モンキーパンチが死去!金曜ロードショーでルパン三世追悼放送内容や死因等まとめ

漫画「ルパン三世」の原作者のモンキー・パンチさん(本名・加藤一彦=かとう・かずひこ)が4月11日午前7時26分、肺炎のため死去しました。
4月17日、モンキー・パンチさん公式サイトから発表されました。

日本テレビは17日、肺炎が原因で死去したモンキー・パンチさんの追悼番組として、19日の「金曜ロードSHOW!」(午後9時より)で代表作の一つ「ルパン三世 ルパンVS複製人間」を放送すると発表しました。

モンキー・パンチさんの死因は何か?

公式サイトより

漫画家であり有限会社MPスタジオ代表のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)が、2019年4月11日(木)午前7時26分、肺炎のため逝去しました。
享年83歳。故人の遺志により、葬儀につきましては近親者のみにて執り行いましたことをご報告いたします。
ここに皆々様の生前のご厚誼を深謝いたします。ありがとうございました。

(原文まま)

モンキーパンチは肺炎により死去

11日、肺炎のため死去した「ルパン三世」の生みの親でマンガ家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さん(享年81)に対し、アニメでルパン役を務めている栗田貫一さんが「終わりのない不安とプレッシャーの日々の中、笑顔で接してくださる先生に救われていました。

『何も心配するな』……と、守られていた気持ちでした」と追悼と感謝のコメントを寄せられました。

栗田さんは、1995年、劇場版アニメ「ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス」の製作中に故・山田康雄さんが倒れ、ルパン役を代役を務めました。

栗田は当作のみ「代役」となっており、正式に後任となったのは次作であるTVスペシャル『ルパン三世 ハリマオの財宝を追え!!』からでした。

その後約25年にわたってルパン役を務めていました。

モンキー・パンチさんは北海道生まれ

モンキー・パンチさんは北海道浜中町に生まれました。

霧多布高校定時制に通いながら放射線技師の助手を務められました。

19歳で漫画家を目指して上京し、貸本屋の漫画を描く仕事で生計を立てていました。

その中、1965年(昭40)に双葉社「漫画ストーリー」から「プレイボーイ入門」でデビューしました。

翌年、同誌の清水文人編集長の提案を受け「モンキー・パンチ」をペンネームに変更しました。

清水編集長が新人に適当に付けた名前なので本人は気に入っていませんでした。

1年ほどで変えるつもりでしたが、この名義で翌年に発表した作品が大ヒットしてしまったので変えられなくなってしまいました。

そして1967年(昭42)に「週刊漫画アクション」で「ルパン三世」の連載をスタートしました。

「ルパン三世」は1971年(昭46)に日本テレビ系でアニメが放送され、映画化もされるなど日本を代表する漫画、キャラクターとなりました。

2019年5月31日には映画最新作「LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘」(小池健監督)が公開される予定です。

ルパン三世が連載されてから44年後の、2015年に東京アニメアワード2015・アニメ功労賞を受賞しました。

他にも、2016年に北海道新聞文化賞を受賞。

2017年には専門学校札幌マンガ・アニメ学院顧問に就任されました。

ルパンの声優を務めた栗田さんの追悼コメント

栗田さんのコメントより

「声優経験のない自分が、先生から大切な「ルパン三世」をまかせていただき二十数年。
初めてお会いした時からずっと変わらず、いつも笑顔で、優しく、穏やかで、温かく。
終わりのない不安とプレッシャーの日々の中、笑顔で接してくださる先生に救われていました。

「何も心配するな」……と、守られていた気持ちでした。

先生の故郷・浜中町に何度もご一緒させていただき、いろいろなお話をうかがったのは自分だけの宝物にさせていただきます。
本当にありがとうございました。ご冥福をお祈り申し上げます。

栗田貫一」

と、述べられています。

声優としてルパンを25年務められた栗田さんだからこそ思う気持ちもあることでしょう。

追悼番組はいつ放送される?

日本テレビは4月17日、11日に肺炎のため死去した漫画家のモンキー・パンチ(本名加藤一彦=かとう・かずひこ)さんの追悼番組として、19日の「金曜ロードSHOW!」(午後9時より)で代表作の一つである「ルパン三世 ルパンVS複製人間」を放送すると発表しました。

4月19日の金曜ロードショーで放送

「金曜ロードSHOW!」では、これまで「ルパン三世」のテレビ特番や劇場版を長年にわたって放送されてきました。

今回はモンキー・パンチさんへの哀悼の思いと感謝の気持ちを込めて、劇場版第1作の同作品を届けます。

アクション、ストーリー、心躍るテーマ曲。

すべてが秀逸で、最強の敵・マモーとルパンが大バトルを繰り広げる名作として知られている、「ルパン三世 ルパンVS複製人間」が放送されます。

当日の放送を予定していた「名探偵コナン 天空の難破船(ロストシップ)」の放送については未定です。

翌週26日は「名探偵コナン ゼロの執行人」を予定通りオンエアするということです。

1990年から金曜ロードショーで放送

1989年の第1作『ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!』は、土曜スーパースペシャルにて放送されました。

その後、1990年から2013年までは、コラボ作品も含めて毎年新作映画を製作していました。

第18作を除く作品については、1年に1作品、7月最終週から8月初旬頃の夏休み序盤に放送していました。

2019年1月25日には、3年ぶりとなる新作の第26作『ルパン三世 グッバイ・パートナー』が放送されました。

追悼の意を込めて鑑賞

モンキー・パンチさんは4月11日、肺炎のため死去されました。

日本テレビにて、モンキー・パンチさんの追悼番組として、4月19日に「金曜ロードSHOW!」(午後9時より)で、「ルパン三世 ルパンVS複製人間」が放送されます。

「ルパン三世」が1971年に連載されてから50年近く、幅広い年代の方に親しまれています。

原作者のモンキー・パンチさんへの追悼の意を込めて、放送日には鑑賞する方が多いことでしょう。

最新情報をチェックしよう!