吉本芸人が東京進出すると待遇はどうなるの?給料は?知名度は全国区になれる?

テレビで毎日放送しているバラエティ番組。

その番組で、笑いで場を盛り上げてくれるのはお笑い芸人の方々ですが、彼らも芸能プロダクションに所属し、給料を貰うサラリーマンの人達でもあります。

お笑い芸人の方が所属する事務所、と言えばやはり「吉本興業」が真っ先に浮かびますね。

地元を離れ、東京進出を果たす吉本芸人は年々現れていますが、それを果たせるのは実力のある数人の芸人のみです。

その狭き門を潜り抜ける為、若き吉本芸人の方達は日々努力をしています。

待遇の違いはマネージャーとギャラ

吉本興業の社員数は約600人、所属タレント数は約6000人です。

つまりこれは、ほとんどのタレントにマネージャーがついていないことを意味しています。

勿論、トップクラスの芸人なら当然ついていますが、そうでない芸人さんにはつかないのです。

また、ギャラに関しても違いが出てきます。

吉本興業では、芸人が請け負った仕事の9割を持っていくそうですが、これが上のランクになるに連れてその割合が芸人の方に寄るそうです。

かつてダウンタウンの松本人志さんがある仕事のギャラについて文句を言った所、次の時にはその倍になっていたそうです。

やはり、それだけ稼いできてくれる、広告塔にも成り得る芸人の方には便宜を利かすのでしょうね。

松本さんが吉本の偉い人に怒鳴った!?

昔、ダウンタウンの松本さんがテレビで、吉本興業の偉い人に対して怒鳴り声を上げている光景がありました。

勿論、ヤラセであり、そこにいた若手芸人に対するドッキリです。

そこにいた若手芸人の方達は皆さん顔色が青く、茫然とする顔が面白いのですが、確かに松本さんクラスでなければできないなぁ…なんて思えますよね。

知名度は段違いで上がる

知名度ですが、それはもう段違いで上がります。

それは、東京が全国区によるものだからです。

関東にあるテレビ局は、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京が主ですが、ここで放送した番組を地方のテレビ局が系列として流すことはあっても、その逆はほとんどありません。

つまり、テレビ放送としてはまさに関東は全国区であり、それ以外は全てローカルなのです。

それは、知名度と人気が段違いであることを意味します。

関東のテレビで放送されれば、全国にその放送が行き渡るので、当然ローカル放送での出演に比べて質も量も段違いに知名度が上がります。

それは同時に人気にも当てはまることであり、当然人気はうなぎ登りとなります。

給料も段違いで上がる

地方でのテレビ番組出演では、一本当たり数万円~十数万円くらいがギャラの目安ですが、東京だと一本数百万円、というのも決して珍しい話ではありません。

上沼恵美子さんは、東京と関西ではギャラの桁が違うと言っています。

やはり、それだけ収入が違うのでしょうね。

お笑いコンビの千鳥は東京進出を果たしていますが、ツッコミ役であるノブさんの給料についてテレビで垣間見れる時がありました。

大阪で活躍していた時には、106万円だったそうですが、2015年の給料明細を番組のリポーターが見た時、「桁が違う…」と絶句しています。

一体、どれほどだったのか、気になりますねえ。

お笑い番組以外にも出演

東京の番組では、バラエティ番組以外にもお笑い芸人の出演の場は豊富です。

お笑い芸人がナレーターや声優を行ったり、真面目な番組で真面目に語る、というのも珍しくはありません。

これは地方ではあまり多いとは言えないのです。

そして、その番組で自分でも想像していなかった、思わぬ活躍を見せることがあります。

それは自分の可能性に気付くことでもあり、また活躍の場所が広がることでもあるのです。

それに魅力を感じる人も多く、やはり東京というメジャー進出は憧れの夢なのです。

吉本興業は若手に厳しい

吉本興業は、様々なウワサでご存知の方も多いでしょうが、とにかくケチで有名です。

吉本芸人の方々が、笑いと悲しみの両輪で話す光景をよく見ます。

若手芸人の仕事のギャラの9割を持っていく、とか、交通費やATMの手続き料金の方が高かった、など唖然とする話が多いです。

実際、吉本興業の若手の芸人は、バイトがメインの収入である方の割合が高いです。

その苦しい状況でも、一度栄光を掴めば元が取れる所ではない見返りがあるので、そんな中でも日々努力して成功しようとしているのです。

吉本興業はお笑いの総合商社

吉本興業は、芸能プロダクションを中心に、テレビ番組を制作したり、不動産業などの事業を行う複合企業です。

芸能プロダクションに関しては、1912年創業という、最古の歴史があります。

ちなみに、芸能プロダクションとしての役割は、2007年10月に分社化した時に、「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」に移行しましています。

芸能人の活動支援に留まらず、テレビ・ラジオ番組の制作、演芸の興業にも携わっています。

大阪府と東京都に本社があり、名古屋、札幌、広島、福岡に事務所があります。

古くからお笑いに掛ける情熱は強いものがあり、関西のみならず関東にも多くの人気芸人を輩出しています。

その存在力は非常に高く、吉本無しでは番組が作れない、と言わしめるほどの権威があると言われています。

これからも期待

吉本興業の東京進出は、明石家さんまさんや島田紳助さんに始まり、そして毎年現れ続けて私達を笑わしてくれます。

今後もまた、地元で鍛えた芸で私達を存分に笑わせて欲しいですね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!