1万円の渋沢栄一とは何者?プロフィールや功績に起業家の先駆者と言われる訳は?

間もなく「平成」が終わり、「令和」という新しい時代を迎えようとしています。

そして、同じく終わりと始まりを迎えようとしているのが紙幣です。

日本銀行券、つまり紙幣は、2024年度を目途に新しいデザインで刷新されます。

新しい紙幣では、1万円札の表面の人物に「渋沢栄一」が選ばれています。

あまり聞いたことがない、という人もいらっしゃるかもしれませんが、この人の経済に対する功績は非常に膨大なものであり、「資本主義の父」とまで言われています。

今でも活躍している大手の老舗企業には、渋沢がその設立に携わったものが多く、その質と量に驚くことでしょう。

今回は、渋沢栄一は何者であるのか、彼のプロフィールや、企業家の先駆者であり「資本主義の父」と呼ばれるようになった彼の功績について調べてみました。

1万円札に渋沢栄一が選出

本日午前に、閣議後の記者会見で麻生太郎財務相より、1万円札・5千円札・1000円札のデザインを一新する、との発表がありました。

2024年度上期を目途に使用開始できるよう準備着手に入った、とのことです。

また、紙幣に描かれている人物も一新しています。

「明治以降の文化人から選ぶ」という採用基準の元に選ばれた人物は、以下の通りです。

1万円札:渋沢栄一

5千円札:津田梅子

千円札 :北里柴三郎

「資本主義の父」である渋沢栄一

1万円札に選ばれた「渋沢栄一」ですが、大学名としてその名が使われている他の二人に比べて、聞く機会というのは少ない人もいらっしゃるでしょう。

しかし、渋沢の業績は膨大です。

その業績は、主に政経の部分であり、特に経済においては「資本主義の父」と呼ばれるほど凄まじい功績を残した巨人なのです。

1万円紙幣に選出された渋沢栄一のプロフィール・前半

渋沢は1840年に、武蔵国(埼玉県深谷市)の豪農の長男として誕生しました。

家は商業とも係わりが深く、ソロバンで弾きだす数字を元に考えるような商業的な才能はそこで培ったとされています。

江戸に出て剣術修行を行った際に勤王志士と交流を行い、一時は尊王攘夷に目覚め、幕府打倒を志したこともあったようですが、それを改め、その後に、後の15代将軍である一橋慶喜に仕えています。

慶喜が将軍となったのに伴い幕臣となり、当時交流があったフランスの万国博覧会へ渡航し、世界についてなど様々なことを学んでいます。

帰ってきた頃には既に大政奉還は済んでおり、慶喜の元を離れ、民間で商業を行おうとした所、大隈重信から誘いがあり、大蔵省に入省し、様々な改革を行ったのでした。

しかし、予算編成について大久保利通らと対立し、退官しています。

1万円紙幣に選出された渋沢栄一のプロフィール・後半

一転して実業家として活動を始めた渋沢は、まず日本最初の銀行である「第一国立銀行(現:みずほ銀行)」の頭取に就任しています。

そして渋沢はそこを拠点として、株式会社の設立に尽力し、35歳の頭取就任から91歳で亡くなるまでに、公共事業も含めて約600もの会社設立・経営に係わっています。

当時は明治初期であり、株式会社という概念はほとんどありません

彼の尽力によって、株式会社の存在やそのあり方などが広まっていった、と言えるでしょう。

そして保険・鉄道・紡績・製紙・食品などの起業に携わったことで、「資本主義の父」と呼ばれたのです。

渋沢栄一が設立した会社

渋沢が手掛けた事業で有名な所をピックアップしますと、

キリンビール

サッポロビール

王子製紙

京阪電気鉄道

秩父セメント(太平洋セメント)

秩父鉄道

帝国ホテル

田園都市(東京急行電鉄)

東京海上火災保険

東京瓦斯(東京ガス)

東京証券取引所

東洋紡績(東洋紡)

明治製糖(明治製菓)

等であり、現在でも一流、いやその分野の第一人者の企業ばかりと言っていいでしょう。

渋沢栄一の哲学

渋沢は、その著作である「論語と算盤」の中で、「道徳経済合一説」を唱えています。

「富をなす根源は何かと言えば、仁義道徳。正しい道理の富でなければ、その富は完全に永続することができぬ」

と語り、倫理と利益の両立を目指し、国全体を豊かにするために富は全体で共有するよう心掛けるものだ、としています。

高い行動理念であり、彼の功績は全てここから生まれているのです。

渋沢栄一と坂本龍馬

日本で一番有名な歴史上の人物、と言えば織田信長と坂本龍馬が筆頭ですが、実はこの渋沢栄一は坂本龍馬と不思議な共通点があります。

千葉道場の北辰一刀流

二人とも、剣術に関しては江戸の北辰一刀流の千葉道場で学んでいます。

師匠も場所もそれぞれ違いますけどね。

その当時、隆盛を誇った千葉道場では、「竹刀を振る時は、雑巾を絞るように」など、初心者でも解りやすい親切な説明が行われており、そこで坂本龍馬は合理的な思考を養ったと言われていますが、これは渋沢にとっても同じだったことでしょうね。

多彩な経歴

二人の経歴はかなり似ています。

渋沢栄一は幕臣経験者であり、坂本龍馬も幕臣である勝海舟を師と仰いで幕府の海軍に従事経験があります。

また二人とも最初は尊王攘夷を志していた時期もありましたが、いつしかその考えを脱却し、全く違う活動を選んでいます。

そんな彼らの複雑な経歴は、「藩士」という身分を超えて、いつしか「日本人」として「日本」そのものを考えるようになった、という説があります。

資本主義に対する理念

坂本は「亀山社中」という日本で最初の株式会社を興し、渋沢も起業の質と量において莫大です。

二人とも、資本主義というものを理解し、それをいち早く取り入れています。

しかし決して忘れてはならないのは、二人とも資本主義が国を栄える方法として優れていると考えている点です。

どちらも、国の為として経済活動を行ったのでした。

渋沢栄一の坂本龍馬評

渋沢は、後年著書の中で、

「高杉晋作と坂本竜馬は、義を見てなさざるは勇なきなりとの意気がいたって盛んであった。」

と語っています。

やはりどこかで会ったことがあるのでしょうね。

二人と親友である、三菱財閥の創業者である岩崎弥太郎の3人で、日本の未来について語っている姿などを想像すると胸が熱くなりますね。

渋沢栄一の力強さを学びたい

麻生財務相は渋沢の選出に対し、「新たな産業の育成など現代にも通じる諸課題に尽力し、新元号の下での新紙幣にふさわしい人物だ」としています。

1万円の渋沢栄一について、プロフィールや功績を調べてみました。
起業家の先駆者と言われる訳は、現在でも一流と言われる企業を設立したことにあります。

新しい紙幣の人物達の力強さをその胸に刻んで、迫ってくるであろう色々な問題に臨みたいですね。

最新情報をチェックしよう!