即位礼正殿の儀がYouTubeで!時間やURLは?即位パレードはやらないの?

天皇陛下が即位を内外に宣明する「即位礼正殿の儀」が執り行われました。

NHKを始めテレビ各局でも中継されますが、YouTubeでも視聴することが出来ます。

また即位パレードの「祝賀御列の儀」は台風19号の被害を鑑み、11月10日の日曜日に変更されました。

今回は即位礼正殿の儀がYouTubeで見られることや、その時間や関連URLは、即位パレードはやらないのに?という疑問についてまとめました。

あわせて、世界中から来日した要人についてもご紹介します。

即位礼正殿の儀について日本政府の告知

日本政府は「即位礼正殿の儀」を13時からYouTubeのチャンネルで生中継しました。

天皇陛下の「即位の礼」に関するお知らせ

・天皇陛下の御即位を広く披露(ひろう)するための「即位の礼」が、10月22日(火)から、国の儀式として行われます。
・儀式には、200近い外国の元首・祝賀使節が参列します。また、10月22日(火)は、国民こぞってお祝いするため、今年に限り休日となります。

◯即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)

御即位を公に宣明され、その御即位を内外の代表がお祝いする儀式です。10月22日(火)に宮中で行われます。

インターネット ライブ中継

「即位礼正殿の儀」の模様を「政府インターネットテレビ」、「YouTube首相官邸チャンネル」にてライブ中継します。

中継ページはこちら。

政府インターネットテレビ
https://dwl3.gov-online.go.jp/video/cao/dl/public_html/gov/sp/gosokui/live.html

YouTube首相官邸チャンネル

政府広報オンライン
https://dwl3.gov-online.go.jp/video/cao/dl/public_html/gov/sp/gosokui/index.html

即位パレードは延期で時間の変更は?

即位パレードの「祝賀御列の儀」は11月10日の日曜日に変更されました。

パレードは午後3時に皇居・宮殿を出発し、おおむね午後3時半に赤坂御所に到着する予定となっています。

パレードにはセンチュリーのオープンカーが使われる予定です。

ちなみにお値段は8000万円と言われています。

即位礼正殿の儀には世界中から要人が来日

即位礼正殿の儀には世界180ヶ国以上から約2000人の要人が招待されました。

主要来賓だけでもこれだけの数に上ります。

・主要来賓一覧

アメリカ:イレーン・チャオ運輸長官
スウェーデン:カール16世グスタフ国王、ヴィクトリア皇太子
オランダ:ウィレム=アレクサンダー国王、マクシマ王妃
スペイン:フェリペ6世国王、レティシア王妃
ベルギー:フィリップ国王、マティルド王妃
ルクセンブルク:アンリ大公
カンボジア:ノロドム・シハモニ国王
ブータン:ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王、ジェツン・ペマ・ワンチュク王妃
ヨルダン:アブドゥッラー2世国王
ブラジル:ジャイール・ボルソナーロ大統領
ウクライナ:ウォロディミル・ゼレンスキー大統領
インド:コビンド大統領
イギリス:チャールズ皇太子
バングラデシュ:アブドゥル・ハーミド大統領
コモロ:アザリ・アスマニ大統領
ネパール:ビドヤ・デビ・バンダリ大統領
コソボ:ハシム・サチ 大統領
モルドバ:イゴル・ドドン大統領
オーストリア:ベレン大統領
韓国:イ・ナギョン首相
中国:ワン・チーシャン国家副主席
ドイツ:シュタンマイアー大統領
トーゴ:ニャシャンベ大統領
ジョージア:サロメ・ズラビシュヴィリ大統領
キプロス:ニコス・アナスタシアディス大統領
フィリピン:ロドリゴ・ドゥテルテ大統領
パレスチナ:マフムード・アッバース大統領
マルタ:ジョージ・ヴェラ大統領
ノルウェー:ホーコン王太子
デンマーク:フレデリック王太子、メアリー王太子妃
サウジアラビア:ムハンマド・ビン・サルマーン王太子
バチカン:フランチェスコ・モンテリージ枢機卿
ミャンマー:アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相
タイ:プラユット・チャンオチャ首相
イスラエル:ベンヤミン・ネタニヤフ首相
カザフスタン:ダリガ・ナザルバエフ上院議長
ロシア:イリヤス・ウマハノフ上院副議長

