真夏日の定義とは?猛暑日との違いや気をつけるべき事に今後の気温の変化予想は?

段々と穏やかな暖かさが猛暑へと変わり始める今日この頃、ニュースなどではよく「真夏日」や「猛暑日」といったワードが聞かれてきました。

その中でも気になるのが、これらの言葉の定義について。

真夏日の定義とは何なのか、一体どこからが真夏日なのか気になりますよね。

また、これだけ暑い日が続きますので、体調管理などで気をつけるべき事や今後の気温の変化予想など気になるところです。

そこで、今回は真夏日の定義や基準について、また、猛暑日との違いや気をつけるべき事に今後の気温の変化予想と合わせてお伝えします。

真夏日と猛暑日の定義の違いは?

夏を迎え、暑い日が多くなるとニュースから「本日は東日本を中心に真夏日となり…」と決まり文句のように真夏日という言葉流れてきます。

そんな真夏日について、その定義とは何なのか、猛暑日とは何が違うのかについてまとめてみました。

真夏日の定義”最高気温30℃以上の日”

真夏日の定義について、気象庁では「最高気温が30℃以上の日を真夏日」としています。

最高気温が夏へ近づくに連れて上昇し始めると、真夏日というワードが頻繁に流れ始めるので夏限定と思われがちですが、実際の定義は最高気温が30℃以上を超えた場合です。

従って、どの季節であっても条件に合えば「真夏日」と言えます。

真夏日より涼しい!夏日の定義は”最高気温25℃以上の日”

また、真夏日とは異なる「夏日」について気象庁では「最高気温25℃以上の日」を示しており、上記の真夏日とは5℃かけ離れた状態を言います。

年間の中でも夏日は多く観測されていることから、世間では馴染みのある言葉として流れているものと感じられます。

真夏日より暑い!猛暑日の定義は”最高気温30℃以上の日”

ここまで来ますと、真夏日より暑い日を示すワードにも察しが付くはずです。

気象庁では「最高気温が35℃以上を示す日を猛暑日」としており、真夏日より暑い日こそが「猛暑日」であることが分かりました。

これからはニュースなどで猛暑日というワードが流れる度に、「今日は真夏日より過ごしにくい暑さになりそう」と想定することが出来ます。

真夏日より暑い猛暑日は「酷暑日」というマスコミ用語

実は最初から猛暑日というワードは世間で浸透しておらず、気象庁から2007年に「猛暑日の定義」について発表があるまでは、最高気温35℃以上を示す言葉が無かったのです。

そのため、2007年以前は真夏日より暑い日を「酷暑日」といい、マスコミの中で使用されるワードとして流れていました。

2007年においては暑い日が一段と続き、真夏日よりも暑いという意味合いで「猛暑日」が作られました。

ところで、最高気温が40℃を超えた場合は何というのかと言いますと、実はまだ定義が定まっていません。

現状では「猛暑日」以上が連続的に続くことは頻繁に見られておらず、最高気温40℃以上の日は1年の中でも圧倒的に少ないものと言えます。

しかし、年間の平均気温は日本を含む世界各国でも若干の上昇傾向にあるため、いつの日か「猛暑日」を超えるワードが定義されるかもしれません。

真夏日からの今後の気温はどう変化する?

真夏日を含む気象用語を知ったあとに気になるのが、今後の気温はどうなるのかという点について。

5月中旬は晴れが続いていますが、今後はどう変化していくのでしょうか。

気になる天気の変化と気温が高い日の注意点についてお伝えします。

真夏日の5月末から6月初めの気温は平年より高く30℃以上の日も

5月と言えば夏の初めに差し掛かる頃合い、気温は上昇しつつもそれほど上がることはない…と思った方、ご注意を。

令和初めの初夏は既にゴールデンウィークからスタートしており、平年の気温から見ても、今年の5月は気温が高いといえます。

5月末までの予想は東北地方では気温の変化は少なく、平年並みですが、関東から西日本・九州にかけては平年より高い傾向にあります。

5月25日土曜日においては、全都県所在地にて最高気温30℃以上を観測しており、真夏日と言えます。

海を挟んだ中国では38℃の気温を観測しており、今後5月末に掛けてそれらの暖気が日本海側へ到達するため、さらに気温が上昇すると見込まれます。

6月初めまで、5月同様の高い気温が続くと見込まれますので注意が必要です。

真夏日から6月中旬から梅雨入りで蒸し暑さが続く見込み

6月は梅雨入りの時期ですが、降雨によって一時的な気温の低下が見られるのも梅雨の特徴と言えます。

しかし今年度は平年の気温より高いことが予想されており、6月初めから天気のぐずつきを引きずったまま、梅雨の間も蒸し暑さが続くものと予想されます。

カラッとした天気は梅雨明けまで待ち遠しいものとなりそうです。

真夏日からの気温の変化で熱中症や脱水になることも

上記では平年より気温が高いことや場合によっては真夏日となることをお伝えしてきましたが、これらから最も注意すべき点は「熱中症」または「脱水」です。

いつもとは異なる季節的な気温の変化に対策を施すことがないまま過ごしていると、思わぬ熱中症に掛かってしまうことも少なくありません。

熱中症に関しては、症状としてめまいや立ちくらみ、筋肉のけいれんなどがあり、さらには意識の状態がいつもと異なります。

真っ直ぐ歩けていない場合は、重度の熱中症が考えられるため、すぐに医療機関へと向かいましょう。

熱中症対策としては、こまめな水分補給(特に電解質を含むもの)の他、汗を頻繁にかく場合は適量な塩分の摂取を。

また、日陰に入るなどして休憩を行うことも大変重要です。

脱水に関しては、普段の生活の中でも”油断”がその要因となることが多く、「いつもより気温が高く少し汗もかくけれど、今の時期は大丈夫」と言った正に5月現在にて起こりやすい状況と言えます。

脱水症状は唇の乾燥や皮膚をつまんでから離しても、すぐに戻らない状態です。

脚をつった感じや頭痛など、その度合いに対して明らかな体の異常が見られ始めます。

脱水症状への対策として、電解質を含んだ水分の摂取と休息が重要となります。

真夏日などの気象用語をチェックして暑さへの対策を

普段の何気ない生活の中でも、ニュースなどでは真夏日と流れていたり、今日は猛暑日とされている場合にはそのワードの定義からどれくらい気温が高いのかを予想することが出来ます。

今回の記事が、今後の気温変化への対策としてお役立ち出来れば幸いです。

真夏日関連記事

関連記事

2019年4月18日、女性誌「女性自身」が長澤まさみさんとリリー・フランキーさんの“交流”について報じました。 それによると4月初旬の深夜11時過ぎ、東京・銀座の居酒屋から現れた一団の中に、長澤まさみさんの姿があったといいます。 […]

関連記事

2019年も早5月も半ばの今時期、「今年の梅雨入りはいつなのか」気になりますよね。 関東地方でも最も雨が降る梅雨入りの時期ですが、あまりジメジメした日が長く続いて欲しくない、という方も多いと思われます。 また、梅雨の間は食中毒な[…]

関連記事

GWが終わると、次に訪れる月は6月、梅雨の月ですね。 この時期に毎年必ずやってくる面倒臭い梅雨に対し、準備して迎えたいものです。 さて、2019年の全国の梅雨入り、そして梅雨明けの予想はいつ頃であり、また例年と比較して暑さや湿気[…]

最新情報をチェックしよう!