田中将大と里田まい結婚生活の状況は?ニューヨークで出産?ヤンキースの人気は?

ヤンキースの田中将大投手が、妻でタレントの里田まいさんとの結婚記念日を報告しました。

また、お二人の結婚生活も8年目になった報告をSNS上にて3月21日に報告されて、反響が寄せられています。

田中将大選手は2014年1月にニューヨークヤンキースと契約をし、その後の状況はチームで活躍し、今年も契約更改しています。

田中将大は「改めて考えてみると、結婚生活はアメリカで過ごしている方が長いのか!」と再確認し驚きを見せながらも、「8年目もよろしくお願いしますね」と里田さんへのメッセージを送っています。

そこで今回は、田中将大投手と里田まいさんの結婚生活の状況や、第二子の出産はニューヨークでされるのか、また田中投手が活躍されているヤンキースの人気について調べてみました。

お二人の結婚生活はどうなっているのか?

2012年3月20日に結婚をした田中将大さんと里田まいさん。
その後、田中将大さんが2014年にニューヨークヤンキースと契約をしたことで、2人揃ってニューヨークへ移住しています。

生活環境が変わって二人の結婚生活がどうなったのでしょうか。

結婚生活は8年目の現在もラブラブ

今年1月、毎年シーズンオフ恒例のラジオ特番「田中将大のオールナイトニッポンNY』(ニッポン放送)内で、回数は減ったものの、里田と毎日キスをすると赤裸々に告白していた田中投手。
また、それぞれのインスタでもお互いが登場し、仲睦まじい様子がうかがえます。

今回投稿された、頬を寄せて幸せそうな笑顔を見せる2人の姿には「お似合い」「ラブラブでいいなぁ~」との言葉が多数寄せられています。

普段のインスタでも穏やかな表情が多い田中投手ですが、今回の写真はより一層リラックスをした表情に注目が集まっています。

2016年には第1子を出産

2016年2月、第1子となる息子を出産しママになった里田さんとパパになった田中投手。
今年2月3歳になった息子がいる中での、3月の結婚記念日。

SNSの写真に息子さんの姿はなく、田中投手と里田さんのツーショット写真のみでした。
結婚記念日には二人のみの水入らずで過ごせたのか気になります。

SNSに上がっている他の写真では、父である田中投手と息子さんが並んで歩く写真や、田中投手が息子さんのために絵を描いてあげる姿がよく載せられています。

日本を飛び出したメジャーリーガー田中将大の顔ではなく、パパとしての田中将大の顔を垣間見ることができます。

野球選手としての成績はどうなのか?

ここまではパパとしての田中将大さんを見ることができました。
田中将大さんといえばメジャーリーガーです。
日本では楽天を優勝へ導きました。

楽天を優勝まで導いた

2013年は、最多勝、最優秀防御率、勝率第1位投手を獲得しました。
前年からの連勝を「28」、開幕からの連勝を「24」としてそれぞれ日本プロ野球新記録を達成しています。

規定投球回数に達し、勝率10割としたのは日本プロ野球史上4人目で、シーズン無敗で最多勝は日本プロ野球史上初でした。

沢村賞は選考委員会でわずか10分満場一致により選出され、ベストナイン投手部門では24年ぶり、自身初のMVPでは投手野手通じて48年ぶりに、記者投票で満票を獲得しての受賞をしました。

同年、田中将大の活躍もあり楽天はチーム初となるリーグ優勝を果たしました。
更に、ロッテとのクライマックスシリーズでは、第1戦に先発出場し、2対0で完封勝利でした。

しかし、あと1勝で日本一というところで、9回160球4失点で今季初の敗戦投手となってしまいました。

翌日の試合では3点リードした9回から登板。
打者5人に15球で無失点に抑えてセーブを挙げ、球団史上初の日本一が決定すると共に、田中投手が胴上げ投手となりました

同年12月17日翌シーズンのMLB挑戦を希望していることを表明し、25日に球団からポスティングシステムの行使を容認されました。

マネジメント契約を結んでいたホリプロとの契約はこの年で終了し、エクセル・スポーツ・マネジメントのケーシー・クロースを代理人として契約交渉を行いました。

田中投手はプロ入り当初からメジャー願望を持っていたことを、当時の監督であった野村氏が後に明かしています。

2014年1月22日に、ニューヨーク・ヤンキースと総額1億5500万ドルの7年契約に合意したことが発表されました。

ヤンキースに移籍後も大活躍

2014年にニューヨーク・ヤンキースと契約をし、メジャーリーガーとなった田中将大選手。
4月4日のトロント・ブルージェイズ戦の開幕から4戦目に初登板を果たしました。

MLB初登板の先頭打者に本塁打を浴びることもありましたが、7回を6安打3失点(自責点2)8奪三振の投球で、NPB/MLB通算100勝目となるMLB初勝利を挙げました。

しかし、順調に見えた田中投手にも暗雲が立ち込めます。
7月9日に右肘の違和感を訴え、15日間の故障者リスト入りし選出されていたオールスター出場も辞退しました。

翌日に右肘靭帯の部分断裂で全治6週間と診断され、PRP療法という保存療法での回復を目指しリハビリを行いました。

9月21日のブルージェイズ戦で復帰し、投球数70球で5回1/3を5安打1失点の投球で13勝目を挙げました。
復帰後は右肘に異常なくシーズンを終えました。

2015年には日本人4人目となる開幕投手を務めました。
この年は24試合に出場し、昨年と同じく二桁勝利の12勝を挙げました。

2016年にも二桁勝利かつチームトップの14勝を挙げました。
2017年にも二桁勝利し、4年連続となりました。

更に、MLB通算50勝を達成し、日米通算150勝も達成しました。
2018年には前半戦調子が悪かったですが、最終的には二桁勝利を挙げ、5年連続二桁勝利を挙げました。

公私ともに順調な田中夫妻を応援したい

プライベートでは結婚生活8年目を迎える田中将大さんと里田まいさん。
メジャーリーガーとして活躍する中、子育ても協力している様子です。

また、田中さんは投手としては今季の開幕戦にて、念願の開幕戦勝利を果たしました。
昨年までの活躍よりも更なる活躍を期待できます。

仲睦まじい姿をみることができる田中夫妻を日本から応援したいものです。

最新情報をチェックしよう!