禁止の北京ビキニとは!その衝撃画像に他にもあるある中国異文化おもしろネタ

中国には「北京ビキニ」なるものが存在するんだそうです。

そして今後は禁止されるんだとか。

でも「北京ビキニ」って、そもそも何なんでしょう。

ロマンチックな響きですから見てみたい気もします。

そこで今回は禁止の流れにある北京ビキニとその衝撃画像や、他にもあるある中国異文化のおもしろネタをご紹介しましょう。

いずれも今後は取締が厳しくなるはずですから、見納めになるかもしれませんよ。

北京ビキニ禁止を伝える報道

「北京ビキニ」禁止について朝日新聞は次のように伝えています。

中年男性が炎天下にシャツから腹を出して暑さをしのぐ――。

中国ではシャツをまくった姿を「北京ビキニ」と呼ぶほど定着しているが、当局が「非文明的」として規制する動きが出始めた。

「規制は公共マナー向上につながる」と歓迎する声がある一方で、なじんだ光景がなくなることを惜しむ声もある。

山東省の済南市政府は1日、公園や広場などで上半身裸になることは「非文明的」として、改善に取り組むよう関係機関に通知した。

市の担当者は中国紙の取材に「都市のイメージを高めるため、腹出し行為をなくす必要がある」と答えた。

天津市でも公共の場で上半身を裸にする行為に罰金を科すなど、同様の動きが広がっている。

北京の50代の共産党関係者は「私も昔は暑い日にシャツを上げて過ごしていたが、今はやっていない。

時代の流れだ」とこぼした。

引用元:朝日新聞 2019年7月7日18時03分(https://www.asahi.com/articles/ASM774PY1M77UHBI00W.html)

シャツをまくったおじさんのことでしたか。

何だか残念です。

北京ビキニの衝撃画像はこちら

まあ、一応画像を見てみましょう。

こちらです。

おじさんがお腹を出して歩いてます。

これは禁止されても仕方がないかもしれません。

北京ビキニ以外にもある中国異文化おもしろネタ

中国では日本や欧米では見かけることのないおもしろ光景が見られます。

いつかは取り締まり対象になってしまうかもしれない文化かもしれないので、禁止される前に見ておきましょう。

禁止になりそうな衝撃事情

・禁止になってもおかしくなさそうな飛行機がオーバーランした時の対応

中国では飛行機がオーバーランした時は乗客が押し戻す羽目になります。

状況がよくわかりませんが、乗客に危険はないのでしょうか。

・禁止にはならない?中国のプール事情

中国のプールはご覧の通りの状態です。

プールの数が足りないのか、人の数が多すぎるのか、あるいはその両方なのか。

どうなんでしょう。

・禁止になってもおかしくなさそうなトラック事情

中国ではトラックの運搬方法がダイナミックです。

ロープが切れたら大惨事になります。

横を通るのも怖いです。

実際に禁止になったものも

・禁止になったラピュタマンション

うん、中国は建築物もダイナミックな感じです。

禁止にした方が良さそうな睡眠

・禁止にならない?ハンモック

物凄い器用に寝ているポリスメンです。

安眠できている体勢には見えませんが、木漏れ日が気持ちよさそうです。

・禁止にならない?ハンモックその2

これはハンモックと言っていいのかどうか。

器用でバランス感覚がいいのはわかりますが。

もしかしたら雑技団の方でしょうか。

北京ビキニは禁止になるけれども

以上、北京ビキニと中国異文化おもしろネタをご紹介しました。

しかしなんというかダイナミックというか、素朴過ぎるというか。

そのうちいろいろ規制が強化されるとこうした光景も見られなくなるとは思いますが、広い国ですから地方にまで浸透するには時間がかかるでしょう。

禁止関連記事

関連記事

2019年3月10日にアベマでおなじみのインターネットテレビ「AbemaTV」は、「勝ったら1000万円」企画の第四段として「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」を発表しました。 そして、同時に対戦者の募集を開始しました。 […]

関連記事

2019年4月17日、「東方神起」の元メンバーで現在「JYJ」のメンバーであるパク・ユチョンさんが、薬物疑惑についての取り調べを受けるため、韓国の警察に出頭しました。 パク・ユチョンさんは、詰めかけた報道陣に対して「ありのまま誠実に捜[…]

関連記事

22日に、人気アイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバーであった田口淳之介さんと、女優の小嶺麗奈さんが厚生労働省麻薬取締部に大麻取締法違反の疑いで逮捕されていたことが判明しました。 ファンや関係者のみならず、一般の人達にも衝撃が走[…]

最新情報をチェックしよう!