スイカのポイント還元対象エリアは?還元率や買い物でも還元されるの?使い道は?

JR東日本の交通系ICカードのスイカを使用して電車に乗ると10月からポイントが付くようになります。

そこで今回はスイカのポイント還元の対象エリアや還元率、買い物でも還元されるのかなどについてやそもそもどうしてポイント還元を行うことになったのかや、いつまでこの制度は続くのかについてもまとめました。

スイカのポイント還元について報じるメディア

スイカのポイント還元についてメディアはこの様に報じています。

JR東が鉄道版マイレージ モバイルスイカなら2%還元

JR東日本の交通系ICカード「Suica(スイカ)」を使って同社の電車に乗ると、10月からポイントがたまるようになる。ポイント還元額は運賃に応じる仕組み。
来春以降は新幹線の利用にも対象を広げる予定で、「鉄道版マイレージ」をめざす考えだ。

ポイントがたまるのは、定期券などの記名式スイカと、携帯電話を用いる「モバイルSuica」で、名前や生年月日を登録しない無記名式は対象外となる。

JR東の在来線を利用したり、グリーン券を購入したりすると、カードは運賃の0・5%分、モバイルは2%分がポイントとしてたまる。

たまったポイントは1ポイント1円分で加盟店での支払いに使ったり、スイカにチャージしたりできる。

引用元:朝日新聞 2019年9月3日19時01分(https://www.asahi.com/articles/ASM9353DHM93UTIL01K.html)

1ポイント1円は何気に大きな気がします。

それから注意してほしいのは、JR東日本グループの共通ポイント「JREポイント」の会員となり、ウェブサイトでスイカのナンバーを登録しないとポイントは付きません。

この手続は忘れないで下さい。

ポイント還元の対象エリアは?

スイカが利用できるのはJR東日本の管内だけです。

従ってポイント還元の対象エリアはJR東日本の管内ということになります。

もう少し詳しく言えば、スイカのエリアは「首都圏エリア」「仙台エリア」「新潟エリア」にわけられます。

このエリアの鉄道がまず対象となります。

それに加えて東京モノレール全線、東京臨海高速鉄道全線、埼玉新都市交通全線、伊豆急行全線、富士急行全線、仙台空港鉄道全線が対象となり、さらにジェイアールバス関東とジェイアールバス東北も対象となります。

こうして見ると対象エリアはなかなか広いです。

ポイント還元率はどれくらいなの?

報道にもあるようにカードタイプのSuicaではポイント付与率は0.5%、携帯電話を用いるモバイルSuicaであれば2%付与されます。

カードタイプのSuicaを使用している方は、この際ですからスマホのモバイルSuicaに切り替えた方がいいかも知れません。

だって4倍も違うわけですから。

スイカのポイントはどんな時に還元される?

「JREポイント」は従来、駅構内の買い物などでポイントが付いていましたが、10月からは鉄道など交通機関を利用する時にもポイントが還元されるようになります。

つまりよりポイントが溜まりやすい方向になったわけです。

これは利用しない手はないです。

スイカポイントの使い道は?

ポイントの使い道は大きく分けると2つになります。

1つはスイカにチャージして鉄道の運賃に使用するというもの。

そしていま1つがスイカ加盟店での支払いです。

スイカ加盟店はキオスクはもちろん、大手コンビニチェーンやショッピングセンターも加わっているので、幅広く利用できそうです。

スイカ加盟店はこちらで検索することが可能です。

Suicaが使えるお店

https://www.jreast.co.jp/suicamoney/shopping/

スイカってなんだっけ

現在のスイカは鉄道運賃の支払いのみならず電子マネーとして利用されています。

ここでスイカ電子マネーについてチェックしておきましょう。

■Suica電子マネー

Suica電子マネー(スイカでんしマネー)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)及び東京モノレール・東京臨海高速鉄道が発行(いずれの発行元のカードも、バリューイシュアはすべてJR東日本)するIC乗車カードである、Suicaを活用した電子マネーサービスである。

Suicaの電子マネーとしての利用は、当初JR東日本エリア駅構内での物品販売の混雑緩和やスピーディーな買い物に活用する事を狙いとしていた。しかし、その利便性が乗降客に浸透するに連れてJR東日本側の認識も変わり、Suicaを積極的に電子マネーとして利用する事による手数料を新たな収益源として大きく見込む様になった。

引用元:ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/wiki/Suica%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC#%E6%AD%B4%E5%8F%B2)

そもそもどうしてポイント還元?いつまで続くの?

ポイント還元制度は10月1日からの消費増税対策として、景気の落ち込みを防ぐためと、合わせてキャッシュレス決済の普及を目的に導入されるものです。

スマートフォンを使ったQRコードや電子マネー、クレジットカードで決済すると、中小事業者の経営する飲食店や小売店の場合は決済額の5%が、大企業のフランチャイズチェーン(FC)加盟店では2%が消費者に付与されます。

実施期間は2019年10月1日から2020年6月末までの9ヶ月間となっています。

つまり時限措置ということになります。

スイカのポイント還元はお得

以上、スイカのポイント還元について見てきました。

まとめると次のようになります。

・ポイント還元の対象エリアはJR東日本管内・提携鉄道各社・JR東日本のバス

・ポイント還元率はカードタイプのSuicaではポイント付与率は0.5%

・携帯電話を用いるモバイルSuicaであればポイント還元率は2%

・ポイントはスイカへのチャージとスイカ加盟店での支払い

・スイカは電子マネーとして定着

・ポイント還元は消費税対策

・景気の落ち込み防止とキャッシュレス決済の普及が目的

・ポイント還元は2019年10月1日から2020年6月末までの9ヶ月間

9ヶ月の時限措置ですが上手く利用すればかなり得をするのではないかと思います。

スイカが利用できる範囲は広いですから。

コンビニ各社でも利用できるほか、イオンでも支払いに使えます。

これは主婦の方は要チェックです。

スイカ関連記事

関連記事

7月1日にサービスが始まったばかりのセブン&アイ独自のコード決済サービス「7pay(セブンペイ)」ですが、不正アクセスによる詐欺被害が続出し、すべてのチャージサービスを停止して対応に当たっています。 ところで急速にサービスが拡大してい[…]

関連記事

最近〇〇Payラッシュですが、遂に大手キャリアのauもaupayのサービスを始めました。 〇〇Pay、どれが自分にピッタリなのか迷っている方や、折角なら自分が使用しているキャリアにまとめたい方には新たな選択肢の登場です。 auと[…]

関連記事

大手コンビニチェーンであるセブンイレブンでのスマホ決済サービスとして注目を集めた「7pay」でしたが、セブン&アイ・ホールディングスは9月末で廃止すると発表しました。 不適切なセキュリティ管理によって不正利用が頻発し、7payの信頼が[…]

最新情報をチェックしよう!