文在寅のルーツと出身は?これまでの経歴画像facebook反日に徹する理由は?

2012年に韓国の大統領として文在寅氏が就任して以来、韓国による反日はその勢いをさらに伸ばしており、現在ではGSOMIAの破棄を行うなど深刻なレベルになっています。

これほど文大統領が反日に徹している理由は文氏のルーツや出身に起因するとも言われていますが、それは一体どのようなものなのでしょうか。

またこれまでの経歴や画像・facebookなどはどんなものなのでしょうか。

今回は、文大統領のルーツや出身、またそれによって反日に徹する理由や、経歴・画像またfacebookなどについてまとめました。

文在寅とは

文在寅氏は、韓国の大統領です。

韓国の大統領としては第19代に当たります。

弁護士として活動した後に、第16代韓国大統領である盧武鉉大統領の側近として政治に携わっています。

2012年に国会議員として当選した後、12月の大統領選挙に出馬しますが、この時には朴槿恵氏が選ばれており、朴氏は第18代韓国大統領となっています。

2017年に朴大統領が弾劾の後に罷免されたことを受けて大統領選が開始され、その時に当選したことで大統領に就任しています。

文在寅のfacebookなどのSNS

文大統領はSNSを利用しており、facebookを始めツイッターやインスタグラムにアカウントがあります。

継続して利用しており、facebookでは昨日23日の投稿が閲覧できます。

文在寅による激しい反日

元々韓国は反日の土壌がある国であり、歴代大統領も少なからずその傾向がありましたが、その中でも文大統領の反日は特に著しく高い、とされています。

最近話題となった徴用工問題も、韓国の歴代大統領は日本との関係悪化が著しくなることを予想し、穏便な形で収めてきたと専門家は指摘しています。

「2012年に現職大統領として初めて竹島に上陸した李明博氏(在職2008〜2013年)も、もともとは反日的ではなかった。
慰安婦問題の交渉で当時の野田佳彦首相が冷淡な対応をしたことに怒り、その反動で反日に転じたというのが実情だ(*)。
左派の盧武鉉氏(在職2003〜2008年)でさえ、徴用工問題は1965年の日韓協定で解決済みとし、国家間の約束を反故にしたりはしなかった。

 【*2011年、韓国憲法裁判所の決定を受け、当時の李明博政権が慰安婦問題の解決を日本に迫ったことから関係が悪化した】」

引用元:zakzak(https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190125/soc1901250013-n2.html)

文在寅が激しい反日を行う理由

文大統領が北朝鮮に対して少なからぬ好意を抱いているのはそのルーツに確認できますが、文大統領が反日を繰り返す理由はどのようなものなのでしょうか。

専門家によれば、文大統領は南北の統一を目的としており、それに向けて政策を行っているとしています。

「文氏の頭には一貫して「南北統一」があり、それこそが政権の最重要課題にほかならないからだ。南北統一こそが大目標であって、すべての政策はそこから出発している、とみていい。
(一部略)

文政権にとって、48年以来、韓国を主導してきた親日保守派は「民族の敵」であり、清算すべき対象である。
これに対して、親日勢力を人民裁判で一掃したうえで建国した北朝鮮こそが「民族にとって正統な政権」と考えている(同書)。
正しいのは北であって、これまで間違っていたのは南の親日勢力なのだ。」

引用元:現代ビジネス(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66554?page=2)

文大統領が南北の統一に関して並々ならぬ意欲を示しているのは明白であり、それの実現に向けて大きく寄与するのか紛れもなく「反日」です。

文大統領が描いている南北統一の中に親日保守派は必要なく、そして現在韓国で反日を行うことは支持率が上がる結果ともなり、まさに一石二鳥の意味があるのです。

文在寅の政策の動向

とはいえ、現在のところでは北朝鮮は韓国の政策に対してあまりよい印象を持っていない状況です。

また南北統一をすることで経済的に強力になり、アジアの強国になれると考える韓国人は多いですが、現在の北朝鮮の現状を考えれば絵に描いた餅ではないか、と指摘する専門家もいます。

