GSOMIA破棄した場合の韓国の描いている構想は?韓国国内の世論は?

日本と韓国との間で締結されたGOMIAの失効期限が、2019年11月23日0時に迎えます。

日本とアメリカはその破棄撤回に向けて会談などを繰り返していますが、韓国側に撤回の意志はなくこのまま破棄を迎えるものではとされています。

韓国はGSOMIAを破棄した時にどのような構想を描いているのでしょうか。

また韓国国内の世論の現状はどのようなものなのでしょうか。

今回は、GSOMIAを破棄した韓国の描いている構想、韓国国内の世論などについてまとめました。

GSOMIAとは

GSOMIAとは多国間の中で軍事的な機密情報を共有したり、その情報を他国へ漏らすことを防ぐ為に行われる協定です。

正式には「General Security of Military Information Agreement(軍事情報に関する包括的保全協定)」で、そこからGSOMIAと略称で呼ばれています。

日本は、現在の時点ではアメリカや韓国・NATOなど7か国と協定を結んでいます。

韓国とは2016年11月23日に締結し、1年ごとに協定の再締結を行っています。

ただし、日韓のいずれかによる破棄の宣言がその3か月前に無い限り自動的に更新される仕組みとなっています。

韓国政府によるGSOMIAの破棄

自動更新の日を目前にした2019年8月22日、韓国政府はGSOMIAの破棄を宣言しています。

これによって日本と韓国のGSOMIAは破棄されることになり、東アジアのみならず仲介したアメリカを含めて大きな騒ぎとなりました。

韓国政府はその決定に対して、日本政府が韓国をホワイト国から除外したことを挙げ、それによって信頼できない国であることを理由としています。

これ以降、日米は破棄を撤回するよう会談などで繰り返していますが、交渉点を見出すことはなく現在に至っています。

GSOMIAによるアメリカの利益

アメリカは日韓のGSOMIAが締結していることにより、日韓から上がってきた情報を元に東アジアでの軍事活動を立案し行っています。

しかし日韓のGSOMIAが破棄となると、個別に情報を隠匿しなければならないという建前上、今後は立案そのものに非常に手間がかかる危険性が出てきます。

また東アジアでの日米韓による自由主義同盟の一角を崩すものでもあり、アメリカとしては到底容認できるものではないと見られています。

アメリカはこれまでも様々な高官を派遣してGSOMIA破棄の撤回の会談を行っていますが、現時点ではそれは叶わずそして今後破棄を迎えるものと見られています。

GSOMIA破棄の背景

こうした日米の撤回の要求に、頑なに反発し続ける韓国政府の心情はいかなるものなのでしょうか。

その背景には日本への強い反発意識があると、ジャーナリストの須田慎一郎さんは指摘しています。

「なぜ韓国がこういう行動に出るのかと言うと、2つの理由があります。1つは、国内世論向け。日本に譲歩したという姿を見せることができないということです。

文在寅政権を支えている人たちは、日本に厳しい視線を向けている人たちが多いですから。

もう1つは、面子の問題です。日本には2つの選択肢があって、是々非々で臨むのか、裏側で韓国の面子を立てながら、というところになるのかという選択肢です。

後者を選んだ場合、またいつか来た道になってしまいます。

そうなると今後も繰り返されて、問題解決には至りません。

厳しく臨むべきでしょう。ここは日本側の対応も試されていると思います。」

引用元:ニッポン放送(https://www.1242.com/lf/articles/213430/?cat=politics_economy&pg=cozy)

GSOMIA破棄に対する韓国国内の世論

韓国国内では、この破棄決定を維持するべきだとする意見が過半数を占めています。

韓国の世論調査機関であるリアルメーターが18日に発表した「GSOMIA終了決定に対する国民世論調査」の結果は以下の通りです。

◯維持すべき…55.4%
◯延長すべき…33.2%
◯解らない……11.4%

参考:中央日報(https://japanese.joins.com/JArticle/259683)

こうした声を鑑みて、現在の韓国政府が破棄の撤回を行うことは難しいと判断されています。

GSOMIA破棄後の韓国が描いている構想

韓国はGSOMIAの破棄の後、どのような構想を抱いているのでしょうか。

報道では、GSOMIA締結以前に結んでいた「TISA」を強化してGSOMIAの代用にしようと考えているのではとされています。

大統領府関係者の話として浮上しているのが、2014年に締結された日米韓3カ国の国防当局間の情報共有に関する取り決めである「TISA」を強化して、「GSOMIA」並みにしてしまおうという提案だ。

引用元:文春オンライン(https://bunshun.jp/articles/-/15561?page=2)

GSOMIA破棄後の韓国が描いている構想案:TISA

「TISA」とは「日米韓三カ国情報共有取極」であり、北朝鮮の核やミサイルに限定した情報をアメリカが仲介するという仕組みで2014年12月に締結しています。

こうしたシステムをGSOMIAのレベルにまで引き上げることにより、代用できるのではとした提案と言えます。

しかし、このTISAは行政的な手続きが繁雑でそれ故にもっと使いやすいGSOMIAを締結しようと提案したことが日韓のGSOMIAの締結の起源です。

ならばなぜGSOMIAを破棄したのか、という根本的な疑問にも繋がりかねない話です。

また現時点ではその可能性について関係者からの話として報道されたのみであり、米韓のいずれも正式な発表には至っていません。

GSOMIA破棄は外交政策

そもそも韓国がGSOMIAを破棄したのは外交政策の一環であり、アメリカを通じて日本から譲歩を引き出すためであるとも見られます。

しかし実際にはアメリカは日本ではなく韓国に対し遺憾の意を示しており、韓国としては降り降ろした手を下げることができなくなってしまった状態であるとも言われています。

この話の通りならば、韓国としてはGSOMIAの破棄後に対し明確なヴィジョンを想定していないとも考えることができると言えます。

GSOMIA破棄後の東アジアの動向に注目

現時点では日韓ともにお互いの不信感は根強く、GSOMIAはまず破棄を迎えるものと思われます。

それによってアメリカを含めた東アジアの勢力図はさらに変貌を遂げる可能性もあり、今後も注目する必要があると言えるでしょう。

今回は、GSOMIAの破棄が迫っているニュースや、GSOMIAを破棄した韓国の描いている構想、韓国国内の世論などについてまとめました。

GSOMIA関連記事

関連記事

日本と緊張状態が続く韓国ですが、22日に韓国政府より日本と結んでいる軍事的な協定である「GSOMIA」の破棄が発表されており、世界中が大いに揺れています。 これによって、日米間の3国で連携されていた枠組みから韓国が離脱したと見なされる[…]

関連記事

韓国政府によってGSOMIAの破棄が発表されましたが、続けて条件付きで破棄の撤回を行う旨を本日27日に発表されました。 その内容は、日本政府による輸出管理強化措置撤回に基づいており、それに対する取引材料として用いているとのことです。 […]

関連記事

先月22日に韓国政府によって破棄が進められた日韓のGSOMIA。 韓国としては日本政府によるホワイト国除外を撤回させたい狙いがあり、現在でもたびたび交渉カードとして用いています。 報道されたところでは、日韓議員連盟として韓国へ訪[…]

最新情報をチェックしよう!