貴ノ富士に引退勧告も裁判発展か?これまでの経緯や相撲協会の対応に問題は?

元貴乃花部屋の貴ノ富士に引退勧告が出されました。

これに対し貴ノ富士はスポーツ庁に上申書を提出して、弁護士を伴って記者会見を開き、反論をしています。

そもそもどうしてこんな事態に陥ったのでしょうか。

これまでの経緯はどのようなものだったのでしょう。

相撲協会の対応は正しかったのでしょうか。

そこで今回はこの話題を検証してみたいと思います。

貴ノ富士は一体何をしたのか、その処分は妥当なものなのか、また過去に裁判にまで発展した例はあるのかなど見ていくことにしましょう。

貴ノ富士引退について報道はこう伝えた

 (661字)

この件をマスコミはどのように伝えているのでしょうか。見てみましょう。

暴行問題・貴ノ富士が異例の処分軽減要望 弁護士立てて協会と争う事態に?

大相撲の十両貴ノ富士(22=千賀ノ浦)の暴行問題が新たな局面を迎えた。貴ノ富士は8月31日に付け人の序二段力士に対して暴力を振るったことが発覚。9月場所を休場して謹慎し、日本相撲協会のコンプライアンス委員会から事情聴取を受けた。同委員会がまとめた処分案をもとに、相撲協会は26日の理事会で正式な処分を決定する。

その矢先、貴ノ富士の代理人弁護士は25日にスポーツ庁へ適切な措置を求めて上申書を提出。前日24日には相撲協会へ寛大な処分を求める要望書を提出したことも明らかになり、大きな波紋を呼んだ。

力士が協会から処分を受ける前に上申書や要望書を提出するのは異例。師匠の千賀ノ浦親方(58=元小結隆三杉)には事前に相談していなかったという。貴ノ富士の代理人弁護士は本紙の取材に応じ、貴ノ富士が師匠や委員会から引退を勧告されていると明かした。

その上で「懲戒解雇」や「引退勧告」などの厳罰となった場合、協会に地位保全などを求める訴訟を起こす可能性については「本人に相撲を続ける意思があれば、何かアクションを起こす」と否定しなかった。

引用元:東スポWeb 2019年09月26日 16時30分(https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/sumou/1562661/)

どうやら事と次第によっては裁判にもつれ込むことになりそうです。

貴ノ富士引退勧告までの経緯は?暴行は2度目?

貴ノ富士は以前も暴行事件を起こしています。

新十両の3月場所8日目、付き人を務めていた同部屋の序二段・貴西龍に対して連絡ミスを理由として、支度部屋で暴行を加え顔面打撲・口内裂傷などの負傷をさせました。

そのため、師匠の貴乃花から謹慎を申し渡され9日目から同場所を休場します。

理事会は1場所(2018年5月場所)の出場停止処分を下します。

なおこの件は警察も捜査に入り検察へ書類送検しています。

大阪地検は起訴猶予処分としました。

今回の暴行事件は2019年8月31日に起きました。

貴ノ富士が稽古総見を終えて部屋に戻った後、付け人の序二段力士の頭部を殴る暴行を加えたというものです。

9月2日に被害者力士ら3人が姿を消したため、師匠の千賀ノ浦が連絡をとって2日深夜に詳細を把握しました。

その後、千賀ノ浦が相撲協会に報告し、9月場所は出場自粛となりました。

相撲協会はコンプライアンス委員会に調査を委託。

コンプライアンス委員会は相撲協会に答申し、それを受けて相撲協会は処分を決定。

貴ノ富士ら関係者に伝えました。

貴ノ富士は何をしたのか

貴ノ富士は一体何をしたのでしょうか。

報道によると暴力の他にも暴言などがあったようです。

調査内容からの答申書によると、貴ノ富士は今年5月から7月にかけて、失敗を繰り返す新弟子4人に対し「障がい者」などと呼び、物覚えの悪い一人には「ニワトリ」とあだ名をつけるなど、悪質な言動を取っていた。さらに8月31日の稽古総見後、自分より先に風呂に入った付け人の行動に立腹し、右拳で1回殴打したという。

