新元号は令和に決定!意味合いや選定理由は?命名した人と思われる人は?

新元号が令和と発表されました。

発表前はどの様な二文字になるか、発表前までは街中もワクワクしていました。
また、新年号を迎えることで、昭和・平成と過ごされた方は、ご自身が重ねてきた年齢に感慨を漏らされたことも。

皇居前には観光客や報道陣が新しい元号の発表をいまかいまかと待っていた姿が印象的でした。

各テレビ局は、新元号発表に向けて特番体制で発表を待ち構えている雰囲気も、中高年の方にとっては久しぶりですし、若い方にとっては初めての事ですね。

新元号の号外版、街中で配っていたら記念に受け取っておいて、数十年後に見返して見ると、いい思い出になるのでおすすめです。

そこで、今回は新元号が令和に決定!意味合いや選定理由は?命名した人と思われる人は?について調べてみました。

新元号が発表されるまで

新元号が発表されるまでの流れは非常に重々しい雰囲気でした。
まずは首相官邸で有識者などによる懇談会を行った後、菅官房長官が国会に移動し、衆議院議長公邸で衆参両院の正副議長から意見を聞きます。

元号に関する懇談会では、出した案数を発表しませんでしたが、意見を一人一人が出した模様です。

また、衆参両院の正副議長へは、菅官房長官から丁寧な説明があり、菅官房長官は正副議長からも意見を貰ったと伝えられています。

その後、全閣僚会議で閣僚から意見を聞き、臨時国会で新元号の決定をします。
なお、発表前の各大臣のコメントは以下の物です。

・平井IT担当相 ドキドキ親しまれる元号に
・渡辺復興相 新しい時代を迎える緊張

発表前には、新元号を定める政令文書が皇居に届きました。
ここで、天皇陛下は政令文書に押印と調印をします。
ここまでの流れが終り、菅官房長官が会見の壇上に立ち、新元号が発表されました。

新元号は令和

平成に代わる新しい「令和(れいわ)」になりました。
典拠は万葉集になります。

万葉集は日本最古の和歌集です。
万葉集に納められている和歌は、天皇をはじめ、貴族、下級役人、防人など、様々な身分の人たち詠み、4500首以上のものが収録されています。

発表前までは、「安久」など様々な候補がありましたが、発表されてみると、昭和と一文字違いの親しみやすい雰囲気のものでした。

令和の典拠となるものは、「万葉集」五巻、梅の花の歌三十二首あわせて序にあります。

初春令月 気淑風和 梅披鏡前之粉 蘭薫珮後之春

漢字を見ていると気持ちの良い春の様子のように感じられます。

令和が意味するところ

人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められています。
梅の様に咲き誇る花を咲かせる日本でありたいという気持ちから選ばれて令和です。

今回日本の古典「万葉集」から選んだのは、一般庶民を含め、地位や身分に関係なく、内容は当時の人々生活や日本の四季を描いたものであり、国民文化を象徴するために選ばれました。

考案者を公表しない理由

新元号は令和に決まりましたが、新元号の考案者は明らかにされない方針です。
こんなに重要なお仕事をしたのに、明らかにされないのは残念ですが、これにはなるほどの理由があります。

考案者が明らかにされない理由

・考案者を公表してしまうと、元号と考案者が一致してしまうから
・元号と考案者が一致してしまうと本人や親族に迷惑がかかる
・考案者個人が秘匿を希望

また、選ばれなかった元号の考案者や原案を明らかにしないのも、同様の理由から来ています。

さらに、新元号以外の候補案は、日本人の生活に深く根差して欲しいという意図から、発表されません。

平成が終ると同時に懐かしくなるもの

旧元号の平成は、戦争はないけれども災害の多い時代でした。
また、インターネットの急速に発達した時代ですので、日本人の生活も大きく様変わりしました。

マルキューの看板

渋谷のファッションビル109のロゴ看板も、改元にあたってか変わりました。
新しいロゴ看板のマルキューが楽しみですね。

平成駅

平成と書いて「へなり」と読む道の駅があります。
平成から新しい元号へ変わる事への寂しさを感じつつも、道の駅では新元号予想コンテストが行われていました。

硬貨に注目

平成の終盤から急速に進むキャッシャレスですが、日本の硬貨には元号が印字されています。

「平成31年」と印字された硬貨をお財布に見つけたら、使わないで残しておくのもいいかもしれません。

令和はどんな時代になる?

新しい元号を発表した際、安倍首相はSNSやニコニコ動画など、日本で根付く新しい文化について語られていました。

令和は今までとは異なる日本に根付いた文化が大きく花開きそうですね。

新元号は令和に決定し、人が心を寄せ合い文化を作って欲しいという意味が込められています。選定理由については特に説明はなく、命名した人も公表はされません。

令和という元号がどのような時代になるか、ネットを超える新しい文化が生まれてくるのか、新しい時代をワクワクしなが過ごしていきたいですね。

令和関連記事

関連記事

2019年4月1日に新しい元号「令和」の発表がありました。 そして、元号の発表からわずか2時間! ゴールデンボンバーから新曲「令和」が発表されました。 元号にちなんだ曲名です。 発表から2時間という短時間で作詞・作曲されたのは凄[…]

関連記事

平成30年間の「NHK紅白歌合戦」を振り返る特番「総決算!平成紅白歌合戦」が、4月29日午後7時30分からNHKで放送されます。 🔴総決算!平成紅白歌合戦⚪平成30年間の紅白の名歌唱名場面を振り返ります&#x[…]

関連記事

つい最近、エイプリルフールの話題ネタという事でお披露目された、ペヤングソースやきそば超∞超大盛GIGAMAX365。 この焼きそばは、あくまでもエイプリルフールのネタという事で話題になりました。 ところがエイプリルフールから2日後の[…]

最新情報をチェックしよう!