佐藤浩市と堤真一の関係は共演NG?その真相や背景は?堤真一の近況は?

今月12日に、大物俳優である堤真一さんがバラエティ番組に出演した時に、「佐藤浩市さんとは絶対に共演したくない」と発言したことが話題となっています。

佐藤浩市さんもまた大物俳優であり、名指しでの共演NGの発言に、ファンや関係者の間では一体何故?となっています。

堤さんが佐藤さんとの共演NGとした発言の真相や背景は、いかなるものなのでしょうか。

また、堤さんの近況はどのようなものでしょうか。

今回は、堤真一さんが佐藤浩市さんとの共演をNGとした真相や背景、また堤真一さんの近況についてまとめてみました。

俳優の堤真一とは

堤真一さんはベテランの俳優です。

1964年7月7日生まれの54歳であり、兵庫県西宮市出身です。

現在では芸能事務所「シス・カンパニー」に所属し、テレビドラマや映画、舞台にドキュメンタリー、ナレーションなど幅広く活動しています。

堤真一の経歴

堤さんは高校を卒業した後、アクションスターとして有名な千葉真一さんが主催する芸能事務所「ジャパンアクションクラブ (JAC)」に研修生として入団しています。

舞台の出演や大物俳優である真田広之さんの付き人などを務めた後に、本格的に役者として活動を開始します。

2000年に放送されたフジテレビの月9ドラマ「やまとなでしこ」や2005年に公開された映画「ALWAYS 三丁目の夕日」に出演することで認知度が急激に上がり、さらなる出演頻度の上昇とともに映画賞も数多く受賞しています。

ベテラン俳優佐藤浩市

佐藤浩市さんは俳優です。

1960年12月10日生まれの58歳であり、東京都出身です。

1980年にデビューしており翌年には映画「青春の」でブルーリボン賞を獲得し、それ以降も様々な作品に出演そして賞を獲得しています。

堤さんより4歳年上であり、芸歴もそれくらいの違いですが堤さんがデビューした1984年までに既に4つの映画賞を受賞しており、偉大な先輩であることは間違いないと言えます。

堤真一の共演NG発言

堤さんは6月12日に放送された、フジテレビ系列のバラエティ番組「ホンマでっか!?TV」に出演しています。

そしてその放送内で、堤さんは「(佐藤さんとは)絶対に共演したくない」と発言しています。

その言葉だけで見れば、かなり危険な発言と捉えることが可能でありスタジオ内でも微妙な雰囲気となりました。

堤真一が佐藤浩市と共演NGと発言した真相

しかし、実際には嫌悪感つまり「大嫌いだから」といった理由ではありません。

実は、「憧れの人だから、共演してもまともに演技できない」といった理由なのです。

そもそもこの発言は、「ホンマでっか!?TV」内で行われた「憧れの人に会いたい派か、会いたくない派か」という討論の中で、番組アナウンサーから堤さんが「俳優で憧れの方は?」と問われた時に返した発言です。

嫌悪感どころか、尊敬しているとの方がよほど近いと言えます。

とはいえ、表面的には緊張感漂うものがあり、スタジオ全体がやや引いてしまうといった事態になっています。

堤真一と佐藤浩市の関係

かつて堤さんは真田広之さんの付き人をやっていました。

真田さんと佐藤さんが映画「犬死にせしもの」で共演した時に、どちらの付き人か解らなくなるほど「かわいがって」もらったと関係者は語っています。

そして、駆け出し時代にお世話になりすぎた上に俳優としても格上であるという憧れがあり、佐藤さんの前で演技なんてできないという意識に繋がっているのではと憶測されています。

実は二度目の堤真一による佐藤浩市との共演NG発言

実は堤さんの「佐藤さんとの共演NG」発言はこの番組が最初ではありません。

2017年1月に日本テレビ系列で放送された「行列のできる法律相談所」でも発言していたのでした。

出演者のフットボールアワーの後藤輝基さんから、堤さんへ「役者で先輩で怖い」存在について質問された時に堤さんは佐藤さんの名前を挙げています。

堤さんは佐藤さんから「おい、真一、なんかやろうぜ」と言われたことに対し、「お断りします」と返したエピソードを語り出演者達を驚かせています。

堤真一と佐藤浩市の共演の話

またその年の年末に放送された同番組に、堤さんは再度出演しておりその時に佐藤さんがVTRで出演するというサプライズがありました。

佐藤さんは堤さんに対し、「先輩意識が抜けない相手との共演は、確かに難しい」と堤さんに理解を示した上で、「自分たちが「やっといて良かった」と思える作品を彼と残したい」と語っています。

その言葉に堤さんは感激し、「いずれはやりたい」とし、「本当に腹くくった時」に行いたいとし共演について前向きな姿勢を見せています。

堤真一、映画「泣くな赤鬼」に主演

堤さんは今月6月14日から公開された映画「泣くな赤鬼」に主演しています。

ベストセラー作家である「重松清」の短編集「せんせい。」に収められている同名作品を映画化したものです。

その中で堤さんはその昔高校の野球部の熱血指導により「赤鬼」と呼ばれていた男である「小渕隆」を演じています。

堤さんは、小渕隆の監督として現役だった頃と時を経て元生徒と再会した時の2パターンを演じることになります。

その二面性について、「決して表面的につくるのではなく、佇まいの違いで表現できれば」としており、また映画の出来について「是非、ご期待いただきたい」と語っています。

堤真一、映画「泣くな赤鬼」のあらすじ

鬼のような熱血指導から「赤鬼先生」の異名を持つ小渕隆でしたが、現在ではその情熱は既に衰えてしまっています。

そんな中、かつての教え子である斎藤(演:柳楽優弥)と病院で偶然再会します。

決して良い関係だったと言える二人ではありませんでしたが、小渕は斎藤が立派な大人に成長し家庭を持ったことを喜びます。

しかし、数日後に実は斎藤が末期がんに侵されていることを知った小渕は愕然とします。

厳しく接すること以外に何もできなかった当時の赤鬼は、今、迫りくる死に苦しむ斎藤に対し何ができるのか。

時代が変わっても続く、教師と生徒の絆を描いた、切ないながらも感動の物語です。

堤真一と佐藤浩市の共演作品に期待

2017年末のテレビでは佐藤さんとの共演に前向きな答えを出していましたが、12日に放送された内容を見る限り共演に関してまだまだ当分先であると言えるでしょう。

いつか堤さんと佐藤さんが共演し、お互いにとってそしてファンにとっても良い作品ができて欲しいところです。

今回は、堤真一さんが佐藤浩市さんとの共演をNGとした真意や背景、また堤真一さんの近況について、まとめました。

佐藤浩市関連記事

関連記事

映画「永遠の0」や「海賊とよばれた男」の原作者として有名な小説家である百田尚樹さんが、俳優である佐藤浩市さんに対し、激怒の発言をしたことが話題となっています。 佐藤さんは24日に公開予定である映画「空母いぶき」に出演しますが、その役ど[…]

関連記事

佐藤浩市さんと言えば昭和を代表する名優、三國連太郎さんの息子としても知られています。 デビューした時期が佐田啓二さんの息子である中井貴一さんと重なったため、2代目俳優として扱われたこともありましたが、お二人とも平成を代表する名優になっ[…]

関連記事

2019年4月18日、女性誌「女性自身」が長澤まさみさんとリリー・フランキーさんの“交流”について報じました。 それによると4月初旬の深夜11時過ぎ、東京・銀座の居酒屋から現れた一団の中に、長澤まさみさんの姿があったといいます。 […]

最新情報をチェックしよう!