チュート徳井活動自粛の影響は?過去の事例やその後の展開に社会的影響など

税務申告の漏れに関する騒動で注目を集めているお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さんですが、26日に吉本興業から活動を自粛する報告を行ったことが話題となっています。

古来よりお金のやり取りに関しては厳しい目で見られるのが常ですが、この事件が与える社会的影響は一体どのようなものなのでしょうか。

過去の芸能人の事例や、その後の展開などはどんなものとなってしまうのでしょうか。

今回は、お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さんが活動自粛をしたニュースやその反響や影響、この騒動の社会的影響、過去の類似した事例やその後の展開などについてまとめました。

チュート徳井こと徳井義実とは

徳井義実さんは、吉本興業のお笑いタレントです。

1975年4月16日生まれであり、京都府出身です。

1995年に吉本興業に入社し、1998年に相方の福田充徳さんとお笑いコンビ「チュートリアル」を結成し、活動しています。

吉本興業に所属して24年の年季を誇り、お笑いの枠を超えて俳優や司会者としても活躍しており、現在でも10本のレギュラー番組がある人気お笑いタレントです。

チュート徳井の税務申告漏れ

お笑いタレントとして順調にその道を歩んでいた徳井さんですが、23日に税務申告の不備によって国税から約1億円の申告漏れを指摘されたことが報道されています。

徳井さんは自身が設立した個人会社「株式会社チューリップ」の代表であり、吉本興業から支払われる報酬などをその会社を通じて受け取っていました。

報告によれば、

◯株式会社チューリップは2012年から2015年までの4年間の中で、旅行費や洋服代などの個人消費を会社の経費として約2000万円計上

◯2016年から2018年にかけて税務申告を行っておらず、約1億2000万円の申告漏れ

があったとしています。

報道があった23日に、この件に対する記者会見が徳井さん自身によって行われ、謝罪と共に今後の予定については「皆様の判断による」と語っています。

チュート徳井の活動自粛の発表のニュース

テレビ出演などを含めた今後の動向に注目が集まっていましたが、26日に吉本興業から発表があり、徳井さんが芸能活動を自粛することが報告されています。

またそれに伴い株式会社チューリップの税金などに関する報告もなされており、ずさんな管理体制が露わとなったことも話題となっています。

「お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)が当面、芸能活動を自粛することが26日、吉本興業から発表された。個人会社「チューリップ」の申告漏れと所得隠しが発覚し、23日深夜に謝罪会見したが、2009年の会社設立以降、毎年期限内に申告せずに税務署の指摘を受けていたことや社会保険に未加入であること、個人事業主としても所得税の無申告を繰り返していたことがこの日までに判明。後手後手の対応で窮地に追い込まれた。
(一部略)
徳井の申し入れを受けた形で、吉本は活動自粛を発表。この日予定していた東京・ルミネtheよしもとの出演も取りやめた。徳井は「この度は、私の税金に関する問題において、世間の皆さま、関係者の皆さまに大変なご迷惑をかけ、不信感を与えてしまい、誠に申し訳ございませんでした。私自身深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことになりました。これからは、あらためて納税に対する意識、仕事のこと、自分自身のこと、しっかりと見つめ直していきたいと思っております」とコメントを発表したが、一度失った信頼を取り戻すにはいばらの道が待っている。」

引用元:スポーツ報知(https://hochi.news/articles/20191026-OHT1T50299.html)

<h3>チュート徳井の活動自粛の反響や影響、今後の展開</h3>

徳井さんの活動自粛に対し、一般視聴者のみならず芸能人を含めた関係者より、それが当然であるとしたコメントがされています。

今回の事例について、テレビの関係者は明白な違法行為でありしかも悪質であったとして活動休止に追い込まれることは当然である、との見方を示しています。

また過去の事例から考えても、まず1年ぐらいの活動休止は免れないのでは、としています。

「最近では不倫や反社会勢力への闇営業などでもタレントが活動休止においやられるケースも多い。徳井の場合は明白な違法行為で、かなり悪質ゆえに、活動休止等の処分はやむを得ない。徳井は会見を開いて『自分は無知で知らなかった』などと言い訳する可能性もありますが、旅行など私的な出費も経費で落としていたということなので、言い逃れできません。早くも各キー局は、収録済の番組で徳井の出演シーンがある部分の差し替えやモザイクかけなど、徳井が映らないように再編集する動きをみせているようです」

引用元:ビジネスジャーナル(https://biz-journal.jp/2019/10/post_124750.html)

チュート徳井の納税漏れによる社会的な影響

今回の徳井さんの事件の社会的な影響は、どのようなものなのでしょうか。

今回の事件は、「社会的に人気のある有名人が、国民の三大義務である納税に対して意識が低かった」ということができます。

昔から芸能人を含めたテレビなどのメディアに登場する人物は、社会的な倫理に沿った形で物事を進めることを要求される傾向にあります。

何故ならメディアに取り上げられるということは広く一般社会に強い影響を及ぼす人物であるということでもあり、国民にとって模範的な人間として扱われる部分が大きいからです。

近年ではネットなどの登場によりそういったベールは徐々に薄れていきましたが、それでもなおそういった見方が消えてしまった訳ではありません。

自身の立場を踏まえず、浅はかな考えで事件を起こしてしまった徳井さんに対して厳しい目が寄せられるのはやはり致し方ないことだと思われます。

チュート徳井以外の納税漏れの事件

似たような事例として、タレントで元プロ野球選手である「板東英二さん」がいます。

板東さんは野球を引退後、軽快なトークを武器に人気タレントとして活躍していましたが、2012年に、

◯約5000万円の所得を申告しなかった

◯所得隠しなどの申告漏れが約7500万円に上った

などの事実が判明し、その後の出演の予定がほぼ一斉に取り消されたという結果に至っています。

現在では関西を中心に活動していますが、関東のキー局での出演はほぼない状態であり、今後も継続しての出演は難しいと言われています。

チュート徳井の今後の動向に注目

事件後の徳井さんのコメントを見る限り、納税に関してルーズであったというよりも、納税に対する意識と自身の影響力の二つを余りにも低く見積もっていたと見ることが出来ます。

今後の進展の中で徳井さんは一体どのような今後を迎えるのか、注目が集まります。

今回は、お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さんが活動自粛をしたニュースや、この騒動の社会的影響、過去の類似した事例やその後の展開などについてまとめました。

活動自粛関連記事

関連記事

お笑いコンビのチュートリアル徳井義実さんが東京国税局から申告漏れを指摘されていたことが明らかになりました。 徳井義実さんは既に修正申告して納税をしています。 そして会見を開いて謝罪しました。 ただ、1億円を超える脱税は逮捕[…]

関連記事

吉本興業に所属するお笑い芸人が事務所を通さずに反社会勢力のパーティーに出席した「闇営業」問題について、吉本興業は出席した11人のお笑い芸人を当面の間謹慎処分にする決定をしています。 反社会勢力のパーティーに吉本興業を通さずに出席した「[…]

関連記事

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが出演していた未放送の番組が流出していたことが話題になっています。 番組の流出した内容はロンブー田村淳さんが仮想通貨のレクチャーを受け仮想通貨の魅力を理解するというもの。 この番組は昨年起きたあ[…]

最新情報をチェックしよう!