貴乃花が宮沢りえと破局理由を振り返る!当時の状況や馴れ初めに破局後の人生は?

横綱として相撲界で活躍し、現在ではタレントとして活動している貴乃花さんが、かつての婚約者である女優・宮沢りえさんとの破局について語ったことが話題となっています。

破局当時は詳しくその理由について語ることはありませんでしたが、今回貴乃花さんが告白した2人が破局した理由とはどのようなものだったのでしょうか。

また当時の状況や2人の馴れ初め、また破局後の人生はどんなものなのでしょうか。

今回は、貴乃花さんが宮沢りえさんとの婚約を破棄するに至った理由や、当時の状況や馴れ初め、破局後のそれぞれの人生についてまとめました。

貴乃花とは

貴乃花光司さんは第65代横綱であり、現在はタレントとして活動しています。

1972年8月12日生まれの47歳であり、東京都出身です。

大関であった「貴ノ花利彰」さんの次男であり、兄である若乃花さんと共に相撲界で活躍し、その素晴らしい相撲ぶりから「若貴フィーバー」として絶大な人気を博していました。

2003年に引退し、それ以降は貴乃花部屋の親方、また2010年から日本相撲協会理事として活動しています。

現在では相撲協会を退職し、タレントとして活動をしています。

宮沢りえとは

宮沢りえさんは、女優です。

1973年4月6日生まれの46歳であり、東京都出身です。

11歳の時にモデルとしてデビューし、それ以降はファッションモデルのみならずテレビドラマや映画などに女優としての活動も行っています。

1980年代後半から巻き起こった「美少女ブーム」の先駆けの一人と目されており、アイドルとして高い人気を誇っていました。

2000年代には女優としての活躍が前面に押し出されており、本格派女優として評価されています。

貴乃花と宮沢りえの婚約と破局の発表

1992年11月27日に、貴乃花さんと宮沢さんは婚約発表をします。

当時は貴乃花さんは20歳、宮沢さんは19歳であり、それぞれの世界で大きく活躍すると期待されていた人気の高い2人の婚約は祝福と共に注目されていました。

しかしその翌年の1993年1月27日に、婚約を破棄する発表が出され、世間に驚愕と衝撃が走ります。

会見では貴乃花さんは

◯「彼女への愛情がなくなりました」

と語っており、婚約破棄は貴乃花さんによる一方的なものではないかとウワサされ、また貴乃花さんに対し批判する声も上がっていました。

貴乃花と宮沢りえの馴れ初め

貴乃花さんと宮沢りえさんの結婚は、その交際についてすらほとんど報道されていない状態であった為、かなりの衝撃を当時の世相に与えています。

2人の馴れ初めに関しては、雑誌での対談ではないかというのが有力な説であり、それをきっかけに若乃花さんを含めた3人でプライベートを過ごすことが多かったようです。

歳が近いこともあって、その中で恋愛関係に発展していったのでは、とされています。

貴乃花が語る宮沢りえとの破局の理由

その当時、貴乃花さんも宮沢さんも、破局の理由について詳しくは語っていません。

今回貴乃花さんは、その理由について語っており、2人の置かれていた状況が結婚することを許さなかったこと状況を明かしています。

「宮沢が再婚して幸せに暮らしている事実を知り、長年連れ添った景子元夫人とも離婚してそれぞれの人生を歩み始めた今─。貴乃花は言葉を選びながら、宮沢との過去をこう吐露する。

「お互い、子供ながらに、大人の世界の会話をしなければならなかったのは、一つの苦しみを覚える経験でした。それぞれ進むべき道が違い過ぎたわけですが、背負っているものはとても似ていました。ともに一家の柱になるべくして生まれてきて、10代からひたすらにその道を歩んできた。お互いがその喜びも孤独も理解できますし、似たような境遇に共鳴、共感したところがありました。でも、もし(宮沢が芸能界を引退して)職を捨てることになれば、その生き方ができなくなるわけです。ともに親から生まれてきた身です。二人が名もない花だったら、それぞれの本意を大切にして、花を咲かせることができたのかもしれませんけどね……」

 長い年月を経たからこそ口にできる、精一杯の告白だった。」

引用元:ライブドアニュース(https://news.livedoor.com/article/detail/17323792/)

