オンラインサロンは会員制の情報商材?利用料金は?リスクは?

ここ数年、新しい双方向のやり取りを行うネットコミュニティの形として、「オンラインサロン」というものが話題になっています。

2012年にそれに関するプラットフォーム事業が開始して以来、その利用人数は増加の一方を辿っています。

今回は、今後もますます盛んになるであろう「オンラインサロン」について纏めました。

オンラインサロンとはネット上でのコミュニティ

「オンラインサロン」とは、ネット上でのクローズドな(閉じられた)コミュニティのことを指します。

あるテーマに基づいてそのコミュニティを開始した主宰者と、その内容についての情報をやり取り参加者である会員によってそのコミュニティは成立します。

その中で主宰者と情報についてのやり取りをしたり、また参加者同士でも行ったりします。

参加するには料金が掛かります。月額での支払いが一般的です。

教育やファンサイトに使われることが多い

そのコミュニティが目的とするテーマは色々あります。

学問やスポーツ、社会生活に必要な知識を持ち合わせているその道のエキスパートの人が、その卓越した技量を伝える為に開催する、いわば教育的なものが多いです。

また、著名なタレントやアイドル、アーティストの方々が、ファンとの深い交流を行う為に開いている、所謂ファンサイトとして開催しているのもあります。

時にはネットを飛び出し、オフラインで集まってイベントを行うこともあります。

テーマとしてよくあるもの

教育関係でオンラインサロンでよく使われるキーワードを見てみると、

ビジネス
教育
企業
副業
美容
恋愛

などです。生活する上で気になる情報ばかりですね。

勿論、上記以外にも沢山あり、それぞれ自分に必要な知識のサロンを選べますし、また自分で主宰することもできます。

Facebookを使っての会員制

オンラインサロンは会員制で行っています。

故に誰でも利用できる訳ではなく、会員申請を行った上での入会となります。

会員のみ参加可能な非公開のFacebookグループが使われることが多いです。

オンラインサロンは基本的には情報の流出を固く禁じています。

それによって他では得られない深い知識など有益な情報を得ることができるのです。

情報商材とはネットを使って情報を売買すること

オンラインサロンの説明を聞いて、「情報商材」を連想した方もいらっしゃると思います。

情報商材とは、ネットを使って売買する情報のことです。

代表的なものはメールマガジンですね。

またネットを見ている時に、「~についての情報を教えます」みたいな広告もよく見ます。

金銭のやり取りを行った上で、情報のやり取りを行う。

確かに情報商材として捉えることはできるでしょうね。

時間と距離の短縮

ただ、そういった従来の情報商材と一線を画している点は、主宰者との距離です。

それまでの情報商材は、大多数の人向けに作ってある、いわば教科書的なものでした。

個々の状況に対応していない部分も多く、質問しても回答まで多大な時間が掛かります。

それに対して、こちらは直に主宰者本人に向かって尋ねることが出来ます。

タイムラグなくして質問の答えが出ることになり、これは会員のみならず主宰者としてもリアルタイム形式で良い、という方もいます。

また主宰者のみではなく、会員同士の距離も近くなります。

皆が色々話し合う中でお互い気の合った仲間になり、そちらでの交流もできるのです。

新しい可能性も

このようにオンラインサロンは情報商材か、ファンサイトとして使われるのが主です。

ところが、また新たなオンラインサロンの使い方を行っている人がいます。

タレントの西野亮廣さんは、オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」を主宰しています。

なんとその会員数は2万2千人を突破しています。

日本でも最大です。

ご本人も、かつて「夕張市の人口を超えた」とその巨大な人数を誇っています。

ここで西野さんは様々な企画を打ち立てています。

どれも突飛で驚くような企画です。

そしてその企画を成功させる為に、会員費を使ったり、また募金を求めたりなど行動しています。

この面白そうな企画に主として参加できるのが会員です。

つまり会員はこのイベントに参加できる権利を会員費として払っている、と言えます。

ここで西野さんに求められる役割は、イベントを企画する能力であり、またオンラインサロンそのものが向かうべき方向の決定です。

西野さんは、市長が市の行方を決定するように、サロンの行方を2万2千人を代表して決定しているとも言えるのです。

これはネット時代の新たなるコミュニティの形と言えるでしょう。

料金は数百円から数千円

料金はそのサロンによって様々です。

月額500円の所もあれば、数千円する所もあります。

上の西野さんのサロンは月額1000円ですし、ホリエモンで有名な堀江貴文さんのサロンは月額一万円です。

堀江さんのサロンは、会社経営や新しいビジネスの形を参加者で討論するなど、高度なものとなっています。

やはり一般的な商品と同じく、基本的には質と価格は一致するのでしょうね。

メールマガジンは大体1000円が基本です。

全体的には、メールマガジンより割高と言えるでしょうね。

近い距離から起こるリスク

近年のオンラインサロンの隆盛に伴い、問題化しているのが悪質なサロンの急増です。

クローズドであることは情報の流出を防ぎますが、これは一長一短です。

良い情報を限定的に得ることもあれば、悪い間違った情報を得てしまうこともあります。

また、主宰者や会員と距離が近いことが悪く働くこともあります。

それによって悪意のある相手と近しくなり、その中で悪質な金銭のやり取りが行われることもあります。

一般的な詐欺対策と同じく、相手の話をよく聞き、甘い言葉に惑わされることなく、嫌なものにはノーと答えるようにしましょう。

まだまだ始まったばかり

今後もますます盛り上がるであろうオンラインサロンですが、それはまた色々な問題が浮上してくることでもあります。

今後も動向に要注意ですね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!