韓国政治家チョグクがなぜ日本で注目されるの?理由やfacebookに反日なの?

韓国は今、ムン・ジェイン大統領の側近で法務大臣候補の政治家、チョグク氏のスキャンダルで揺れています。

政権支持率も低下して、不支持が支持を上回りました。

このスキャンダルは日本でも毎日のように報じられ関心が高まっています。

そこで今回は韓国政治家チョグク氏がなぜ日本で注目されるのかの理由や、反日と言われるチョグク氏のfacebookTwitterやについてまとめましました。

チョグクについて報じるメディア

次から次に疑惑が出てくるチョグク氏には、「玉ねぎ」というあだ名が付けられましたが、昨日、11時間にも及ぶ記者会見に応じました。

メディアはどのように伝えているのでしょうか。

韓国ムン大統領側近 娘の不正入学などの疑惑を否定

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領が新しい法相に起用すると発表し、その後、娘の大学への不正入学などの疑惑が浮上した側近のチョグク氏が会見を開き、一連の疑惑を否定して潔白を主張しました。

 

チョ氏は法相への就任に意欲を示していて、会見で説明責任は果たしたとして幕引きを急ぎたい思惑があるとみられます。

身の潔白を主張するチョ氏と矛盾点をただす記者団とのやり取りは堂々巡りでしたが、その中でチョ氏がメモを取るのに使用していたペンが日本製だったことに注目が集まっています。

ことし7月まで大統領府で首席秘書官を務めていたチョ氏は韓国への輸出管理を強化した日本政府をインターネット上で厳しく批判し、韓国国民に「反撃」を呼びかけるなど対日強硬派としても知られています。

それだけに韓国メディアはチョ氏が「反日」を叫びながらも日本製のペンを愛用していると皮肉交じりに伝えています。

引用元:NHK NEWS WEB 2019年9月2日 17時07分(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190902/k10012060391000.html?fbclid=IwAR2ufb8eRaH8yf0zH5ViOwbPZWOVjeN614j8r9pTGZODFku-1p4UdrJCrN8)

韓国の法相候補がメイド・イン・ジャパンを愛用とは衝撃です。

韓国の政治家が日本で注目されるわけは?

日本が韓国をホワイト国から除外する決定を下して以降、韓国の世論は反日一辺倒に染まりました。

ところがチョグク氏に次々と疑惑が浮かんでくると、韓国の世論は青瓦台への批判、すなわちムン・ジェイン大統領への批判へと変化し始めます。

チョグク氏をこのまま法務大臣に起用したら、韓国国民の怒りはさらにヒートアップすると予測されます。

そうなると韓国の現政権の足元が揺らぐことになるので、日本でも注目されているわけです。

チョグク氏は反日なの?

チョグク氏は以前から反日親北の人物として知られています。

日本が韓国をホワイト国から除外した以降は、SNSで積極的に反日不買運動を呼びかけていました。

それ故、記者会見で日本製のボールペンを愛用していたことを揶揄されたわけです。

チョグクのSNSは?TwitterやFacebookのアカウントは?

チョグク氏は現代の政治家らしくSNSを駆使して自らをアピールしています。

アカウントはTwitterとFacebookで確認できました。

・Facebook

Kuk Cho
https://www.facebook.com/kukcho/timeline?lst=100003882006877%3A629623520%3A1567489431

・Twitter

조국@patriamea
https://twitter.com/patriamea

Twitterには昨日の記者会見を報じるニュースをツイートしています。

チョグクに韓国の国民は怒っている?

韓国の国民はどれくらい怒っているのでしょうか。

ニューズウィークはムン・ジェイン大統領と与党の支持率が下落していると伝えています。

だが、国民を納得させるには程遠い。調査会社リアルメーターの世論調査によると、文の支持率は8月19~23日の週に前週から3.2ポイント低い46.2%にまで低下した。

回答者の約50%が大統領に対する否定的な意見を表明しており、文の就任以来、国民の不満が最高レベルに達していることを示している。

「共に民主党」の支持率も同じ期間で2.3ポイント低下し、38.3%に落ち込んだ。

引用元:ニューズウィーク 2019年9月2日(月)18時50分(https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/09/post-12901_2.php)

調査会社のリアルメーターは政権寄りだと言われています。

そのリアルメーターの調査結果でも下落を示す数値ですから、本当はもっと下方の数値である可能性もあります。

チョグクのプロフィール

・曺国(조국、チョグク)

曺国(조국、チョグク、1965年4月6日 – )は大韓民国の法学者で政治家です。
元大統領府民情首席秘書官でソウル大学で教授を務めています。
1989年2月にソウル大学校大学院法学科を卒業し、1991年8月に同大学院の法学博士課程を修了しました。

蔚山大学校助教授(1999年3月~2000年4月)、東国大学校助教授(2000年3月~2001年12月)、ソウル大学校助教授(2001年12月~2004年3月)、及びソウル大学校副教授(2004年4月~2009年3月)を経て、2009年4月からソウル大学校(法科大学)教授に就任しています。

2019年8月9日、文在寅大統領から法務部の次期長官候補に指名されました。

しかし、指名後に娘の高麗大学不正入学疑惑や、息子の兵役延期などの問題が噴出し、「玉ねぎ」というあだ名まで付けられてしまいます。

8月23日夜、高麗大とソウル大で真相究明を訴えるろうそく集会が開かれてしまいました。

2019年9月2日、疑惑に応えるとして11時間にも及ぶ記者会見を開きました。

しかしマスコミとの質疑応答は堂々巡りに終わり、疑惑を払拭できたとは言い難いものとなりました。

チョグクはこれからどうなる?

ムン・ジェイン大統領は昨日の記者会見をもって禊にしたいと考えているようです。

そして人事聴聞会を開いてそのままチョグク氏を法務大臣に据える方針のようです。

しかし国民の怒りは収まっていません。

野党も厳しく追求する姿勢です。

もしムン・ジェイン大統領が強行して、チョグク氏を法務大臣に指名すれば、来年の総選挙に大きな影響を与えることになります。

しばらくは韓国の政情から目が離せないようです。

韓国関連記事

関連記事

経済産業省は韓国向けの輸出管理を強化するとし、「フッ化ポリイミド」「レジスト」「フッ化水素」の3品を対象として4日から厳格な輸出手続きを行うことを発表しました。 韓国政府はこの決定に対しWTOへの提訴などを表明し、冷え切っている日韓関[…]

関連記事

韓国に対する輸出優遇措置である「ホワイト国」の除外に対するパブリックコメントの募集が締め切られました。 今後閣議によってホワイト国除外の決定が出されるものと見られています。 また実施された際に起こるであろう韓国の影響などについて[…]

関連記事

韓国でホワイト国排除の騒動は収まらない中、韓国の通過ウォンの相場の対ドルは下落の一方を辿り、昨日には1ドル1207.69ウォンの値を記録しました。 韓国政府は今回のウォン安に対し何らかの対応を取ったのでしょうか。 また、通貨危機[…]

最新情報をチェックしよう!