小林浩美会長が謝罪!暴言問題を起こした選手は?なぜ問題は起こったのか経緯解説

LPGAツアー第34戦NOBUTA GROUP マスターズGCレディース(賞金総額2億円、優勝賞金3,600万円)大会で、参加選手がゴルフ場の副支配人に暴言を吐いたとして問題になっています。

小林浩美会長が暴言があったことを認め謝罪しました。

なぜこんな問題が起きたのでしょうか。

そこで今回は小林浩美会長が謝罪した件について、暴言問題を起こした選手は誰なのかや問題が起こった原因やネットの反応について経緯を解説します。

小林浩美会長の謝罪を伝える報道

まず最初に小林浩美会長の謝罪を伝える報道から見ることにしましょう。

女子ゴルフベテラン選手の「死ね」など不適切発言が波紋 小林会長が謝罪「申し訳ない」

ベテラン選手が関係者に「死ね」などと暴言を吐いたとされる件について、日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長が27日、女子ゴルフのマスターズGCレディースが行われているマスターズGC(兵庫県三木市)で報道陣に対応。

「あってはならない不適切な発言があったということは確認できている。(関係者には)大変申し訳ないことをしましたし、そこは本当におわびを申しました」と説明した。

一方で「事実関係を確認中なので、途中経過は言えない」として、詳細は明かさず。近日中に協会のコンプライアンス・倫理規定に沿って当該選手のヒアリングなどを行い、事実確認をした上で処罰も検討するとした。

引用元:デイリースポーツ 10/27(日) 14:31(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-00000075-dal-golf)

事実を確認中として当該選手の氏名は伏せているようです。

暴言を吐いたのは誰?

実はこの問題を指摘したのは女子プロゴルファーのある大物です。その方が次のように指摘しました。

【綾子の視線】大問題!ある選手が関係者に「死ね」 LPGAはもっと選手の教育を

今回はプレーとは別に、一つ話しておきたいことがあります。

大会前のことです。

ラウンド前のストレッチなどでコースの風呂場を利用する選手は多いのですが、置いてあるタオルがなくなっていくことが続いており、LPGAと大会運営側が協議して今大会は風呂場にタオルを置くのをやめたのです。

すると、ある選手が「何で置いてないのか」とスタッフに食ってかかったという。

理由を説明されると「(風呂場に)髪の毛が落ちている。きれいにしたらどうだ」などと難癖をつけはじめ、「タオルを出せ」「出せない」の押し問答を展開。

あげく、対応にあたったコースの副支配人に「頭が固い。死ね」と捨てぜりふを吐いたというのですから、これは大問題ですよ。

この選手は優勝したこともあるベテランプロ。

本来は若いプロの模範とならなければいけない。

本人にも言い分はあるでしょうが、言ったことは取り返しがつかない。

スポンサーに対してこういう行動を取るのはとても残念だし、不愉快です。

引用元:デイリースポーツ 2019.10.27(https://www.daily.co.jp/golf/2019/10/27/0012823476.shtml)

指摘をしたのは岡本綾子さんなんです。

そして暴言を吐いた選手は名前こそ明らかにされていませんが、優勝したこともあるベテランのプロとしています。

ただし別の報道では名前が出ています。

その報道とはこちらです。

暴言を吐いたのは笠りつ子(31)選手です。

暴言をした笠りつ子選手とは?

笠りつ子選手のプロフィールを確認しておきましょう。

・笠りつ子


名 前:笠 りつ子
生年月日:1987年11月4日(31歳)
身 長:160 cm (5 ft 3 in)
体 重:58 kg (128 lb)
国 籍:日本
出身地:熊本県

経 歴

プロ転向:2006年

成績

優勝回数:日本女子 5回
初優勝:ニトリレディスゴルフトーナメント(2011年)
世界ランク最高位:45位(2012年4月2日)
賞金ランク最高位:日本女子 10位(2011年)

笠 りつ子(りゅう りつこ、1987年11月4日 – )は、日本の女子プロゴルファー。

熊本県菊池郡菊陽町出身。東海大学付属第二高等学校卒業、九州東海大学(現・東海大学)中退。

所属はテレビ熊本を経て、2012年現在京セラ。

兄の笠哲郎もプロゴルファー。

暴言問題はなぜ起きたのか

なぜこのような問題が起きたのかと言うと風呂場を利用した選手たちが、備品であるバスタオルを持ち帰るというケースが、後をたたなかったからです。

ではどうしてバスタオルを持ち帰るのでしょうか。

家で使うため?いや、それならまだいいんですが、クラブを拭くなど自分の装備の掃除に使っていたようです。

一人で何枚も持ち帰る選手もいたようで、前々から問題になっていました。

ですから今回の大会ではバスタオルを置かないことになりました。

暴言問題についてTwitterの反応

この件についてTwitterでは様々なツイートが寄せられています。

暴言による処分は?

以上、女子プロゴルフの暴言問題について見てきました。

暴言をしたのは笠りつ子選手です。

近々、処分が下されるものと思われますが、ここまで問題が大きくなっている以上、口頭注意などの軽いものでは済まない可能性があります。

笠りつ子選手は自らしばらく謹慎した方がいいかもしれません。

謝罪関連記事

関連記事

リクルートキャリアは、就職情報サイト「リクナビ」で就職活動を行っている学生の「内定辞退率」を予測し、企業に公表する「内定辞退予測サービス」の廃止を発表しています。 また厚生労働省からリクナビに対してヒアリングを行うとの情報もあり、リク[…]

関連記事

6月7日、大麻取締法違反の罪で起訴された人気アイドルグループ「KATーTUN」の元メンバーである、田口淳之介被告が保釈されました。 勾留されていた警察署から出る時に待ち構えていた報道陣に対し、謝罪の言葉を述べた後に、土下座をしたことが[…]

関連記事

2019年4月18日、スポニチ・アネックスの報道によるとフリーアナウンサーの赤江珠緒さんが自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「たまむすび(TBSラジオ)」(月〜金曜後1:00)に出演し、19日に発売される写真週刊誌『FRIDAY (5月[…]

最新情報をチェックしよう!