令和は万葉集から!現代語訳でわかりやすくすると意味は?万葉集とは何?

今日4月30日は「平成最後の日」であり、明日からは新しい元号である「令和」へと切り替わります。

元号にはルールがあり、歴史書の有名な一文を使って作り上げる、というものがあります。

「平成」や「昭和」もそのルールに沿って作られましたがいずれも中国の歴史書であり、今回の「令和」は日本最古の歌集である「万葉集」の一文から作り上げた単語であったことが話題となっています。

そしてその中で「万葉集」とはいかなるものか、ということにも興味が注がれています。

今回は、「令和」の典拠となった万葉集について、「令和」が含まれている文やその現代語訳、また万葉集そのものについて調査し、まとめました。

令和は万葉集からの引用

4月1日、新元号発表のための記者会見の場で、菅義偉官房長官より新元号は「令和」と発表されています。

菅官房長官は新元号の出典についても言及し、それは「万葉集」の「梅花の歌三十二首」から引用したものであるとコメントしています。

その令和が含まれている部分は以下のようなものです。

時に、初春の令月にして、気淑く風和ぐ。

この中から「令」と「和」を抜き出して、新元号「令和」が生まれたのでした。

万葉集から選ばれた令和について安倍総理の談話

また今回のこの「令和」について平成の時とは違い、安倍総理自ら談話を行っています。

今回の元号に対し、「人々が美しく心を寄せ合う中で、新しい文化、新しい時代を切り開いていく」との願いを込められているとのことです。

また記者からの「元号決定の決め手はなにか」という質問に対し、

我が国が誇る悠久の歴史、文化、伝統の上に、次の世代を担う世代のために未来へ向かってどういう日本を築き上げていくのか、そして新しい時代への願いを示すうえで最もふさわしい元号は何か、という点が一番の決め手

と今回の元号決定に対してコメントしています。

令和の文章の原文と現代語訳

では改めて、原文と現代語訳を照らし合わせてみましょう。

万葉集 :時に、初春の令月にして、気淑く風和ぐ。

現代語訳:折しも、初春の佳き月で、空気は清く澄みわたり、風はやわらかくそよいでいる。

と、初春の穏やかな雰囲気を歌った一文となります。

令和の「令」

ここで使われている「令」の文字ですが、普通に考えて私たちが日常で使っているこの文字を含めた単語は「命令」「指令」という、上からの指示といったものです。

しかし、そういった使い方は「令」という文字の一側面であり、本質的な意味は、「立派である、清らかである、美しい、喜ばしい」というものなのです。

そしてそこから人々の生活に密着したマナーやルール等の意味合いへと派生し、そこから先の言葉ができています。

また、現在でも「令息」「令嬢」を始め「令兄」「令姉」「令夫人」など、相手を尊敬して使う単語としても使われています。

とは言え、「和」という非常に使いやすく、元号でもよく出てくる文字に比べて、「令」の文字は200以上あると言われる元号の中でも初登場となります。

「令和」という時代を生きる上で、私たちにとって身近となり、そして美しいものを表現する文字のイメージになるといいですね。

万葉集とは

万葉集とは日本最古の和歌集です。

全20巻からなり、約4500もの和歌がそこに収録されています。

天皇や貴族といった貴人から、防人や大道芸人・農民などの一般人など幅広い身分の人達が詠んだ歌を集めています。

万葉集が制作された時代

制作された時期は7世紀後半から8世紀後半と言われています。

日本史を思い出してみると、645年に「大化の改新」が始められていますが、その少し前から読まれた歌を130年分収集し、編纂したと推測されています。

編者として有名なのは「大伴家持」ですが、複数の編者がおり複雑な経緯を経た上で最終的に大伴家持によって20巻に編集されたとされています。

万葉集に収録されている有名な恋の歌

万葉集に収録されている歌で一番有名と言えるのは次の歌です。

あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る

(紫草の群生する野を行き、御料地の野を行き、ああ、なんて大胆な。野の番人は見咎めないかしら、私に袖を振っていらっしゃるあなたを)

天武天皇の妃として有名な額田王(ぬかだのおおきみ)の歌であり、天智天皇と天武天皇との三角関係について歌った情熱的でロマンティックな恋の歌として多くの人に親しまれています。

万葉集に収録されている庶民の歌

その一方で、厳しい庶民の暮らしを歌ったものもあります。

「唐衣 裾に取りつき 泣く子らを 置きてそ来ぬや 母なしにして

(唐衣にすがって泣く子供たちを(防人のため)置いてきてしまった、母もいないのに。)

飛鳥時代、庶民には防人という九州沿岸の守りの兵役がありました。

それについて歌ったものです。

頼れる大人がいない状況で、離れ離れにならざるを得ない父親の心情に、思わず涙を誘われます。

万葉集が日本人に与える影響

万葉集は当時の人の生き方に関し、様々な観点から光を当てています。

大和から日本へと移行していく過渡期である時代において、万葉集は日本人の様々な心情を強く映し出していると言えるのでしょう。

そしてそれは後の文学のみならず、また日本人の生き方にも影響を与えてきたものであるに違いないでしょう。

令和が始まる

間もなく「平成」は幕を閉じ、そして「令和」の時代が始まります。

その時代が、その名にふさわしく素晴らしいものになるかは、私たち一人一人の行動によるものであると言っても過言ではないでしょう。

日本最古の和歌集である万葉集が由来となる令和の時代ですが、現代語訳でわかりやすくすると意味は初春の澄んだ世界の様を表すものです。

令和の時代が素敵な時代になることを楽しみにしましょう。

令和関連記事

関連記事

新元号が令和と発表されました。 菅官房長官は、新元号は「令和(れいわ)」と発表しました。https://t.co/c5PMCPPtKo pic.twitter.com/aJqbFzNk4R — NHKニュース (@nhk_news)[…]

関連記事

マルチタレントである中川翔子さんが、念願の運転免許を取得し、その免許証を画像でツイッターに上げていることが話題となっています。 中川さんの免許取得に対する喜びのコメントに、ファンは「良かったね」「おめでとう」など暖かい声で迎えています[…]

関連記事

2019年4月22日の『ザ・テレビジョン』によると、LINAさんがライザップに挑戦しウエストを引き締めることに成功したとの事です。 LINAさんはダンスグループ『MAX(マックス)』のメンバー。 30歳をすぎた頃から徐々に太りや[…]

最新情報をチェックしよう!