貴乃花と宮沢りえの破局当時の状況

婚約発表当時、宮沢さんは芸能界を引退し、相撲取りの奥さんとして、そしていわゆる「女将」として生きる決意を固めていたのでした。

しかし、そこに待ったをかけた人物がいます。

それは母親であり、マネージャーでもあった宮沢光子さんです。

光子さんにしてみれば娘のりえさんは人気絶頂のアイドルであり、また将来女優として大成するという見込みがあって、芸能界引退に対して強硬に反対した模様です。

それが貴乃花家と宮沢家の間に決定的な不和を呼び込み、結ばれることなく破局に至った、とされています。

貴乃花の宮沢りえに対する発言の真意

上記の状況を踏まえれば、婚約破棄発表での貴乃花さんの「彼女への愛情がなくなりました」という発言にも少し違った光が当たるとする人もいます。

「親方は会見で、“愛情がなくなりました”と話し、りえさんは破局後に激やせ。親方のほうがずいぶん叩かれました。ただ、実際にはりえさん側が結婚後は芸能界を引退するという話を反故にしたことが、破局の原因といわれている。

 親方は多くを語らないから今でもはっきりしないところがあるが、婚約発表後にりえさんへのオファーが殺到し、“りえママ(光子さん)”が翻意するなど、最後に両家の話し合いが決裂したという。それでも親方は表向き“あくまで自分の責任”というスタンスを貫いた」

引用元:NEWSポストセブン(https://www.news-postseven.com/archives/20181211_821023.html)

貴乃花さんの発言は多くの物議を醸しましたが、当時の貴乃花さんによるせめてもの贈り物であったとも言えるでしょう。

破局後の宮沢りえのその後

その後、宮沢さんは心身の多大な疲労によって劇痩せし、一時は芸能活動を休止しています。

しかし徐々に回復するにつれて芸能活動を再開し、女優として大成するに至っています。

プライベートでは2009年に一般人の男性と結婚し、また2016年の離婚の後の2018年にV6の森田剛さんと結婚しています。

破局後の貴乃花のその後

貴乃花さんは相撲取りとして大成する中、1995年に元フジテレビアナウンサーである河野景子さんと結婚しています。

長いこと相撲の世界に関わってきましたが、2018年に相撲協会を退職し、また同時期に河野さんと離婚しています。

現在ではタレントとして活動しており、また絵本作家としても活動しています。

今回貴乃花さんが宮沢さんとの破局について語ったのは、相撲協会の退職や河野さんとの離婚によって何も持たない一人に戻ったことで、当時を思い起こす境地に立ったのでは、とも言われています。

貴乃花と宮沢りえの今後の活躍に注目

貴乃花さんも宮沢さんもその世界ではトップの人気を誇り、その苦悩などを共有できることがきっかけで結びつきが強くなり、またトップであることが破局の理由に至ったと言えます。

恋愛小説のような不思議な因縁による2人のドラマであり、今となっては長い人生の中の一つのワンシーンなのでしょう。

その思い出を心の中で前向きに昇華した上で、今後の貴乃花さんと宮沢さんのますますの活躍に期待したいところです。

今回は、貴乃花さんが宮沢りえさんとの婚約を破棄するに至った理由や、当時の状況や馴れ初め、破局後のそれぞれの人生についてまとめました。

破局理由関連記事

関連記事

タレントの磯野貴理子さんが二度目の夫である24歳年下の男性と離婚したことを、出演した番組内で明かしたことが話題となっています。 一度目はかつてのマネージャーである正司宏行さんでしたが、上手く夫婦生活が続かずに破局し、そして離婚していま[…]

関連記事

歌手の華原朋美さんが妊娠中で出産することになり、ニュースとなっています。 かつて音楽プロデューサーである小室哲哉さんと組んで、様々な楽曲をミリオンヒットさせてきた歌姫であり、またその交際歴などで色々話題となった華原朋美さん。 そ[…]

関連記事

5月の下旬に大麻取締法違反の疑いで逮捕された田口淳之介被告と小嶺麗奈被告の初公判が、東京地裁で開かれました。 破局も噂されていた二人ですが、両者ともに「交際を続けていきたい」としその中で結婚に関しても発言がありました。 この発言[…]

最新情報をチェックしよう!