G20以上のVIPの数です。

安倍総理は大忙しな時間組み

安倍総理は21日から25日にかけて来日した要人と会談する予定です。

21日だけでもこれだけ会談しているんです。

首相動静―10月21日

【午前】

8時24分、皇居。「即位礼正殿の儀」の所作確認。杉田和博官房副長官、山崎重孝皇位継承式典事務局長、山本信一郎宮内庁長官同席。

9時10分、東京・元赤坂の迎賓館。24分、モルディブのソリ大統領と会談。

52分、ネパールのバンダリ大統領と会談。

10時25分、ミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問と会談。

53分、オマーンのアスアド国王代理兼国際関係・協力担当副首相と会談。

11時14分、スロバキアのチャプトバー大統領と会談。

36分、コートジボワールのワタラ大統領と会談。

【午後】

0時44分、パレスチナ自治政府のアッバス議長と会談。

1時16分、フィンランドのニーニスト大統領と会談。

31分、ルーマニアのヨハニス大統領と会談。

49分、リトアニアのナウセーダ大統領と会談。

2時7分、ウクライナのゼレンスキー大統領と会談。

45分、セルビアのブルナビッチ首相と会談。

3時7分、レソトの国王レツィエ3世と会談。

29分、ミクロネシア連邦のパニュエロ大統領と会談。

53分、パラオのレメンゲサウ大統領と会談。

4時16分、モンゴルのフレルスフ首相と会談。

53分、エスワティニ(旧スワジランド)の国王ムスワティ3世と会談。

5時18分、スぺインの国王フェリペ6世と会談。

6時、フランスのサルコジ元大統領と会談。

27分、コソボのサチ大統領と会談。

45分、ニジェールのイスフ大統領と会談。

7時9分、サウジアラビアのトルキー国務相と会談。

27分、ヨルダンのフセイン皇太子と会談。8時39分、公邸。

引用元:朝日新聞 2019年10月21日20時45分(https://www.asahi.com/articles/ASMBP6598MBPUTFK01B.html)

一日に23人もの要人と会談しています。

分単位のスケジュールとは驚きです。

即位礼正殿の儀の御言葉から見えるこれからの皇室

以上、「即位礼正殿の儀」について見てきました。

天皇陛下のお言葉の中には上皇陛下について述べられた下りがありました。

「上皇陛下が30年以上にわたる御在位の間、常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その御心を御自身のお姿でお示しになってきたことに、改めて深く思いを致し、ここに、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います」

上皇陛下が築いてきた象徴としての天皇像を継承していくということでしょう。

11月10日の「祝賀御列の儀」が楽しみですね。

即位礼正殿の儀関連記事

関連記事

2019年10月22日に即位礼正殿の儀が行われます。 それに伴い22日は2019年限りの祝日とされました。 世界各国から要人が来日するため、既に都内では交通規制が始まっています。 普段なら10分程度で通過できるところが、1[…]

関連記事

2019年4月30日は平成最後の日となる今日は全国的に雨模様の一日となりました。 まるで平成を惜しむ涙雨のようです。 そして一夜明ければ新しい元号「令和」が始まります。 皇太子徳仁親王殿下が即位される日でもあるわけですが、[…]

関連記事

天皇陛下の世界的地位をご存知でしょうか? 実は世界的地位ランキングがスゴいのです。 日本人であれば、天皇陛下が世界的にどれほどスゴい方かというのは、
ぜひ知っておいてもらいたいことです。 中華圏を除いて世界的に見れば、日本[…]

最新情報をチェックしよう!