文在寅の経歴

文大統領はかつてない勢いで反日政策を行っていますが、それは文大統領の出身やルーツにその原因を見ることができる、とされています。

では、文大統領のこれまでの経歴などを探ってみましょう。

文在寅の経歴:出生

文大統領は、韓国の釜山から南西に位置する巨済島が誕生地です。

両親は朝鮮戦争の勃発に伴い北朝鮮を脱出し、そして巨済島にある捕虜収容所に送られ、その中で文大統領は産まれたのでした。

「〈(両親は)祖父母を残し、まだ乳幼児だった姉を連れて避難してきた。父の家族は、近い親戚も一緒に避難してきていたが、母の親戚は誰も来られなかった。母の実家は興南の北側に流れる成川江の向かいにあったが、興南に渡るための橋を米軍が閉鎖したためだ。(巨済島で)父は捕虜収容所で働き、母は卵を巨済で安く買い、釜山まで行って売る行商をし、貯金をした。貯金したお金で文が小学校に上がる少し前、釜山の影島に移住した〉(*一部要約)」

引用元:文集オンライン(https://bunshun.jp/articles/-/13543?page=4)

そこでの生活は厳しく、かなりの貧困であった、とされています。

文在寅の経歴:青年時代

家族総出で仕事に明け暮れる中、慶熙大学法学部に進学し、妻である金正淑さんと知り合い在学中に結婚します。

また学生運動も行っており、当局に2回逮捕されるなどもあったとのことです。

大学を卒業した後は先輩弁護士であった盧武鉉大統領と共に弁護士事務所を開設し、人権派弁護士として活躍しており、この時には政治入りはまだ全然考えていない状態でした。

「文氏は、後の大統領、盧武鉉氏と共に弁護士事務所を開き、“人権派弁護士”としての道を歩んだが、政治への関心は薄かった。」

引用元:文集オンライン(https://bunshun.jp/articles/-/13543?page=4)

文在寅の経歴:政治家

しかし、盧武鉉が2003年に大統領として就任するに当たり、彼の側近を務め、政界に大きくかかわりを持つことになります。

2008年に盧武鉉が下野した後に一時的に弁護士に戻りましたが、韓国第15代大統領である金大中に請われる形で政界に戻り、様々な政治活動の後に2012年に国会議員として当選を果たしています。

そして2012年の大統領選挙では落選しましたが、2017年の大統領選挙で当選し、第19代韓国大統領に就任したのでした。

文在寅のルーツ

こうしてみると、文大統領のルーツは両親が元々住んでいた北朝鮮にあると言えます。

そして文大統領は北朝鮮に対して、少なからぬ好意を持っていると思われるエピソードもあります。

「04年には、南北離散家族再会行事で、文氏は母親とともに北朝鮮の金剛山に渡った。ここで母方の叔母と再会している。
「文氏は当時、『今回の機会に(北の家族と)会った人々が、ずっと手紙の交換ができるよう南北間当局レベルで協議が推進されればよい』と発言しています」(公安関係者)」

引用元:文集オンライン(https://bunshun.jp/articles/-/13543?page=4)

今後、文大統領の動向に注目が集まります。

文在寅や周辺諸国の動向に注目

かつてないほど日本と韓国の間には緊張状態が生じています。

文大統領は自身のルーツである北朝鮮との統一を目指していますが、そのために行われた政策は日本を始め、アメリカにまで悪い関係をもたらしています。

そのなかで韓国や北朝鮮はどのような行為にでるのか、注目が集まります。

今回は、文大統領のルーツや出身、またそれによって反日に徹する理由や、経歴・画像またfacebookなどについてまとめました。

文在寅関連記事

関連記事

経済産業省は韓国向けの輸出管理を強化するとし、「フッ化ポリイミド」「レジスト」「フッ化水素」の3品を対象として4日から厳格な輸出手続きを行うことを発表しました。 韓国政府はこの決定に対しWTOへの提訴などを表明し、冷え切っている日韓関[…]

関連記事

2018年の間に韓国への旅行者が増加したとの調査結果が発表されました。 韓国と言えば芸能系コンテンツが特に強い印象が持たれています。 特に若者にはBTSやTWICEを筆頭としたK-POPアイドルが人気で、中高年の方には主にBS放送で[…]

関連記事

韓国に対する輸出優遇措置である「ホワイト国」の除外に対するパブリックコメントの募集が締め切られました。 今後閣議によってホワイト国除外の決定が出されるものと見られています。 また実施された際に起こるであろう韓国の影響などについて[…]

最新情報をチェックしよう!