マイクロソフトクラウドゲームのやり方画像フェイスブックは?Xboxやソニーは?

IT

アメリカのIT大手企業であるマイクロソフトは、ゲーム機本体やゲームソフトなどがなくても遊べる「クラウドゲーム」を今年10月から始める事を発表しました。

クラウドゲームに大手企業であるマイクロソフトが実際に参入し、クラウドゲームの市場は今後ますます盛んになると言われています。

このクラウドゲームのやり方はどのようなものでしょうか、またその画像やfacebookなどではどのような反応なのでしょうか。

既存のハードであるXboxやライバル関係であるソニーなどはどのようにクラウドゲームに参入しているのでしょうか。

今回は、マイクロソフトがクラウドゲームを10月から開始するニュースや、そのやり方や画像、facebook、Xboxとの関係やソニーなどについてまとめました。

クラウドゲームとは

クラウドゲームとは、オンラインゲームの1種であり、コンピューターゲームをストリーミング配信することによってそのゲームを楽しめるものです。

ゲームを管理するサーバー(クラウド)があり、それに対してプレイヤーが操作・マイク音声などの情報をネットを通じて入力します。

それに基づいた演算・処理・通信が全てサーバー(クラウド)の中で行われ、その演算処理の結果は動画・音声としてプレイヤーの元にストリーミング配信される仕組みです。

クラウドゲームのメリットその1

クラウドゲームの利点は、プレイヤー側に高度なデバイス(ゲーム機)が要らないことが挙げられます。

今までのゲームは、ゲームの内容をダウンロードしたり、またそれを処理するための高度な演算処理装置を持った高機能なデバイスが必要でした。

しかし、それらの演算処理を全てサーバー(クラウド)に任せ、プレイヤーは送られてくるストリーミングの情報を動画として展開できるだけの処理能力があるスペックのデバイスでプレイすることが可能になります。

クラウドゲームのメリットその2

クラウドゲームの第二の利点は、プレイヤーが高価なハードを購入することがなくなるという点です。

プレイヤーはゲーム機を買う代わりに、そのゲームをプレイする権利のようなものを購入してネットを通じて楽しむといった流れになります。

高価で場所を取るデバイスを購入することなく、そしてネットが通じる場所であるならばどこでもゲームを楽しむことが出来ます。

クラウドゲームのデメリット

ただ、デメリットも存在します。

現在のネットの通信技術では、ラグや遅延といった問題を完全に無くすことができません。

素早い反応を要求されるアクションゲームでは向いていないのではとい懸念があります。

また、サーバー(クラウド)にアクセスが集中することによって高負荷によりゲームがしづらくなるのではとも言われています。

マイクロソフトのクラウドゲーム開始の報道

「マイクロソフトはクラウドゲームを今年の10月から始める」と発表されましたが、最初に開始される場所は、アメリカとカナダである、とされています。

マイクロソフトのクラウドゲームの試み

この発表に先立つ昨年2018年10月初旬に行われた、世界最大級のゲームイベントである「E3 2018」でマイクロソフトはクラウドゲームについて言及しています。

さらに、マイクロソフトの公式ブログではクラウドゲームへの取り組みとして「Project xCloud」を発表しています。

全てのデバイスのプレイヤーに、Xbox One用のゲームをそのままクラウドゲームとしてPCやコンソール並のクオリティを提供することが目標とされています。

2019年には公開試験を行う予定です。

ソニー等大手ゲームメーカーのクラウドゲーム

まだ「クラウドゲーム」というものに対して馴染みが薄いと言えますが、大手ゲームメーカーでは既に発売されているものもあります。

例えば、ソニーでは「PlayStation Now」(通称:PSN)としてクラウドゲーム展開を行っており、月額制で用意されているゲームの中から遊べるようになっています。

任天堂でもバイオハザード7、アサシンクリードオデッセイ、ファンタシースターオンライン2などが用意されています。

また、クラウド業界のシェアに関してマイクロソフトやグーグルさえも凌ぐアマゾンもクラウドゲーム業界に参入するのではという予測や、クラウドゲーム市場は2022年には2018年の4倍である125.9億円の市場になるのではとの予測もあります。

今後ますますクラウドゲームの盛り上がりは、その高まりを見せると言っていいでしょう。

クラウドゲームの隆盛の背景

こうして大手ゲーム企業がしのぎを削るクラウドゲーム合戦が今後予想されますが、その背景には5Gがあるのではと言われています。

5Gとは「5Generation」の略であり、「第5世代移動通信システム」のことを指します。

この5Gによって、携帯・スマートフォンなどの通信技術やその設備は飛躍的な形で発展を遂げています。

その中で場所を選ばず安価で楽しめる新しいゲームのプレイスタイルが誕生すると予測されていることが、現在そしてこれからのクラウドゲーム合戦に繋がっていったと言われています。

マイクロソフトクラウドゲームの画像

今回のマイクロソフトのクラウドゲームに関してはまだ画像は確認できません。

しかし、「Project xCloud」に関しましては、タブレットや既存のXboxでプレイしているのが、画像や動画で確認できます。

おそらくはその形に近い形であると予想されます。

マイクロソフトに対するfacebookの反応

現在では発表されたばかりであり、個人のfacebookでは特に話題として挙げられてはいない状態です。

また、マイクロソフト公式のfacebookでも、まだそれに関して動きはないです。

クラウドゲームの今後の流れに注目

今回のマイクロソフトからクラウドゲームの開始が発表されましたが、5Gの普及に沿ってますますクラウドゲームはその数を増やしていくと予測されます。

今後ますます加熱し、その形を変えていくであろうゲーム市場に注視していく必要があります。

今回は、マイクロソフトがクラウドゲームを10月から開始するニュースや、そのやり方や画像、facebookの反応、Xboxとの関係やソニーなどについてまとめました。

最新情報をチェックしよう!