サンデーモーニングで張本勲の佐々木朗希への発言が波紋を呼ぶ!ダル長友発言まとめ

甲子園の岩手予選決勝での佐々木朗希選手の休場に対し、TBS系列の情報番組「サンデーモーニング」のスポーツコーナーのご意見番として知られる張本勲さんの発言が話題となっています。

張本さんの意見によって炎上騒ぎになったことはこれまでにもありましたが、今回はダルビッシュ有さんやサッカーで活躍する長友佑都さんまで苦言を呈する騒ぎとなっています。

一体どの様な発言をしたのでしょうか。

またダルビッシュ有さんや長友さんの発言はどの様なものなのでしょうか。

今回は、サンデーモーニングで張本勲さんが佐々木朗希さんの休場に対して行った発言の波紋や、ダルビッシュ有さんや長友さんの発言などについてまとめました。

張本勲は元プロ野球選手

張本勲さんは元プロ野球選手です。

1940年6月19日生まれの79歳であり、広島市の出身です。

1959年に日本ハムファイターズの前身である東映フライヤーズに入団し、プロデビューを果たします。

「安打製造機」の異名を持ち様々な記録を残しています。

またその多彩や記録や功績などが認められ「名球会」入りを果たしています。

サンデーモーニングにご意見番として出演

現在の張本さんは野球解説者や評論家として活動しており、特に有名なのが毎週日曜日の午前中に放送されているTBS系列の情報番組「サンデーモーニング」です。

張本さんは番組のスポーツコーナーで、スポーツ全般のニュースに対し「喝」を与える役割を担っています。

そこでの発言は一流の野球選手だった張本さんらしく格調高いものでありますが、過激な意見も度々で炎上騒ぎになることもあります。

岩手予選決勝での佐々木朗希欠場のニュース

今回サンデーモーニングで注目されたスポーツニュースは、甲子園野球の岩手県予選に関するものです。

岩手予選の決勝戦が行われ「大船渡」と「花巻東」の両高校が甲子園出場をかけて闘っています。

大船渡高校の佐々木朗希(ささきろうき)投手は、最速163キロという驚異的な球速を誇ります。

そこまでの試合も佐々木投手はチームの勝利に貢献しており、決勝もそうなるのではとの予測もありました。

しかし、大船渡の國保陽平監督は佐々木投手の蓄積された疲労を深刻なものとして、休養という方針を取ります。

結果として大船渡は試合に敗れ、甲子園出場は果たせないまま終わったのでした。

岩手予選決勝での佐々木朗希欠場の理由

佐々木投手を登板させなかった理由は、前日の準決勝で延長12回まで194球を完投したことにあるとされています。

アメリカの高校野球では1試合につき110球までしか投げることができないとされており、一試合に194球は限界を超える起用であると言われています。

大船渡の國保陽平監督はアメリカでの野球経験があり、そこで上記の規則ように人間の限界に対する理論などを学び、そしてそれを元に指導や采配などをしています。

そしてその見方が、佐々木投手を登板させなかった判断へと導いたと言われています。

張本勲、佐々木朗希の欠場を批判

7月28日のサンデーモーニングでもニュースとして取り上げられています。

そこで、張本さんは最近のスポーツニュースの中で「一番残念だった」としています。

國保監督に対し「投げさすべき」としており、その采配に疑問を投げかけています。

苦しい時の投球を体で覚えて大成した投手はいくらでもいるとし、スポーツ選手は楽をさせてはいけない、との持論を展開しています。

そして番組内では賛否両論が沸き起こる事態となりましたが、張本さんは最後まで自分の意見を貫いた形を取り続けています。

張本勲の佐々木朗希の欠場の批判理由

張本さんは、佐々木投手が前日に129球投げたことに触れながらも予選4回では合計で430~450球ぐらいしか投げていないとしています。

また、監督と佐々木さん以外の選手のことにも触れ、張本さん自身を例に挙げながら高校球児にとって甲子園出場がどれくらい代えがたい夢であるかを力説しています。

そして國保監督がアメリカ野球の独立リーグに居たことにも言及し、その中で選手を「消耗品」として考えており、投げて力を付ける日本の野球との考え方の違いを発言しています。

張本勲の佐々木朗希の欠場批判の反響

この意見に対し、番組内でも「投げさせなかった」ことに対する擁護が出てきていますが、ネットなどでは直接的に張本さんを批判する声が多数上がってきています。

それは一般人に留まるものではなく、ダルビッシュ有さんや長友さんといったプロスポーツ選手からも厳しい声が上がっています。

張本勲の佐々木朗希の欠場批判に対するダルビッシュの反応

現在、メジャーリーグのシカゴ・カブスで活躍している投手のダルビッシュ有さんはツイッターで次のコメントをしています。

ダルビッシュ有さんは現在でもメジャーリーグの一線級で活躍している投手です。

しかし、疲労骨折などの怪我には散々悩まされた選手の一人です。

そして、精神論ではカバーしきれない怪我の怖さや脱落してしまった投手を考えれば、やはり張本さんの意見は見逃せるものではなかったのでしょう。

その後のツイートで、「いいね」が10万超えていることに対しおどけた様子でコメントしながらも、「思っている以上にあのコーナーへのフラストレーションは高い」としています。

張本勲の佐々木朗希の欠場批判に対する長友佑都の反応

また野球ではなくサッカー選手である長友佑都さんも張本さんの意見に対し批判的なツイートをしています。

としており、國保監督の決断を評価しています。

張本勲の佐々木朗希の欠場批判に対するネットの声

ネット上でも様々な意見が上がってきています。

その中でも、現代の高校野球と張本さんの若い頃の高校野球についてのコメントもあり、

◯昔と今では温度差が違い、現在の方がつらい環境にある

◯140キロ出せれば怪物呼ばわりだったのに比べて、現在では150キロ台はそこまで珍しくもない

としています。

現状では張本さんに対する批判的な声の方が多く見られると言える状態です。

張本勲や今後の甲子園の流れなどに注目

現在、高校野球で投手が1試合に投げられる投球数を定める論議が繰り行われている模様です。

高校球児の活躍とその無事を両立できるような態勢に整っていって欲しいところです。

今回は、サンデーモーニングで張本勲さんが佐々木朗希さんの休場に対して行った発言の波紋や、ダルビッシュ有さんや長友さんの発言などについてまとめました。

サンデーモーニング関連記事

関連記事

「アナザースカイ」は日本テレビで放映されているトークと紀行のテイストが混ざり合うバラエティ番組です。 MCの男女二人がゲストの旅を交えてさらにゲストの人間性を深堀するという内容です。 また、タイトルのアナザースカイには、「海外にある[…]

IMG
関連記事

『ワンダフルガールズ』って憶えていますか。 TBSの深夜番組『ワンダフル』で番組アシスタントを務めていた女性たちです。 初代ワンダフルガールズメンバーとして、今でもご活躍されている代表格的な方は、釈由美子さんや国分佐智子さんを輩[…]

関連記事

5月10日発売の写真誌「FRIDAY」が久々の大物カップルについて報じています。 そのカップルとはフジテレビのクジパンこと、久慈暁子アナウンサーと東京ヤクルトスワローズの投手、原樹理選手です。 女子アナと野球選手の交際や結婚はこ[…]

最新情報をチェックしよう!