引用元:東スポWeb 9/26(木) 19:20(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000039-tospoweb-spo)

これが本当なら絵に描いたようなパワハラですね…。

裁判に発展したことはあるのか

これまで相撲協会から下された処分を不服として、裁判にまで発展した例はあるのでしょうか。

実はあるんです。

2011年、大相撲は八百長疑惑で揺れました。

相撲協会は複数の力士に対して引退勧告を行ったのですが、その中に中国出身の十両・蒼国来がいました。

蒼国来は処分を不服として引退勧告を受け入れませんでした。

そのため相撲協会は解雇処分としました。

蒼国来は東京地裁に不当解雇に対する地位保全の訴えを起こします。

2013年に判決が下り蒼国来の訴えが認められ相撲協会は敗訴となりました

。蒼国来は実に13場所ぶりに土俵に復帰して、現在でも十両の地位を維持しています。

貴ノ富士事件についてネットの反応

この件はネット上でも様々な意見が寄せられています。Twitterを見てみましょう。

貴ノ富士を擁護する声も少なからずあります。相撲協会への不信感の現れでしょうか。

貴ノ富士のプロフィール

ここで貴ノ富士のプロフィールを確認しておきましょう。

貴ノ富士三造

四股名:貴公俊 → 貴ノ富士
本 名:上山 剛
愛 称:ツヨシ
生年月日:1997年5月13日(22歳)
出 身:栃木県小山市
身 長:190cm
体 重:157.2kg
BMI:43.55
所属部屋:貴乃花部屋→千賀ノ浦部屋
得意技:右四つ、寄り

成績

現在の番付:西十両5枚目
最高位:西十両5枚目
生涯戦歴:165勝112敗20休(40場所)
優 勝:幕下優勝1回

貴ノ富士 三造(たかのふじ さんぞう)は、栃木県小山市出身で、千賀ノ浦部屋(入門時は貴乃花部屋)所属の現役大相撲力士です。

同じ部屋の貴源治は双子の弟であり、2016年の夏巡業から2017年春巡業まで、兄弟で初切(しょっきり)を担当していました。

2018年3月場所にて自身が新十両に昇進したため、先に関取となっていた貴源治と合わせて、史上19組目の兄弟関取となりました。

その中で双子は初の事例となります。

父が日本人で母がフィリピン人なのでハーフになります。

貴ノ富士の評判が悪かった

以上、貴ノ富士への引退勧告について見てきました。

当初、千賀ノ浦部屋の力士たちは、元貴乃花部屋の力士の受け入れに反対だったそうです。

特に貴ノ富士は素行が問題とされました。

そこで、千賀ノ浦は貴ノ富士に暴力は振るわないという誓約書を書かせて受け入れたと言われています。

今回はその誓約書を反故にしたわけですから、千賀ノ浦部屋としても厳しい処分は当然と受け止めているように見えます。

今後、引退勧告が解雇処分となった場合、貴ノ富士は裁判を起こすのでしょうか。

蒼国来のケースとは異なりますから、処分を覆すのは困難かもしれません。

いずれにせよ、しばらくは貴ノ富士の動向から目が離せません。

引退勧告関連記事

関連記事

社会問題となった吉本興業の芸人達による「闇営業」問題ですが、その中でも特に大物芸人である宮迫博之さんが19日に吉本興業を引退した、ということが判明し話題となっています。 宮迫さんが吉本興業を通して行っていた仕事は今後行われないことにな[…]

関連記事

Abemaテレビで3月21日にイチローさんの引プロ野球退会見の様子が放映されました。 しかし、AI字幕が面白かったため、視聴者側は困惑と面白さで会見に集中できない人も多数いた模様です。 イチローさんの名言がAI字幕によって珍回答[…]

IMG
関連記事

これまで沖縄県には進出していなかったセブンイレブンが、7月11日に沖縄県内14箇所で一斉にオープンしました。 地元は大いに盛り上がり歓迎しているようです。 また昨年引退した安室奈美恵さんに関わる花火イベントが、今年も開催されるこ[…]

最新情報をチェックしよう!