛にも効果があります。

また上記の成分は香り成分でもあり、アロマテラピーとしても有用であります。

心身共にリラックスしたい方は是非試してみて下さい。

端午の節句は女性の為の物だった?

この菖蒲の節句に関する行事が日本に伝わった時は平安時代より前であり、実はその時には女性による行事として行われています。

5月は田植えの月であり、昔はそれを若い女性が行っていました。

田植えは神事であり、田植えをする女性は菖蒲で屋根をふいた小屋に前日からこもり、菖蒲酒を飲んで穢れを払った後に、田植えを行っていました。

端午の節句が男の子の成長を願う日

そして時が経つにつれて、そうした女性の穢れを払うと行事から、男の子の成長を祝うもの、としての意味が強まります。

これは鎌倉時代の武士の台頭と共に行われた、と言われており、「菖蒲」が「尚武(しょうぶ)」に通じる、また菖蒲の葉先が剣の刃先に似ていることから、武士達の間で縁起のよいものとして扱われたことによるものです。

江戸時代においては、5月5日は江戸幕府の重要な式日と定められ、大名や武家人が江戸城に参り、将軍にお祝いを奉じる日となります。

また、将軍家に男子が誕生すると、表御殿の玄関前に馬印やのぼりなどを立てて祝ったのでした。

こうした流れに伴い、5月5日の日が男の子の成長を祝う日という風潮になっていったのです。

現在のこどもの日は、男の子・女の子・母を祝う日

こうして女性のための行事、男の子のための行事という両面を通った後に、日本政府により1948年7月20日に制定された「祝日法」の中で祝日として制定されます。

「こどもの日」は、祝日法2条にて、

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」

との趣旨である、と説明されています。

これにより、男の子・女の子をそれぞれ平等に、そして母を祝う日として制定されたのでした。

端午の節句の鯉のぼりの由来

こどもの日のシンボルとして一番有名なのは「鯉のぼり」ですね。

5月の青空に浮かぶ鯉のぼりは、何ともすがすがしい光景です。

この風習の起源は中国にあります。

竜門という流れの早い川があり、その下流には色々な魚が群がっていますが、その流れに負けずに川を登り切れるのは鯉だけであり、そして登り切ることでその鯉が竜となった、という故事に由来します。

有名な熟語である「登竜門」はここから来ており、それがこの「こどもの日」において、こどもが健やかに成長していくことを願って取り入れられているのです。

飾る時期に関しては4月中旬から5月の初旬が目安です。

住宅事情によって難しい方なら、ベランダ用・室内用などをお勧めします。

端午の節句に柏餅を食べる由来

また、端午の節句につきものの食べ物と言えば、柏餅です。

柏は古くからおめでたい樹として扱われており、神事に使われています。

柏の葉は、枯れ葉となっても新芽が出るまで葉が落ちないことから、木の神様に守られている、と考えられ、そこから家系が途絶えない・子孫繁栄の意味に繋がっていったのです。

ただ、地方によっては柏餅ではなく、ちまきを食べることもあります。

おおまかに言えば、関東は柏餅を、関西はちまきを食べる傾向があると言われています。

こどもの日はこどもの健康と成長を願う

男の子の成長を祝うという風潮はまだ少なからずありますですが、今では性別に限らず全ての子供の健やかな成長を祝う日となっています。

そして鯉のぼりや菖蒲湯などの行事はその願いを形に表したものなのでした。

その願いの通り、全ての子供たちの健康と成長をお祈り申し上げます。

今回は、こどもの日や、端午の節句、鯉のぼりや菖蒲湯などの由来について簡単に説明しました。

こどもの日関連記事

関連記事

令和初のゴールデンウィークがいよいよ迫っています。 10日間も続く連休ですから、出来れば大充実させたいと気負ってしまうほど、何をすればいいか頭を悩ませがちです。 10日間というゴールデンウィークの中には、令和への改元を祝うイベン[…]

関連記事

東京ディズニーランドに行きたかった方。 待ち時間が長く感じていたかもしれませんが、ついにゴールデンウィーク2019が来ました。 今回のゴールデンウィークはなんと余裕の10連休です。 天皇即位に伴って、5月1日がお休みとなっ[…]

関連記事

令和元年を迎えた5月1日の午前0時には、日本中で「平成から令和へ」を祝うムードに包まれました。 新元号である令和を迎える瞬間が、新年元日を祝うのと似通ったものがあります。 そんな令和への期待が入り混じるなか、「平成と令和の境目」[…]

最新情報をチェックしよう!