中川翔子の免許証にしようこと本名が記載!その理由は?最近何してるの?

マルチタレントである中川翔子さんが、念願の運転免許を取得し、その免許証を画像でツイッターに上げていることが話題となっています。

中川さんの免許取得に対する喜びのコメントに、ファンは「良かったね」「おめでとう」など暖かい声で迎えています。

「平成最後に免許取れてよかった」と語る中川さんの運転免許証の画像を見てみると、写真写りの良いキレイな顔の中川さんの写真と、「中川しようこ」の名前が載っています。

中川さんの本名は「しょうこ」ではなく、本当に「しようこ」であり、それもまた話題となっています。

今回は、中川さんの運転免許取得や「しようこ」という本名、また最近の活動について調べてみました。

中川翔子さん、運転免許証取得

昨日4月10日の夜、中川さんは自身のツイッターで、運転免許を取得したことを報告しています。

中川さんは取得に対し、「免許取れてよかったあああGETWILD!!!!」と喜びを露わにしています。

仮免、学科、そして技能のいずれも一発で合格したようであり、そしてその運転免許証を、住所と番号はピンク色で伏せてあるものの、画像でアップしています。

中川翔子さんの本名は「しようこ」である理由

中川さんは名前部分も公表しており、そこには「中川しようこ」と記載されていることも話題となっています。

著書やバラエティ番組で既にそれについて語っていたようで、ファンの間では常識だったようですが、知らない人には少し奇異に映ったようで話題になっています。

なぜ本名が「しようこ」になったかと言うと、中川さんの両親は「薔子(しょうこ)」と名付けるつもりだったとツイッターで理由についてもつぶやかれていました。

ところが、「薔」の文字が人名に使える漢字ではない、とした区役所が出生届を受理をしなかったのです。

そんないざこざにお母さんが短気をおこしてしまったらしく、平仮名で「しょうこ」と書いて提出したところ、「ょ」が「よ」と判読されてしまったらしく、公的には「しようこ」として登録されてしまった、とのことです。

中川さんはその事実を知らず、21~22歳の時にパスポートを更新しようと戸籍謄本を持って役所に行ったところ、職員から「中川しようこさん」と呼ばれ、「しょうこです」と返した所、職員から「あなた『しようこ』ですよ」と言われ、初めて気付いたと、語っています。

免許証の有効期限

また、注意力の鋭い方のコメントで、有効期限の部分で西暦と元号(平成)が同時に表記されている、というのがありました。

現在では運転免許証の有効期限は西暦と元号が一緒に表記されています。

元号である平成は、今月を持って終了となるので、西暦と平成が同時に表記される運転免許証は、その方式が開始された先月3月と今月4月に運転免許証を取得・更新した方のみとなります。

中川さんの運転免許証は、そういった意味でもレアものと言えますね。

西暦と元号の併記

昨年12月に、警察庁から運転免許証の有効期限について、西暦と元号を併記する、と発表がありました。

外国人ドライバーの増加により、元号から西暦へと変更する予定だったようですが、意見公募では反対や併記を望む声が多く、その要望に沿った形で運用することになりました。

2019年3月より開始され、各都道府県でシステムが構築された次第、移行するようです。

中川翔子さんの最近の活動

自ら「オタク」であるとカミングアウトし、タレント活動初期からそれに沿った活動をしている中川さんですが、それは今でも変わってなく、現在の中川さんの活動も「オタク」に関連したものが多いです。

4月8日、2019年7月12日公開予定である、ポケットモンスターの映画である「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」の主題歌を、あの小林幸子さんとコラボ歌唱すると発表がありました。

「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」は1998年に公開された「ミュウツーの逆襲」のフル3DCG映像によるリメイク作品です。

「ミュウツーの逆襲」はファミリー向けとしては重厚なテーマだった内容にも関わらず、1998年の年間興行収入ランキング一位であり、ポケモン映画の中でも特に人気の高い作品です。

そしてそのエンディングテーマである小林幸子さんが歌った「風といっしょに」もまたポケモンファンのみならずアニメファンの間で人気の高い曲です。

同映画、曲、そして小林幸子さんの大ファンである中川さんは「夢よりすごい奇跡」とし、愛をこめて歌った、と語っています。

また3月21日に放送されたテレビ朝日系の番組である「アメトーーク!SP」では芸能人の中でも絵心がある方として出演し、その画力を披露しています。

共演した出演者はもとより、SNS上でも放送を見て感心した人達から「すごい」「上手すぎ!」などの驚きの声が上がっています。

中川翔子さんはマルチタレント

中川翔子さんは、ワタナベエンターテイメントに所属するマルチタレントです。

東京都中野区出身であり、1985年生まれです。

バラエティ番組の出演のみならず、歌手や声優としても活躍しています。

漫画やアニメのオタクである中川さんはその方面での活動が多く、アニメの主題歌である「空色デイズ」でブレイクして2006年の紅白歌合戦に出場しています。

免許取得、おめでとうございます

「オタク」系タレントとして、自分の好きなものには集中して取り組む中川さん。

一発で全ての試験を通ったのも、実は好きなものに対する集中力が現れた結果かもしれません。

「Get Wild」を歌いながらの楽しいカーライフを送って欲しいですね。

中川翔子さんがSNS上にアップした免許証によって本名がしようこと記載されていることが分かりました。

その理由に対して結果オーライとツイートする中川さんが凄いです。

最近はNHKで新元号特集番組や大好きなアニメ関連であるポケモンの主題歌を歌唱されたりと、これからも中川翔子さんの幅広い活躍から目が離せません。

最新情報をチェックしよう!