小室哲哉とKEIKO離婚調停報道真相は?慰謝料やその他お金問題や今後の展望は?

音楽プロデューサーとして有名だった小室哲哉さんと、その妻であるKEIKOさんが離婚調停中であることが報道されています。

今年に入ってから何度も調停は行われており、お互いの妥協点を見い出せない泥沼化の展開を繰り広げている模様です。

慰謝料や婚姻費用の分担などのお金の問題や、今後の展望などはどんなものなのでしょうか。

今回は、音楽プロデューサーであった小室哲哉さんとその妻であるKEIKOさんの離婚調停報道や、慰謝料などのお金の問題や今後の展望についてまとめました。

小室哲哉とは元音楽プロデューサー

小室哲哉さんは元ミュージシャンであり、元音楽プロデューサーです。

1958年11月27日生まれの60歳であり、東京出身です。

1983年に音楽ユニット「TM NETWORK」を結成し、代表作とも言える「Get Wild」を始め数々のヒットソングを作り上げています。

1994年にTM NETWORKの活動が終了し、新たに音楽ユニット「globe」を結成、それと同時に色々な歌手に楽曲を提供する音楽プロデューサーとして活動を開始しています。

小室さんの音楽は爆発的なヒットを飛ばし、90年代もっとも成功した音楽家と言えます。

小室哲哉の成功と借金

その度重なる音楽プロデューサーとしての成功は、長者番付で4位に食い込むという金銭的にも途方もない成功を収めています。

しかしそれに慢心したのか派手な浪費や自身のビジネスの失敗などを繰り返すことになり、借金が資産を上回る形で噴出し、識者によっては「成功がアダとなった」と言われています。

また小室さんが著作権を持っていない自身の楽曲を売り渡すという著作権譲渡詐欺を行ってしまい、2009年には「懲役3年・執行猶予5年」の有罪判決が下され巨額の損失を出しています。

その借金の額は色々増減し、現時点では約10億円の借金があるとされています。

KEIKOはglobeのボーカル

KEIKOさんは、歌手であり現在の小室さんの妻です。

1972年8月18日生まれの47歳であり、大分県出身です。

音楽ユニット「globe」のボーカルであり、その活動の中で2002年に小室さんと結婚しています。

実のところ小室さんは浮いた話が多い人であり、KEIKOさんは3人目の妻となっています。

2011年にくも膜下出血を患い、それ以降は小室さんや家族に支えられた療養生活を送っており、現在まで芸能活動は行っていません。

小室哲哉の不倫報道と引退宣言

小室さんは詐欺事件がひと段落ついた2010年頃から音楽活動を再開していましたが、2018年に看護師の女性との不倫記事が報道されたことにより記者会見を開き、その場で引退宣言を行っています。

その中でKEIKOさんの介護疲れや自身の聴覚の不調について訴えており、心身ともに限界を迎えていることを明かしています。

現在では印税を元に、借金を返済しながら生活をしている模様です。

小室哲哉とKEIKOの離婚調停報道

昨日21日に報道されたところによると、小室さんとKEIKOさんは現在別居中であり、離婚についてたびたび打ち合わせや調停が行われている模様です。

今年に入って既に5回の調停が行われており、金銭面での合意で揉めていることが明かされています。

また小室さんはKEIKOさんの介護疲れを報告していますが、KEIKOさんは小室さんは介護に参加していない現状を明かしており、泥沼化した様相を呈しています。

音楽プロデューサー・小室哲哉氏(60)と妻で歌手のKEIKO(47)が離婚調停中であることが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。今年に入り、東京家庭裁判所に関連した書類が提出され、すでに5回の調停が行われている。

引用元:ライブドアニュース(https://news.livedoor.com/article/detail/17266181/)

小室哲哉とKEIKOの離婚による慰謝料などお金の問題

2人が話し合っている案件の中に、別居中の生活費等などを指す「婚姻費用分担請求」というものがあります。

小室さんはそれについて「月額8万円」を掲示していますがKEIKOさんはそれが不当であるとして調停が繰り返されている模様です。

小室さんは現在でも印税によって1億円以上の収入がありますが、借金返済や経費などを考えれば自身の収入は600万円台であるとし、それを元に算出した額となります。

しかし、小室さんは

◯現在でも月額100万円以上する高級マンション住まい

◯KEIKOさん以前の元妻に対し、月に130万円以上の慰謝料や養育費を現在でも支払っている

などの状況を送っており、KEIKOさん側としては「月額8万円」に納得がいかないとして、現在最も熱い争点となっている模様です。

なお、以前あった小室さんの看護師との不倫についてはその時に話し合いによってケリがついた案件なのか、慰謝料についての話は報道されていません。

小室哲哉とKEIKOの今後の行方

現状では2人の関係には非常に大きい亀裂が入っており、円満に解決することは難しいのでは、とされています。

また音楽ユニット「globe」は現在でも沢山のファンがおり、その再活動を願っています。

今年3月には、globeのメンバーであるマーク・パンサー氏が再開に向けて意欲を燃やしている報道がされています。

しかし、円満な内に離婚が成立するのならともかく、この状態で再開は非常に難しいのでは、とされています。

タレントのハイヒール・リンゴさんは、この二人が組んで活動再開して恋の歌を歌っても冷めるだけでは、としており悲観的な見方をしています。

「ハイヒール・リンゴは報道内容について「(小室氏とKEIKOは)お互いに思いやりがないですもんね」と指摘し、「もしライブやったとしても、もうお互いに思いやってない者同士が恋の歌を歌っても、何だかなあっていう。あんまり見たくなかった感じですよね」と、復活には悲観的だった。」

引用元:デイリースポーツ online(https://www.daily.co.jp/gossip/2019/10/22/0012810468.shtml)

小室哲哉とKEIKOの今後の動向に注目

30~40代の日本社会の中核を担う人達にとって、TKミュージックは今でも聴くだけで踊りだしたくなるほど高揚するという方も多いことでしょう。

そうした音楽家のこうした状況を、かなり寂しく感じている方もやはり多いことだと思います。

円満に解決というのは難しいとは思いますが、なるべくそれに沿う形で解決することを期待したいところです。

今回は、音楽プロデューサーであった小室哲哉さんとその妻であるKEIKOさんの離婚調停報道や、慰謝料などのお金の問題や今後の展望についてまとめました。

小室哲哉関連記事

関連記事

歌手の華原朋美さんが妊娠中で出産することになり、ニュースとなっています。 かつて音楽プロデューサーである小室哲哉さんと組んで、様々な楽曲をミリオンヒットさせてきた歌姫であり、またその交際歴などで色々話題となった華原朋美さん。 そ[…]

関連記事

お笑い芸人の「ブルゾンちえみ」さんが、本日17日に放送されるミュージックステーション(略して、Mステ)に歌手として出演します。 今でこそキレの良いお笑いで人気のブルゾンちえみさんですが、元々は歌手として芸能界に入ろうと希望していたので[…]

関連記事

『ワンダフルガールズ』って憶えていますか。 TBSの深夜番組『ワンダフル』で番組アシスタントを務めていた女性たちです。 初代ワンダフルガールズメンバーとして、今でもご活躍されている代表格的な方は、釈由美子さんや国分佐智子さんを輩[…]

最新情報をチェックしよう!